Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネットの力

 いやはや、新年の挨拶もせずに正月も17日となってしまいしした。ブログも昨年の11月から
滞ってしまっており放置状態で申し訳ありませんでした。私は寒さに弱いのでただでさえ撮り鉄
に出かけるのが少なくなってるところに輪をかけ、正月は9日も休みがあったのに何もせず家で
ゴロゴロ。

 今日は音楽関係の話となります。
私はアンサンブル・ソナーレというアマチュアオーケストラに参加してますが、今年で入団して
4年目になります。4年も経てばそろそろ運営の仕事が回ってくる頃です。そう思ってたらやはり
回ってきました。どうせやるなら自分の得意な分野を選んだほうが得策です。
 というわけで、選んだのはホームページの作成・ツイッターの管理、まあ所謂広報ですね。
この仕事、今までの担当者は女性がやっていたのですが、お仕事をお持ち、なおかつ家庭の主婦と
いうことであまり維持するお時間がなかったようで、ホームページも放置状態でした。
 昨年の9月から私がその任につきました。添付画像は即席で作ったホームページのトップ画像です。
中身は既存をそのまま使ってます。まず私が力を入れたのは団員の増員。何しろ広報活動を全くして
なかったので団員が少しずつ減っているのに補充はゼロ。危機的な状態でした。
 これに関してはツイッターを開設、HPで団員募集のPR、アマオケ専用のサイトに団員募集のアピール
etc.いろいろ試行錯誤でやって来たところ、ぼちぼちですが成果が出てきており、私が広報を担当して
から2名が入団。先日の練習ではなんと7名の見学者が来場。明日も1名の見学者が来場予定と成果が出てきました。
 やはりネットの力は凄いですね。この調子で行くと今年中にはかなりの人数のオケになるかと思います。

スクリーンショット
スポンサーサイト
  1. 2014/01/17(金) 21:22:19|
  2. 音楽
  3. | コメント:0

オペラ

 15日の夜、台風で土砂降りの中上野の東京文化会館でモーツアルトのオペラを聞いてきました。

IMG_1731.jpg


 私の長い音楽歴の中で、バレーは生で見たことはありましたがオペラは今回が初めてでした。
演目はモーツアルト晩年の傑作の魔笛です。
 この魔笛には色々思い出が有ります。序曲は私の舞台デビュー曲、昭和49年6月、大学オケの定期
演奏会で弾いたのがこの曲でした。初心者にとってはどの曲も難しいですが、大学オケの練習は週3回、
3〜4時間弾きっぱなしです。ですから私のように大学へ入って初心者で楽器を始めてもある程度は
弾けるようになります。
 これを切っ掛けに、序曲はもとより、魔笛というオペラが好きになり当時は高かったLPを購入し全曲を
何度も何度も聞いたものです。

mteki.jpg

 
 大学卒業後、昭和54年にドレスデン国立歌劇場が来日、演目は魔笛でした。金額は忘れましたが、
大枚を叩いて友人とチケットを購入。しかし、購入した時は気がつかなかったのですが、オペラ当日の
日は、なんと彼女と旅行へ行く日とバッティングしていたのです。
 ハムレットの心境でした。友人と約束してチケットを購入したのでオペラは行きたい。しかし彼女との
約束も有る。さあどうする〜〜〜〜

 結果、友人には事情を正直に説明し別の友人にチケットを進呈し、私は彼女と京都へ旅行に行ったの
でした。このことは後々まで心残りでした。

 あれから34年、私が退院後に、家内が東京文化会館で魔笛をやるので見てきたらと言います。
34年前の彼女というのは実は家内なのです。家内も34年前のことで、私の好きな魔笛を蹴って
家内との旅行を優先したことが心残りだったようです。私の退院祝いと34年前の心残り解消のため
私に魔笛のチケットをプレゼントと言う訳でした。

 その曰く付きの魔笛、演奏はプラハ国立歌劇場の引越公演。素晴らしかったです。散々聴いてきた曲が
目の前で、しかも生で見てるということ自体が信じられなく、演奏中は夢心地でした。演奏に感動し、
過去の思い出に浸り、思わず熱いものがこみ上げてきた・・・・。

IMG_1730.jpg


 その34年前、一緒に魔笛を聞きに行くはずだった友人、現在でも付き合っており私のカルテット
仲間の一人です。彼を振って彼女と旅行へ行ってしまったので彼には今でも頭が上がりません。

