Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

俯瞰ホテル

私が遠征した時に宿泊するホテルですが、結構ロケーションには拘るようしています。
昨年は北陸遠征のときに宿泊した金沢駅前のビジネスホテル。
部屋を指定したわけではないのですが、案内された部屋は駅が丸見えのベストビューでした。
あまりにも良く見えるので落ち着いて寝られなかったのが難でしたが、泊まってよかった~

そして今回は小倉駅前のRホテル。部屋によって博多寄り門司寄りはありますが、どちらも線路が丸見えです。私が案内された部屋は門司寄りの小倉駅が丸見えの部屋でした。
俯瞰ホテルです。

DSC_1658.jpg



スポンサーサイト
  1. 2008/08/31(日) 21:17:54|
  2. 撮影地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九州のつばめ

九州内に特急つばめが走ったのは昭和39年10月1日から、かれこれ今年で44年になります。
東京~大阪間のつばめが昭和5年から昭和39年までの34年間、、双方とも途中のブランクはあるものの、東京口から消えて九州に住み着いた期間の方が長くなりました。
九州新幹線にその名を踏襲。名実ともにJR九州の顔となっています。

画像は九州鉄道記念館に展示されているつばめのヘッドマークです。



DSC_1674.jpg

  1. 2008/08/30(土) 15:28:20|
  2. 鉄道史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

筑豊線

今回原田駅を訪問した目的は九州の優等列車が数多く走る鹿児島本線での撮影、特にどこの駅にとこだわったわけでは有りません。撮影現場で知り合った方にここの駅を教えていただきました。

現地を訪問した当日、何か来たことのあるような懐かしい気分になりました。
思い起こすと40年前の夏休み、九州を走る蒸気機関車を撮ろうと綿密な計画を立てていました。
残念なことに予算不足で九州訪問を断念し呉線どまりとなりました。

ここ原田駅は筑豊線の拠点、当時は蒸気機関車の宝庫だったのです。40年前に訪問していれば行っていたはずの冷水峠、とうとう見ることの出来なかった門鉄デフ、原田駅のホームに佇み見ることの無かった映像が頭の中をよぎっていきました。

懐かしい思いに浸り、2時間ほど滞在し、そろそろ引上げようと思ったところに筑豊線0番ホームに気動車が入ってきました。


D20_8621.jpg
  1. 2008/08/29(金) 22:55:08|
  2. 撮鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目が回る~

原田駅ホームの前にある祠にお地蔵さんが4体、過ぎ行く列車を飽きることなく?眺めています。
つばめ・かもめ・ハウステンボス・みどり・有明・・・・・ 覚えきれないくらいの特急が次々と目の前を過ぎていくのでお地蔵さんもゆっくり話す暇が無いですね。



haruda.jpg

  1. 2008/08/28(木) 21:05:54|
  2. 撮影地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏休みも終わりです

暫くは旅行中、携帯からのアップでお見苦しい点があったことをお詫びします。
九州よりの帰りに大ハプニングがあり、未明の帰宅と同時に数時間後には予定していた温泉旅行へ行って先ほど帰宅しました。
一人旅の気ままな撮り鉄と違って、家族同伴のときは結構気を使います。
でも、今回は旅館の部屋の目の前が中央線、5分おきに通る列車が気になって気になって・・・・・・
家内もついには、〔あっ! 横須賀線だ~〕なんて山スカが通ると教えてくれました。
明日からは仕事、今日は撮影した写真を見て最後の最後まで夏休みを楽しみます。

画像は部屋から撮影したものですが、コンデジしか持参しなかったため、せっかくの絶景をうまく撮影できませんでした。


DSCN0880.jpg




  1. 2008/08/27(水) 19:01:21|
  2. 撮影地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長距離運用

九州新幹線が全開通しても[つばめ]は東京には戻って来ません。鹿児島中央~新大阪の運用となるそうです。
やはり長距離運用では緊急時のその後の収拾が並大抵ではなさそうです。昨日は東京到着が午前3時。5時間半遅れです。こういう時は時間も時間なので当然折り返し運転しないで運転打ち切りかと思ってました。ところが下りの列車をみるとちゃんとお客が乗っており営業運転してました。
考えてみれば当然かもしれませんね。車両基地の収容力にも限度があるし、なにより明日一番の電車を所定の場所へ移動する必要がありますね。
私以外の犠牲者の皆さん、昨日は本当にお疲れ様でした。さぞお疲れのことでしょう。私はけっこう楽しんでましたが?
  1. 2008/08/26(火) 16:53:11|
  2. 新幹線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

列車ホテル

九州の帰路、行きとは逆に新幹線で一気に帰る。はずでした。名古屋まではほぼ定時に走ってましたが、豊橋の手前でスピードダウン。そのうち停止。しばらくして運転再開とおもいきや浜松でストップ、もうかれこれ4時間はこんな状態です。しかも熱海付近の雨は朝までやみそうもないとのことなので、このまま一夜を明かしそうです。初めての列車ホテル体験か?

