Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

渋谷駅、横浜駅

視力が弱いので楽譜をB4に拡大コピーして製本してますが、楽譜が大きくなると必然的に
携行時のバックも大型になります。当然重さも増します。
色々試行錯誤した結果、帆布製のバックに行き当たりました。
帆布は女性用の小型のトートバックに使用されてるのをよく見かけます。B4サイズが入る
ものはかなり大型。果たしてそんなものが存在するのか?
探せばあるものです。画像は本日購入した「一澤帆布」のトートバックです。

1517405_682737951831435_3702956516602128742_n.jpg

10955618_682737975164766_4829932001771435236_n.jpg


造りは至ってシンプル。外にポケットが一つ付いているだけで中はがらんどう。
これなら楽譜、譜面台、スリッパ等々オケの練習時に必要な物は全て収納できます。
今日は東急ハンズに別のバックを見に行ったのですが、ネットで見たのとはイメージが
全く違いときめかず、急遽横浜の高島屋に出店中の一澤帆布へ行って買い求めて来た次第です。
お家騒動があった同社ですが、それはそれとして、日本のモノ作りの素晴らしさを感じる逸品でした。
お目当てを探し当て嬉しくなり、トートバックとお揃いのショルダーを買ってしまいました。
おかげで湯島→渋谷→横浜→御徒町 と一筆書きの小旅行となり乗り鉄のおまけもありました。

この小旅行で驚いたことが2つあります。
ひとつは渋谷駅の変貌ぶり。東横線が地上から地下へ移ってからこの路線を利用するのは
昨日が初めてです。TYと書かれた東横線のホームに辿り着くまでどれだけ歩いたことか。
地下深く潜ってしまった東横線に昔の5000系が走っていた面影は全くなくなってました。

もう一つは横浜駅。TYで横浜で降りたのはいいのですがエスカレーターで地上へ出ても
さっぱり方向がわかりません。40年以上も住んでいた横浜、しかも横浜駅西口は昔は駅前は
舗装もされてない広場でした。
東京に越してきて20年経ちますが、この20年で横浜駅の様相が激変してました。
スポンサーサイト
  1. 2015/05/28(木) 12:59:14|
  2. | コメント:0

上野駅の地平ホームが無くなるかも

今日のインターネットのコラムで上野駅のことが取り上げられてました。
内容については「上野~東京ライン」開業に伴う上野の今後。

27年3月14日のダイヤ改正で宇都宮線・高崎線・常磐線の列車の殆どは上野を終着駅とせず
東海道本線直通となります。また北斗星、カシオペアも北海道新幹線開通に伴い28年春には
寝台特急が全廃となります。
現在の地平ホームの運用を見ますと、常磐線の特急は100%地平ホーム発着ですが、宇都宮
高崎線の列車については1時間に数本の発着のみ、寝台特急が全廃されるとなると地平ホームの
存在意義がなくなってしまいます。

DSCN1283_20110131211242_20141211143102a8c.jpg

本日読んだコラムには推測の範囲だそうですが地平ホームを撤廃し、そこを再開発するというものです。
ホームの長さは400mあるのでざっと50mの幅で2000㎡(600坪)の土地が出現します。
嘗てJRは余剰となった地平ホームの敷地を利用しスポーツ施設を建設した「前科」があります。それを
考えるとほとんど列車の出入りがなくなったホームを放って置くはずはないと考えました。

20110710ueno_2014121114310312b.jpg

上野駅の地平ホームには多くの方に思い出がある場所だと思います。いくら時代の流れとはいえ、
懐かしいこのホームが無くなるのは寂しい限りです。

702_0955_20141211143104044.jpg
Img0012.jpg

終端ホーム特有の「ラッパ屋」も上野駅でしか見られない光景です。
  1. 2014/12/11(木) 14:53:06|
  2. | コメント:0

御茶ノ水駅変貌

 現在JR東日本ではあちこちの駅の改造を行ってます。身近な駅では御徒町駅南口、御茶ノ水駅です。どちらも昭和の匂いがプンプンする古い駅です。私的には古いものを残して欲しいのですが、乗降客の増大を考えると使い勝手が悪いので致し方ないのでしょう。それにしてもいついも思うのは東日本の商売上手です。昨日のニュースでは浦和駅が高架になり、その高架下のスペースに保育園や商業施設を作るとか。

 御徒町駅は上野東京ライン開通前の補強工事も兼ねているので分かりますが、御茶ノ水駅はどうなのでしょう。JR東日本のHPから引用させていただいた図を添付します。
2_20141021133627b1d.jpg
無題