 
  1. 2013/10/17(木) 21:13:31|
  2. 音楽
  3. | コメント:0

素晴らしきアマチュアオーケストラ 

 最近は掲示板がすっかり音楽板となっており鉄道ネタを目的に訪問された方には
申し訳なく思ってます。しかしながら、私は鉄道と同じく音楽も大好き、暫くは
この状態も続くと思いますが平にご容赦お願いしたいと思います。

 昨日は午前中に旧交通博物館のリニューアルされた施設を訪問し、午後は地元の
アマチュアオーケストラの演奏会に出かけてきました。

アンサンブルSAKURA 第28回定期演奏会
■日 程

2013年9月29日(日)
■会 場 上野学園 石橋メモリアルホール
■指 揮 高 石   治
■独 奏 佐 藤 久 成(ヴァイオリン)
■曲 目

ボロディン:イーゴリー公序曲
  チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
  カリンニコフ:交響曲第1番

IMG_1689.jpg


 上記のような内容で2時間たっぷり楽しませて頂きました。訪問した目的と言いますと
たまにはよそ様の演奏も聴いてみたいというのが本音。プロオケは良く聴きに行きますが
アマオケとなると知り合いが出演する以外は行く機会はありません。誰が好き好んで
あまり上手くもない演奏を聴きに行きますか?

 さて。最初の曲、ボロディンでまずぶったまげました。これがアマオケかと思う程の
アンサンブル。低弦が充実してました。高弦も音程が良い。次のコンチェルトは後ほど
として、最後のカリンニコフのシンフォニー、これまた凄い演奏でした。早いパッセージ
、アマチュアではこういう所は弾けないので誤摩化すのですが、見た所みんな弾けてる
のです。ですから音も濁らない。
 このアマオケ、入場料が2000円と高額なのですが、終わってみたらこのような
素晴らしい演奏をたった2000円で聴かせて頂けたと言う満足感でいっぱいでした。

 それにひきかえチャイコフスキーのコンチェルトが酷かった。いえいえ、オケの
伴奏は素晴らしかったですよ。酷いのはソリストです。この方の経歴は素晴らしい
ものでしたが、演奏は????? 何と表現したら良いのでしょうか、強いて言うなら
チャイコフスキーを演歌調にした演奏なのです。コンチェルトなのである程度は
ソリストの解釈は許せますが、この方の演奏は作曲家の意図することから大きく
外れてしまってました。演奏している態度も私から見たら投げやり、高度なテクニック
を要するこの曲をいとも簡単に弾ける、凄いだろう!と自慢げにしてるようにしか
見えませんでした。半分目を瞑って聴いてましたが、たまに目を開けると不愉快
なのでオケの方ばかり見てました。
 コンサートへ行ってこれほど不愉快になるケースは稀です。でも、この素晴らしい
アマオケの演奏で全ては帳消し。こんなに酷評する私の音楽観が低レベルで彼の
才能が分からないのだと言われればそれまでですが。それはそれ、何と言われようと
生理的に受け入れないものは駄目です。

 まあ言いたい放題言ってますが聞き流して下さい。昨日聴いたアマオケの好演は
毎日の練習の賜物だと思います。ひたむきに練習してきた日々の積み重ねの結果
でしょう。この素晴らしきオーケストラにエールを送りたいと思います。

 添付画像は会場近くの銀座線の車庫です。ちゃんと撮り鉄も忘れない所は流石
でしょう(笑)

IMG_1690.jpg
  1. 2013/09/30(月) 21:12:27|
  2. 音楽
  3. | コメント:0

ヴィオラケースの加工

 先日購入したカーボンファイバー製のヴィオラケースの加工のお話。
まあ、こういう話は鉄道に全く関係がなく殆どの人が興味が無いし、
興味が有るのはこのケースを買った方のみなので聞き流して下さい。

 BAMのケースは非常に良く出来てますが、どういう訳かケースの
底にプロテクターが付いてません。これでは外出先でちょっと縦置き
した時に傷がついてしまいます。
 バイオリンの場合、ビオラよりもっと重量が軽いので、一時的に
縦置きする事無く、ずっと持っている、若しくは背負っているという
想定で底にプロテクターは不要と考えてるのでしょうか。
 ビオラはバイオリンより重いので、やはりずっと持っていると
疲れます。必然的にちょっと置いたりします。特に電車内で腰掛けて
いるときは持ってられないので床に置きます。こうなるとやはり
プロテクターが必要です。

IMG_1476.jpg

これがこうなります ↓

IMG_1491.jpg

 たったこれだけの事ですが、この材料を揃えるにも結構苦労しました。
昔やってた建設業時代でしたら金物屋へ行けばこんな材料はすぐ揃う
のですが、現在、身近でなかなか売ってません。東急ハンズへ行けば
あるのですが、渋谷までの往復運賃、労力を考えるとネットに頼る
しかないと踏みました。