20080825003704.jpg
  1. 2008/08/25(月) 00:34:13|
  2. 抑止
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

琺瑯看板

昨夕、今朝と小倉駅で富士、はやぶさをそれぞれ単独で撮影しました。東京口から消えた単独のヘッドマークは懐かしいかったですが、来年の春以降は見られないのでわざわざ行った甲斐がありました。
今日は門司港にある九州鉄道記念館へ行ってきました。
ロケーションはいいのですが鉄道博物館があまりにも良く出来ているのでかなり見劣りします。
記念館よりも門司港駅そのものが記念館のようで素晴らしかったです。
今日の収穫はこれです。
さるお方よりリクエストがあり撮ってきました。
探せばまだあるものですね。
それより、どこの駅に琺瑯看板があるというのをご存知なのが凄い。


horo.jpg


  1. 2008/08/24(日) 17:23:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

特急つばめの展望車

特急つばめ]がついに甦りました~ これが見たくて遥々山口に来ています。
だめもとで予めパソコンでサボを作っておきました。駅員さんにきいたら一発OK。字体は出鱈目ですが雰囲気だけは出たと思います。周りの人も目を白黒。
特急つばめの展望車出現です。


20080823153305.jpg


  1. 2008/08/23(土) 15:28:32|
  2. 撮り鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いま旅立ちました

20080822212311
東京駅を定時に発車、一路西を目指しています。
たぶんこれが最初で最後の1列車乗車となるでしょう。目的地までの十数時間は一生の思い出になると思います。
  1. 2008/08/22(金) 18:43:38|
  2. 寝台特急
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初体験


いろいろ前触れしてしまってバレバレですが、いよいよ明日より遅い夏休みをとります。
そしていよいよ東海道本線の1レに乗る日が来ました。
鉄暦は長いのですがブルートレインと言うものに乗ったのはつい最近、特急北陸に乗ったのが初めてです。ですからこれが2度目なのです。いつも指をくわえてみていたブルトレ。やっと余裕を持って乗る機会が出来ました。
乗り心地や便利さについては全く期待はしてませんが、とにかく長い歴史のある1レが終わってしまう
と言うことに乗る意義を見つけました。

明日の今頃は一人で宴会でしょう!



さくら S42.7

  1. 2008/08/21(木) 20:19:55|
  2. 寝台特急
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

姫路の夏

姫路の夏の思い出はとにかく〔暑い〕ことです。
瀬戸の夕凪といわれて、ほとんど無風。今でも思い出すのが姫路城天守閣から眺めた広畑製鉄(現・新日本製鉄)の煙突から出た煙が空まで一直線に昇っているくらい風が無く、暑い日が続きます。
それでも帰省したと時は伯母の家を基点に彼方此方と撮影に行きました。

画像は姫路駅のキハ58
これに乗り津山まで行ってC11を写してきました。

 58  S42.7
  1. 2008/08/20(水) 21:17:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

帰省

私は今週末より遅い夏休みで九州へ、息子は1ヶ月のホームステイでカナダへ、娘は大学オケの合宿で長野へ、おや~ 家内が・・・・ そうです、取り残されています。  で・・・、私は九州よりとんぼ返りをして、家内を山梨へ温泉旅行へ連れて行きます。
これで帳尻が合いました、家族それぞれの夏休みです。
きょうは、それぞれの夏休み出発祝いにしゃぶしゃぶパーティーでした。

40年以上も前の話になりますが、母親の実家が兵庫県の姫路市で、毎年夏休みには長期間帰省していました。帰省方法は東京発の臨時急行〔はりま〕です。これが毎年恒例になってました。
しかし、横浜では到底着席できないので東京まで出向き並んだものです。
いまではどこへ行くのも新幹線網が行き届き便利になりました。昔は本数も少ない割には移動する人数がおおいので、どの列車も満員。床に新聞紙を敷いてペタンとしゃがんだりしていました。
東京生まれの家内なので帰省するところも無く、ニュースで帰省ラッシュを見るとこの光景が目に浮かんできます。

画像は姫路駅の播但線ホームのC11です。


c11177.jpg


  1. 2008/08/19(火) 20:45:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

0系

全てはこれで始まり、今では種類が多すぎて全形式を正確に言えません。
1964年に開通した新幹線も今年で44年。0系で始まり今ではN700までになった東海道・山陽新幹線、その事始と言える0系が11月で消え去るそうです。

画像は東京駅でずらりと並ぶ0系3連、当時は0系などといわず〔新幹線〕としか言ってませんでした。
名残惜しいのですが消えるのも時代の流れ、せめて最後を見届けようと思い九州まで行ってきます。


新幹線
  1. 2008/08/18(月) 20:43:54|
  2. 新幹線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オリンピックと鉄道

オリンピックも真っ盛りですね。 私はオリンピックといえばやはり東京オリンピックが強烈に印象に残っています。

さ~三宅! 重量挙げのあのポーズ、誰もが真似しました。 東洋の魔女、校庭の鉄棒をネットに見立てドッジボールでバレーボールの真似をしました。

鮮明にまぶたに焼き付いているのは開会式のファンファーレ。あのトランペットのファンファーレは最高傑作だと思います。
皆さんはオリンピックというとどの大会を思い出すでしょう?

オリンピックを記念して151系による〔オリンピア号〕なんていう臨時電車が走りました。でも、この臨時電車が走ったことを知ったのはずっと後のことでした。
私の住んでいた横浜で何種目か競技が開催され、それを記念して横浜市電の記念乗車券が発売されています。



333333.jpg
0000011.jpg
  1. 2008/08/17(日) 11:49:37|
  2. 鉄道史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道とクラシック音楽

私が通っていた学校は中高一貫校でした。中学入学と同時に鉄道研究会へ入部、3年間は鉄三昧でしたが、3年生のときに私と同姓のO君がクラシック音楽に詳しく、彼の家へ遊びに行き色々とレコードを聞かせてもらいました。
その時はあまりインパクトは無かったのですが、高校へ進学したときに父が購入したステレオセットに
おまけのレコードが付いていました。
ロッシーニのウィリアムテル序曲。この曲を聴いてからと言うもの、クラシック音楽に魅せられてしまい鉄道熱は急速に冷めていきました。

あれから37年経ったいま、鉄道にも目覚め、音楽にも目覚め、毎日が〔鉄道、音楽、鉄道、音楽〕と入り乱れています。いったい仕事はいつやってるの? こんな声が聞こえてきそうです。
画像は全然関係ないのですが五稜郭を函館方面へ向かうD52です。この頃からクラシック音楽に傾倒し始めました。昭和44年3月です。


名称未設定 1












  1. 2008/08/16(土) 22:39:36|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上野の山

上野駅は東京駅に並ぶ鉄道の聖地・・・ 20~30年前まではね^^ 今ではすっかり両駅とも新幹線にその座を奪われあまり面白みの無い駅になっています。

その上野駅ですが、公園口を出ると音楽、美術、歴史の聖地です。
上野の山は江戸時代は山全体が寛永寺の境内、その広大な跡地に博物館、文化会館、美術館、動物園があります。

私が高校生1年の時、大げさに言えば人生を左右するコンサートを上野の山で聞きました。
レナード・バーンスタイン指揮 ニューヨークフィルの生演奏を東京文化会館で聞きました。
曲目は・ハイドン:交響曲第101番ニ長調「時計」・・コープランド:クラリネット協奏曲(クラリネット:ドラッカー)・・ベルリオーズ:幻想交響曲
バーンスタインのエネルギッシュな指揮に圧倒されこの日以来人生観が変わりました。コンサート終了後は並んだファン全員に握手とサインのサービス。水割りを片手にサイン、そして笑顔でウィンク、もうメロメロでした。 コンサート終了が9時、サインを貰い帰宅の途についたのが10時過ぎ、横浜の自宅に着いたのは夜中でした。
今では東京文化会館は自宅から10分ほどのところにあります。この前を通るたびにあの瞬間を思い出し、鉄道とともに音楽を聴く趣味を持ってよかったとつくづく感じています。

画像は上野公園から少し奥まったところにある寛永寺の枝垂れ桜、灯篭のスキマから覗きました。


D20_5058.jpg
  1. 2008/08/15(金) 21:38:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

高みの見物

人間はどうしても高いところへ登りたがり下を見下ろして優越感に浸る習性があります。
な~んて他の方を巻き込んでしまい申し訳ありませんが貴方もその一人では?

画像は北斗ピアから眺めた尾久車両センター、広大な敷地が小さく見えます。
嘗ては上野駅発着の客車、電車でにぎわいましたが、現在はご覧のようにガラガラです。
しかし、数年後には上野~東京間にスルー線が出来、それに伴い田町より大挙して電車が移動してくるそうです。


DSC_8113.jpg
  1. 2008/08/14(木) 20:58:39|
  2. 撮影地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつの間にか

毎日使っている駅でも《いつの間になくなった~》というものが有ります。
そのうち撮ろうと思っていたのがいつの間に・・・・・

山手線の電光表示 《うぐいすだにをでました》 一昨年頃までは有ったような気がしましたが、気がつけば全てがデジタル表示に変わってしまいました。


109747920811853[1]
  1. 2008/08/13(水) 12:45:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

日暮里駅

日暮里駅はいま大きく変貌中です。今春、日暮里トネリライナーが開通。数年後の成田新線開通に備え、京成ホームを改装中です。
以前は京成とJRの線路の境には柱がありましたが」知らない間にこの通り、なぜかすっきりしました。標準軌と狭軌の差が歴然としています。
この光景も新しい日暮里駅ホームが完成すれば見れなくなるでしょう。そういえば新線が開通するとこのスカイライナーも新しくなるそうです。


D20_7687.jpg
  1. 2008/08/12(火) 22:19:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

不惑

EF90が試作機としてデビューしたのが昭和41年、まだ中学1年生だった私は授業中に校舎の窓から見える試作機を見て驚いたものでした。
たった1両なのでめったには見られません。

そのうちにEF90はEF66として量産体制に入りました。当時はまだブルトレがEF65に牽引されていましたが、いずれはEF66にバトンタッチされると子供ながらに予想していました。
もう40年も前の話ですが、その40年前の車両が立派に活躍しています。
画像は5月に平塚で見た9号機です。1次車なので昭和43年製造。
御歳40歳、人間なら不惑です。同じ1次車の11号機が博物館入りしてるので9号機もそろそろお役御免でしょう。長い間ご苦労様~

いったい君は何百万KM走ったの? そろそろどこかでゆっくりしようよ~
なんて声をかけたくなります。


DSC_1333.jpg


  1. 2008/08/11(月) 20:43:35|
  2. 機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

撮影のマナー

あまり持論は書きたくないのですが、最近気がついたこと。

駅撮りでホームの先端で三脚を立てている方を見かけることが多くなりました。
駅撮りそのものに異論は無いのですが、ホームの先端は大抵狭くなっているので三脚を立てると幅ってしまい撮影できる人数が少なくなってきます。

良い作品を作ろうと、三脚に水準器を付け、カメラを2台付け、はたまた脚立に乗り・・・・・
これも人それぞれで撮影への意気込みの違いから来ると思いますが、〔そこまでしなくとも〕と思うほどの大掛かりな装置で撮影されている方を見かけます。

鉄道関係の方から聞いた話ですが、運転士、機関士は前方に動く物が有ると神経がそこに集中するそうです。よく駅に侵入する直前ブレーキがガクンと効くことがありますが、考えてみるとガクンとくるのは何か動くものを発見し、とっさにブレーキをかけたときではないでしょうか。

狭いホームの先端にカメラを構えた大勢の人間がいると機関士、運転士はさぞ緊張されることでしょう。
列車が進入してくる瞬間、三脚が倒れたとか脚立から落ちたなどと言うことがあれば大事故に繋がってしまいます。

こんなことがもし不幸にもおきてしまえば我々の駅での撮影は大きく制限されてしまうでしょう。
そんなことが起きない前に自制していただければと日々思っています。

私の持論は手持ちで撮影、バルブ以外では三脚は使いません。

画像は昨日の田町駅、同業が5名ほどいらしたので後方から400mm望遠で撮影しました。もちろん手持ちです。



D20_8060.jpg


  1. 2008/08/10(日) 14:45:14|
  2. マナー 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

歴史の通過点

富士・はやぶさを撮影する人が日を追うごとに増えてきました。
私は東京駅から近いので毎週のように出かけてますが、遠くから来られる方は大変です。それでも土日はどこの撮影地も大賑わい、事故の無いように頑張って いい写真を撮ってもらいたいです。
それにしても東京口では大方の撮影地を訪問したのでそろそろ飽きてきました。

歴史のある列車が消えていく度にこのような光景が見られますが、いつも 〔もっと早く撮っておけばよかったのに〕と思うほど駆け込み撮影が見られます。
最近では山手線205系、東海道線113系、あれほど走っていたのが、無くなると言うニュースが流れるとウワ~っと人が集まります。

スハ44系つばめ、151系こだま ず~と時代が下り0系新幹線・・・・・・・・・
歴史のある列車が次々と消えていきましたが、どれもこれも歴史の通過点にしか過ぎません。


今度はどんな最新型が登場するか? が楽しみでしたが、寝台特急に代わる
〔新しい〕ものの登場は望めません。
これも時代の通過点として諦めるしかないのでしょう。



D20_8076.jpg

  1. 2008/08/09(土) 16:36:31|
  2. 寝台特急
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

撮り損ないが・・・・

どんな安物の陶器でも1000年も経てばお宝になる・・・・・ とは映画《インディージョーンズ》の
なかの台詞にありますが、どんな撮り損ないの写真も数十年でお宝に化けます。

画像は40年前の横浜駅。 70系がチラッと写ってますが、背景を良く見ると懐かしい
〔横浜名品街〕の看板が見えます。またホームには〔よこはま〕のホーロー看板が見えます。
貴重なフィルムで撮った1枚ですが、今の感覚ではデータを消しそうですが、今となっては
捨てなくて良かった、将来では〔消さなくて良かった〕ってなことになるでしょう。


ho-ro-kanban.jpg
  1. 2008/08/08(金) 21:23:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

寝台特急の有り方

昨年金沢に出張したときに初めて特急 北陸を利用しました。
得意先訪問に時間の指定は無かったのですが、まさか朝一の9:00に訪問するのは
ちょっと迷惑です。
北陸号が金沢到着は7:00頃、早すぎて時間を持て余しました。
同じことが今春消えた急行 銀河にも言えるでしょう。 銀河が今まで永らえてきたのは
奇跡ですが、北陸新幹線が開通したら寝台特急北陸も消え去るのではないでしょうか。

寝台特急のあり方って? と改めて考えてしまいます。

時間はかかってもゆっくり旅をしたい。
相手先にちょうど良い時間に着きたい。
豪華に優雅に旅をしたい。

現代の寝台特急、カシオペア、トワイライトエクスプレスを除くと何れも当てはまりません。


FILE00080.jpg




  1. 2008/08/07(木) 21:01:55|
  2. 寝台特急
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麻薬を手に入れ極楽浄土へ

人間の欲は限りありません。一つを手に入れると次にはまた別のものが欲しくなる。
麻薬のようなもので、一旦は満足はしますが慣れてくると麻痺してしまい次の新たな
薬が欲しくなる・・・・

カメラ、レンズ・・・次々に新製品が・・・・・・

今回の麻薬は400mmズームレンズです。最初はキレのいい単焦点を考えましたが
やはり使い勝手を考えズームに落ち着きました。
デジタルの場合400mmは35mmに換算すると600mm、未知の世界です。
鉄道写真を400mmで撮影するとたいていは圧縮された顔のみの写真となってしまい
ます。

最初に近くの不忍池へ行き試し撮りをしました。400mmで捉えた極楽浄土。
はすの花が綺麗です。レンズが良いと腕が上がったような錯覚にとらわれますが
そこはあくまで錯覚です。
構図はめちゃくちゃ、鉄道写真以外ももっと撮影してレンズに負けない腕を磨きたい
ものです。

それにしても今回の麻薬は強烈です~~


D20_7863.jpg


D20_7867.jpg
  1. 2008/08/06(水) 20:32:09|
  2. レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

交流運転

趣味と言うのはなかなか厄介なもので、同じ趣味を持つ人以外には理解しがたいところがあります。
どうして毎週土日になると思いカメラを担いで鉄道写真を撮りに行く??

幸いに家内は私の趣味には理解があるので大手を振って出かけますが、そうも行かず、撮影に出かけるのに肩身の狭い思いをして出かける方も多いと思います。

一旦出かければ鳥かごから放たれた鳥です。フラフラ風が吹くまま気の向くまま、気がついたら家からずいぶん遠くまで来たことに驚くこともあります。

そんな中で撮影現場で出会った見知らぬ同業者。恐らくこの方も奥さんの顔色を伺いながら出かけてきたのでしょう。撮影している姿が生き生きしています。
私はこのような方を見かけると話しかけるようにしています。
そうすると、たいていは心地よい返事が返ってきます。

お世話になっている坂本 衛さんのお言葉をお借りすると、このように積極的に自ら進んで交流の輪を広げるのが交流運転の第一歩と思っています。
今までは仕事一筋で直流運転ばかりでしたが、これからは交直両用運転が出来るように努力しています。
同業者に現場で声をかけ70%程度は当たり、30%程度はハズレ、
ハズレの方はお気の毒ですが交直両用運転が出来ないお気の毒な方と思っています。

来週はどんな方にお会いできるか? 出会いが楽しみです。

D20_7982.jpg

  1. 2008/08/05(火) 21:02:01|
  2. 交流運転
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

うらめしや~

蒸し暑い夜は幽霊が似合う? 昔の時代劇では生暖かい風が吹くと《うらめいしゃ~》と
お化けが出てきました^^
私も古い人間なので事あるごとに昔のことを思い出します。
子供ながら、その映画は恐怖でした。

昨日はその《うらめしや~》がでました。 といってもお化けが出たわけでもなく。
私が思わず発した言葉です。

国鉄時代の列車のすれ違い、来春には廃止される寝台特急と車齢27年の185系。
いずれ見られなくなる光景。
それがすれ違ったのですがご覧のような架線、架線柱に隠れてしまい思わず叫んでし
まいました。もっとも架線がなければ電車・機関車が走らないので仕方ないのですが。

普通なら消してしまうこの画像、10年もすれば貴重なものになるか? 
と淡い期待を持ってHDDに保存しました。

あ~ うらめしや~


D20_7955.jpg
  1. 2008/08/04(月) 20:45:15|
  2. 撮鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時代

中島みゆき の《時代》と言う歌があります。
この曲は昔の出来事が走馬灯のようにめぐってきて、聞いていると
昔の情景が鮮明によみがえってきます。
私は40年という遠い昔、中学生だった頃に撮影した写真しか
有りません。と言うのも、鉄道趣味が冬眠してしまい,つい4年前に
長い眠りから覚めたばかりです。
40年も前に撮影した写真を見ていると、撮影した当時の風景や
撮影した当の本人=自分が、よくぞ撮影したかと感心することが
あります。

今日はお世話になっているSさんに40年前、私が撮影した場所に
案内していただきました。
一見、あまり変わってないようですが、よ~くみるとやはり風景や
電車も大きく変わっていました。

いやはや実に懐かしい。今昔物語でした。
Sさんに深く感謝です。




kamiooka.jpg

  1. 2008/08/03(日) 17:03:28|
  2. 撮影地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

撮り鉄マナー

今日も蒸し風呂に入っているような一日でした。(蒸し風呂には入ったことは無いのですがどういうわけか蒸し風呂って言いますね??サウナとは違いますね?自分で突っ込んでどうする??)

E655が品川へ来るというので行ってきました。ホームへ降りたところ知り合いのKさんに偶然お会いし、短い時間でしたが楽しいひと時を過ごしました。

お話しているうちにあずさ色の183系が臨時ホームに入線してきたのでKさんとは一旦お別れし9番線ホームへ移動しました。撮影していると私より10歳ほど年配の方が来られたので《こんにちは~》と挨拶すると、さっと目をそらせてしまい完全にシカトです。
非常に嫌な思いをしました。
私は年齢に関係なく、現場では積極的に話しかけています。知らん顔をしながらの撮影は
面白くなく、味気ないです。 そこでは情報交換も出来ます。

このシカトオジサン。同じ趣味人として恥ずかしいです。

一旦家に帰り、夕方1レを撮るべく田町駅に向かいました。ざっと見て同業者が20名ほど集まってました。私は例により隣の方に話しかけたところ気持ちの良い答えが返ってきました。
1レ通過までの30数分、非常に楽しい時間を過ごせました。

朝は嫌な思い、夕方は良い気分、終わりよければ全てよし。

今日も一日楽しい撮り鉄、お会いした方に感謝です。

画像は品川駅でのE655 ボディーがぴかぴかで撮影しにくいです。


DSC_1509.jpg
  1. 2008/08/02(土) 20:44:11|
  2. マナー 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。