 御茶ノ水駅は総武緩行線と中央快速が乗り入れており、特に千葉方面から緩行線に乗ってきた乗客が快速に乗り換えることで朝夕のラッシュ時はごった返してます。ホームも狭く危険なので考えたのでしょうね。それにしても現在の趣ある駅舎は消えてしまい、味気ない近代的な駅に変貌するようです。
 今からでも遅くない、昭和の匂いのする駅を撮っておこう、とお思いになるでしょうが時既に遅し。ご覧のように仙台堀(この周辺は伊達政宗が幕府に命じられて工事をしたのでこの名前がついてます。)には無粋な建設機械が設置されてました。
20141012_133359.jpg

 しかし、聖橋口にはこのような駅舎も存在してます。朝夕のラッシュ時にしか開かない臨時改札口です。撮影した当日は昼間でしたが、この日は鉄道記念日で特別に開放されてました。
20141012_134638.jpg
  1. 2014/10/21(火) 13:49:51|
  2. | コメント:0

ステーションギャラリー

 昨日は好天に恵まれ気温も高かったので散策がてら東京駅を見てきました。前回訪問時は完成2日前で工事中のフェンスや記念式典のテントなどがあって全体がよく見えませんでした。

 完成から2ヶ月近くたってますが相変わらず見学者は多くものすごい数です。今回は丸ビルには登らず地上から撮影してみました。
DSC00388.jpg

 コンデジでの撮影で広角レンズではないので両端が切れているのはご容赦下さい。お詫びにコンデジのパノラマ機能で撮影したものをリンクします。東京駅全景

 さて、東京駅を見ると言っても全景は外部からですが、内部をよく見るにはステーションホテルを利用するしか有りません。そのうち、高い拝観料を支払ってレストランで食事をするか、もしくは家から近いので少々馬鹿らしいかもしれませんが是非一度宿泊を試みてみたいとは思ってます。
 しかし、よく考えてみたら、新規オープン前にも「ステーションギャラリー」というのが存在していたので、今回もあるだろうと探したところ有料ですが有りました。

 画像は丸の内北口側のドーム天井。素晴らしい作りに目を奪われます。

DSC00395.jpg

DSC00394.jpg

 その北口の一角にステーションギャラリーの入り口が有りました。500円の入場料を払いエレベーターで3階に上がります。撮影禁止なので画像はありませんが、いきなりプラレールの線路が目に飛び込んで来ました。

 説明のしようがないのですが、どうやらプラレールの線路を利用した芸術作品のようです。このような部屋が幾つか有りましたが、何れも前衛的芸術らしく、私のような凡人にはとても理解できるものでは有りません。小耳にはさみましたが、私のような鉄と思われる方が「なんだ~ 美術館か? 鉄とは関係ないね~」と呟いてました。

 確かにギャラリーなので芸術作品が展示されていても可笑しくはありませんが、場所が場所だけに東京駅の歴史が分かるようなものの展示を期待して行かれた方はがっかりすると思います。

DSC00400.jpg

 そそくさと見学を終え、撮影可能な場所で数枚写しました。先ほど下から見上げた回廊はギャラリーの廊下でした。ここから行き交う旅人を見下ろすのもオツなものですが、できればその上のホテルの窓からも一度見下ろしてみたいですね。完全に隔絶されたホテルの一室から俗世間を見る。なんと贅沢なことか。

DSC00397.jpg


  1. 2012/12/17(月) 15:25:52|
  2. | コメント:0

天王寺駅&103系

 先週末、急な出張で大阪へ行ってきました。訪問先は阪堺線沿線。当然のことながら
カメラを持参しました。東京駅7:00発 のぞみは 2時間36分で新大阪へ到着します。

 大阪で環状線に乗り換え阪堺線の始発、天王寺へ向かいます。完全にアウェーのため
何に乗ったら良いか? ちょうどやってきた電車に乗ったら京橋行き。環状線なので
当然天王寺も通るだろう?と思ったら京橋は天王寺の手前でした。最初からテッチャン
らしくない!お粗末様。

 天王寺に着くと阪堺線の電停を目指したのですが、なにやら非常に懐かしい風景が
目に飛び込んできました。

702_1555.jpg

 阪和線のホームなのですが、私の好きな終端ホームが大屋根に覆われてます。
その古風な光景に思わず息を飲みました。昔の上野の地平ホームも見事でしたが、
天王寺駅はそれをはるかに上回る素晴らしい光景です。こういう画像はカラーより
白黒の方がぐっと重みを増します。

702_1555-2.jpg

 駅構内を撮影していると何やら懐かしい電車が到着。なんと103系京浜東北線色。
これには我ながら発狂状態でした。窓の形状はおきくかわってますが、数十年ぶりに
みる(京浜東北線)はまだまだ現役で走っていたのです。

702_1558.jpg

 昨年大阪を訪問した際に、環状線に103系・201系が走っていることに驚いており
このことは織り込み済みなのですが、ピカピカに光る103系を見て改めて関西の
物持ちの良さを実感しました。

702_1566.jpg

 天王寺駅の光景はいつまでも残していただきたいですね。
 
  1. 2011/10/16(日) 10:36:29|
  2. | コメント:2
次のページ

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。