 材料費としては、ゴムが1個23円ですが、この直径僅か20mmの
面積に貼る両面テープ、最低でも10m単位の販売で値段も623円。
更に送料が525円かかるので、このケースの底にかけたお金が
1300円余り。

IMG_1493.jpg

IMG_1494.jpg

 本当でしたらケースに穴をあけビスドメすればテープ代は不要で
済みました。しかし、やはり高額なケース故、失敗を考えると
ドリルで穴を開ける勇気が失せるのが本音。模型のように簡単に
きったはったが出来ない世界です。

 この記事を読まれる方はごく少数のため全く参考にも何もならない
でしょうが、万が一、BAMのケースを購入された方がこの記事を
読んで頂けるようでしたら参考にして見て下さい。
 
 やはりプロテクターが有るのと無いのでは安心感が全然違います。
僅かな部材で1300円は痛いですが、大切な楽器、ケースを守る
1300円は結果的に割安感がありました。






  1. 2013/08/04(日) 11:24:31|
  2. 音楽
  3. | コメント:0

個人輸入

 このブログの表題に基づき時には音楽ネタを。

 ヴィオラと言う楽器はヴィオリンより大きいのはどなたもご存知かと
思います。具体的な大きさは竿の部分を除いた箱の部分の長さで
ヴィオリンが35cm程度、ヴィオラは個体によって大きさが異なり
小さなものは39cm、大きなものは43cmあります。
 私の使用してる楽器は41cmでヴィオラとしては標準的な大きさです。
さて、ヴィオリンより大きいので当然ながら重量もヴィオリンより
かなりあります。この重さが移動中に堪えます。特に夏場は楽器の
他に楽譜やらペットボトルやら財布・・・・で一寸歩くと汗だく。
持ち物を減らせば良いのですがそれにも限界があります。そこで
減量の最終手段として軽量の楽器ケースが浮上してきます。

 今まで使っていたケースは韓国製のもので、人工皮革にエナメル
加工してある派手な外装のものでした(過去形になってる)
IMG_0292.jpg

 これは2年前に韓国から個人輸入したものです。到着した当時
からつい最近まではその重さも苦にならなかったのですが、昨年
病気してから一気に体力が落ちてしまい、オケの練習時にはその
重みが恨めしく思った事が有ります。

 気に入ったものを手放すのも名残惜しいのですが、オークションに
掛けたところ即売となりました。購入された方も大層お気に召して
頂いたようで私も安心しました。

 と言う訳で、この度フランスのBAMというメーカーのカーボン
製の軽いケースを購入しました。

IMG_1458.jpg

 どれだけ軽いかというと、正式に計ってはないのですが、前の
韓国製のものは約3.5kg、今度のフランス製のものは1.9kg
と可成りの差があります。
 楽器ケース、特にヴィオラと言う楽器はヴィオリンに比べて
出回る数が少ないので割高です。日本の楽器店での定価は
11万程します、割引後で8万円弱。とても気軽に買えるもの
では無いです。
 そこで思い浮かんだのが個人輸入。フランス製なのでフランスの
サイトで探しましたが見つからずチェコのサイトで安いものを
見つけました。円安とういえ日本円で4万5千円と言う安さ。
勿論海外への輸出なので税抜き価格です。
 買い物かごへ入れ、いざ決済とい言う段階で支払い総額をみたら
2万2千円の運賃、手数料がかかる事になってました。
スロバキア語も全く分からないのでこのサイトでの購入は諦め
アメリカのサイトを探し購入を決定、チェコより割高でしたが
英語なら何とか読めるので買い物かごへ入れ決済。日本で買う
より1万円以上安く手に入りました。

 こういうのを抜荷というのでしょうか。何となく後ろめたい
感じがします。

 注文して5日で到着。早速開封。予想以上に軽く、仕上がりも
丁寧です。小さいながらも小物入れ等も良く出来ており楽譜
以外は全て奇麗に収まってます。

IMG_1459.jpg

IMG_1460.jpg

IMG_1461.jpg

IMG_1475.jpg

 楽器ケースには通常ブランケットと呼ばれる保護布が付いてますが、
このメーカーのものは付いてません。よほど自信が有るのでしょう。
輸送中小物が暴れて楽器に傷をつけないような工夫がされてます。
しかし、やはり心配なので布を探しました。家内に使ってない
スカーフは無いか聞いたところ、写真のようなスカーフが出て
きました。柄は派手ですが何となく似合ってます。





  1. 2013/07/28(日) 21:52:00|
  2. 音楽
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。