Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

復活蒸気

 遅い夏休みを取り秩父へ行ってきました。今回は家族旅行なので基本的には
撮り鉄はなしですが、秩父と云えばC58、行き先は西武秩父でしたが、チェックイン
までかなり時間が有るので最初からパレオエクスプレス乗車を計画しました。

DSC00662.jpg

 画像は御花畑駅から撮影したものです。一駅前の秩父駅で撮影タイムの
ようで多くのカメラマンが撮影してます。

DSC00667.jpg

 今回の乗車区間は御花畑~三峰口間と云う僅か12kmほどの短い距離
です。この区間をC58は30分かけてゆっくりゆっくり走ります。
 この区間は勾配がきついせいも有りますが、やたら空転するので乗り心地は
最悪、不覚にも少々乗り物酔い気味でした。

DSC00678.jpg

 ガッタンガッタン、老体にムチ打たれC58は終点の三峰口に到着。

 
スポンサーサイト
  1. 2013/08/27(火) 22:11:16|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

繋温泉~中尊寺

 今回の旅行は(今回も)往復の鉄道切符と宿泊がセットされたパック旅行。しかしパック旅行といっても鉄道の時間だけが決まっており他は全て自由行動。こういう旅行が一番気兼ねなくて私には合ってます。
 
 鉄道車両の哀れな姿を見て複雑な気持ちで小岩井農場をあとにして宿泊先の繋温泉を目指します。小岩井農場から繋温泉まではバスで30分ほど、しかし、双方ともかなり有名な観光地・温泉ですが、双方を連絡する交通機関は一日に数本しか無いバスのみです。繋温泉の眼の前に広がる御所湖は人造湖です。久しぶりに綺麗な夕日を見ました。

DSC00235.jpg

 格安の旅行にしては格式の高い旅館、美味しい料理が用意されてます。往復の新幹線料金にプラス数千円で採算は合うのか旅行会社の懐具合も気になるところです。

DSC00163.jpg
DSC00167.jpg

 翌日は中尊寺方~毛越寺見学を予定してました。さすがにこの日は非鉄と覚悟してましたがバスの車窓よりちらちら見える東北本線が気になります。嘗ては長距離列車・貨物がバンバン走ってましたが、現在では2両編成の列車ばかり。それも運行間隔がかなり長くいつ出くわすかわかりません。
 中尊寺の参道の急勾配を登ると「弁慶堂」という社があります。その社の前に素晴らしい俯瞰場所がありました。

DSC00175.jpg

 俄然撮り鉄の血が騒ぎました。しかし、携帯で時刻表を見ると暫く何も通らないようなので撮影は諦め、世界遺産の金色堂をとくと拝んで参りました。
 半分は諦めてましたが、帰路同じ場所に立つと10分後に普通列車が通過することがわかったのでカメラを用意。持ち合わせはコンデジなので思うようには撮れませんが、何とか列車をカメラに収めることが出来満足!

DSC00183.jpg
DSC00186.jpg
  1. 2012/07/27(金) 15:35:19|
  2. 旅行
  3. | コメント:2

成田詣

 暗い鉄道史はさておき、海外旅行はしないので成田空港駅からは早々に立ち去りました。京成成田へ向かう時にJRとの分岐、スカイアクセスとの分岐を見ようと先頭車に陣取ったのですが、あっという間に通過し見失いました。京成成田へ着くと思いもかけぬ光景に出会いました。
 画像は京成成田を回送通過する新型スカイライナーです。


P1020120_20100903212317.jpg


 レアな光景を目にして喜んでいましたが、同行する家内は何のことやらさっぱり分からず・・・・。さて、今回の目的はスカイライナー乗車はメインではなく、成田詣が主たる目的です。先日TVでも放映されていましたが、成田屋の屋号を持つ海老蔵夫妻が訪問し大いに賑わったようです。成田山はご存知のように弘法大師が開祖で厄除けで有名です。
 厄除けは自分のではなく、義父と息子。今回は家内と代参ということです。成田詣では父に連れられ幼少の頃は毎年のように訪問してました。最後に訪問したのが昭和56年なので実に29年ぶりです。

P1020124_20100903212317.jpg

 30年近い歳月は成田山近辺の風景を大きく変えていました。昔、羊羹を買った米屋は木造建築でしたが今ではすっかりと変わってしまい普通の土産物屋のような構えになっていました。唯一救われたのは店内に当時の写真と琺瑯看板が展示されていたことです。


P1020126.jpg

P1020125_20100903212316.jpg
 
  1. 2010/09/03(金) 17:59:47|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

観光立国

 2泊3日の箱根旅行もあっという間に帰る日になりました。帰路はVSEの展望車です。残念ながら先頭の席は確保できませんでしたが、それでも前から3列目でいい眺めです。

701_8800.jpg


 箱根湯本でのハプニング。外人観光客夫婦がVSEのかぶりつきに座りました。でもこの二人何やら不安げに周りを見ています。すぐ近くの人に何かを英語で問いかけてましたがちんぷんかんぷん。
私も英語は苦手なので息子を呼びました。どうもこの二人、小田原まで行きたかったのですが、駅員にVSEに乗るように言われたようです。
701_8801.jpg


 息子は英語はペラペラなのですが鉄道には詳しくない。私がチケットを見せてほしいと言って拝見すると小田原までの区間特急券持っていました。これではかぶりつきには着席できません。

 なぞが解けました。外人観光客は小田原まで行くのにどれに乗ればいいのか?と駅員に聞く。駅員はこの外人はVSEに乗りたいと言っていると勘違い。双方の言葉の行き違いでした。気の毒にこの外人、言葉が通じないばかりに300円×2人=600円の余分な出費でした。

 息子と私の連携でこの外人観光客は小田原で下車。何度もサンキューを繰り返してました。箱根といえば国際観光地です。日本はこれから観光で収益を上げて行くと我らが前原クンが先頭をきって頑張っているのに現地では英語を話せない駅員が間違ったことを教えている。これでは観光立国は遠い先のお話です。


701_8794_20100822213816.jpg
  1. 2010/08/22(日) 21:41:36|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

浦島太郎

薬師寺・唐招提寺・朱雀門・興福寺と奈良を満喫。

P1010229.jpg

P1010240.jpg

P1010241.jpg

興福寺では阿修羅の像を間近に拝ませていただきました。昨年自宅近くの博物館で公開されたときはあまりにも人の多さで見学を断念しました。ここでは時間制限無くゆっくりと穏やかなお顔を拝見しました。

名残惜しい奈良を後にし宿泊先の大阪へ向かいました。近鉄奈良駅で戸惑ったのは電車の行き先が三宮となっていたことです。なぜ近鉄で三宮まで行けるのか理解に苦しむところですが、最後に奈良を訪問してから37年も経っているので無理も無いことですね。目指すは近鉄難波、それもたった35分で到着。関西での私鉄は完全にJRを圧倒してますね。関東と違うところは私鉄とJRの乗り入れが少ない(無いのかな?)ことでしょう。

P1010270.jpg

画像は市営地下鉄四ツ橋線、警笛が船のようでした。
何もかもが昔と変わっている・・・・・ まるで浦島太郎です。
  1. 2010/01/13(水) 20:16:34|
  2. 旅行
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。