FC2ブログ

Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

東京機関区

2泊3日で伊豆へ旅行に行ってきました。
今回は家内同伴、またしても〔たびものがたり〕利用の安価な旅行です。
しかし、先日の房総旅行も同じですが、この〔たびものがたり〕は実に内容の濃い企画旅行です。

さて、今回は撮り鉄と言うわけに行かないのでもっぱら車内からの撮影が中心です。
画像は撮り損ねましたが、出発早々ショッキングな情景を見てしまいました。

品川駅手前、そろそろ東京機関区が近いと思い車窓より見ると機関区の解体工事を目撃してしまったのです。最盛期にはEF58、EF60、EF65、EF66とその時代時代に活躍した機関車が数多く集まった機関区が無残な姿となっていました。
3月に1、2レが終了すると同時に品川客車区の解体がはじまり、ついに東京機関区が解体され、これで完全に長距離夜行客車は走らなくなってしまいました。


200_4440.jpg


話はすっ飛びます。伊東線で珍しいものを見ました。昔はどこの駅にもあったホームの水飲み場、今は殆ど無くなってしまいました。
画像は宇佐美駅のホームにあった水飲み場です。温泉街らしい雰囲気なので車窓より1枚撮りました。
  1. 2009/09/08(火) 17:05:53|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

たびものがたり

JTBの格安ツアーで旅ものがたりというブランドがあり、私も過去何回か利用しいずれも満足度の高い商品です。
昨日より1泊で南房総の館山まで家族4人で行ってきました。


DSCN1262.jpg

往復JR特急指定席、2食付で1名10,000円 通常、東京~館山を特急で往復すると8440円もかかります。いくらパッケージツアーとは言えこれではホテルでのサービスは期待できませんね。


DSCN1249.jpg

ホテルに着いて早速付近を散策、室内から見える景色はこんな按配、ちょっとしたリゾート気分を味わえます。しかも、この値段で料理は期待してなかったのですが、食事処へ行ってみてびっくり。板前の手による懐石料理が並べられていました。

DSCN1251.jpg

DSCN1252.jpg

この他にももう一膳料理が出てデザート付き、大いに堪能させていただきました。

最近の傾向としてJTB、JR主催のツアーに〔ハズレ〕はないと思います。

しかし、庫に旅行にはオチがあり、帰路台風に巻き込まれ・・・・・・
  1. 2009/08/31(月) 21:13:01|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

家族旅行

夏休みと言えばどの親御さんも子供をどこへ連れて行こうかと言うのが悩みの種でしょう。
私たち夫婦も毎年この時期は頭を悩ませました。ある年は貸し別荘を借りてバーベキューをしたり、またある年は高原のペンションへ連れて行ったり・・・・

その子供たちは成人した現在でも昔のことは楽しい思い出と残っているようです。事あるごとに昔の一シーンが家族の話題に上ります。

今年は恐らく家族全員で旅行する最後の年になるかもしれません。長男が来春就職することが決まったので来年の夏は別行動となるでしょう。
そうこうしているうちに娘が嫁いだりして・・・・・ こうして巣立っていくのでしょうね。けっして寂しいことではなく夫婦にとっては喜ばしいことです。

今年の旅行ですが1泊2日2食付、しかもJRの運賃込みで1名10,000円 目的地は南房総、実に破格のお値段です。いまから楽しみです。
画像は昨年の夏休みの家族旅行=箱根へ行ったときのものです


DSC_1350.jpg
  1. 2009/07/15(水) 21:42:21|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

箱根の紫陽花と登山電車その2

さて、その富士屋ホテルです。明治創業の老舗ホテルで外人観光客も多いのは周知のこと。若干気後れしますが何事も経験と言うことで意を決して予約を入れました。

D20_0104_20090621164206.jpg

流石に高級ホテルだけあり宿泊客のほとんどは乗用車で来られるようで、電車で来るというのは少数派のようですね、でなければ湯本からタクシー。
駐車場を見ると国産高級車若しくはドイツ車がいっぱい。(すでにここで気後れしてる・・・・)


D20_0093_20090621164200.jpg

こういうホテルの常識?としてディナーはジャケット着用と言うくらいは知っており、家内はドレスまでとは言いませんがちょっとお洒落してメインダイニングへ行きました。
フランス料理のフルコース、次々と出される素晴らしい料理に舌鼓を打つ・・・・・
美味しかったですが庶民にはちょっと肩がこりますね。


P1000825.jpg

富士屋ホテルに温泉があるのはあまり知られてません、5人ほど入ると一杯になる浴槽が有るだけのお風呂ですが泉質はかなり良かったです。

D20_0092.jpg

私たちの宿泊した部屋は新館で部屋は広々としたツインルーム、本当は旧館に泊まりたかったのですが既に埋まってました。



一泊二食で2万5千円 かなり贅沢でしたが、このお値段で美味しい料理と素晴らしい建物、雰囲気が楽しめるというのは案外安いかもしれません。
この世知辛い世の中、お金を大切に使わなければいけませんが、心にゆとりを持たせるにはこのような〔贅沢〕も良いのではないかと思います。

さて、楽しかった旅行も一夜明ければ帰宅の途につかなければなりません。明日からは現実に戻り仕事が待ってます。
宮ノ下駅までは徒歩数分、高級外車が玄関先に並んでいるのを尻目に私たちは駅を目指し歩きです。駅へ着くと私たちの目を綺麗な紫陽花が楽しませてくれます。


D20_0137.jpg

D20_0129.jpg

さて、最後の楽しみはロマンスカー乗車&VSE弁当!

D20_0156.jpg

中身はたいしたことは無くお子様ランチですが欲しいのはもちろん車体です。

D20_0160.jpg

たった二日の小旅行ですが、往復ロマンスカー・老舗ホテル宿泊・紫陽花と満喫でき大満足の旅でした。



  1. 2009/06/21(日) 17:18:42|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

箱根の紫陽花と登山電車その1

きょうは完全非鉄だったので2年前の箱根旅行での写真を紹介します。

P1000815.jpg

確か2週間前に予約したと思いますが偶然LSEの1号車1番、2番の席が取れました。ロマンスカー就役50周年記念のビールを購入しかぶりつき席へ。
本当は3時間でも4時間でも乗っていたい展望席ですが、いかんせん新宿~箱根は近すぎます、2時間もかからず終点へ到着。今度は登山鉄道に乗車。運よく旧型が来ました。画像は大平台での交換待ち。


D20_0074.jpg

撮影時期は7月22日、高原とは言え暑いのですが旧型はエアコンなし、でも箱根はこの方が似合います。

D20_0068.jpg

本日のお宿がある宮下に着きました。

D20_0124.jpg

7月22日といえば下界ではとっくに紫陽花が終わってますが、宮下では最盛期を迎えていました。
さて今日のお宿は奮発して富士屋ホテルです。


D20_0102.jpg




  1. 2009/06/20(土) 16:54:19|
  2. 旅行
  3. | コメント:0
前のページ

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる