Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

更新色

いつも不思議に思うのですが、機関車が全検出場する際の色の問題。
国鉄色と更新色、どのような基準で決めるのでしょうか?
ファンとしては国鉄色の方がいいですが、JRとしてはそんなことは考えてないでしょうね。

画像は先日の田端運転所、出場間際と思われピカピカの新車です。
これが国鉄色だったら・・・・ と思います。


ef651093.jpg
スポンサーサイト
  1. 2008/09/30(火) 21:25:11|
  2. JR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリ地獄に・・・

何事も程ほどにしておかないと大変なことになります。
私の場合交換レンズに嵌ってしまい、今年になってこれで3本目の購入です。
これで? そうです、昨日24-120をカバーできるズームを購入、従来使用していたのは15年前に発売されたフィルム用レンズ。良く映るんですが何か物足りないところがあり、中古で手ごろな価格だったので意を決して購入しました。
中古とはいえ殆ど使用した形跡は無く新品同様、定価の半額以下で手に出来たのでご満悦です。

早速東十条へ行き試し撮り、しかし、雨が降り出すあいにくの空模様です。ISOを800にして・・・・
レンズには満足しましたが、今度は高感度にしたときのノイズが気になってきました。
こうなると最新型のD700やD3が欲しくなる。
いやはやアリ地獄とはこのことでしょう。

やはりこの辺で程ほどにしておき腕を磨くことにしましょう。家内にばれると大変大変^^


cassiopeiaathigashizyuzyo.jpg


  1. 2008/09/29(月) 21:11:17|
  2. 寝台特急
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

甲種回送?

いつもお世話になっている健ちゃんに教えていただいた新子安の滝坂踏切へ行ってきました。
ここは我が母校の真下なのですが、在学中、校則が厳しくカメラ持参禁止だったので1度も撮影したことの無い場所です。
もちろん教室の窓からこの踏み切りも良く見えたので、上りのあさかぜ・さくら・みずほ・はやぶさ・・・
列車が通るたびに窓下を見ていたので成績のほうは〇〇でした^^

さて、その滝坂踏切の新子安寄りに遍照院というお寺があります。お寺の前には踏切があり、なかばお寺の専用踏切というところでしょうか。国道から少し入ったところにこのお寺がありますが、鬱蒼とした気に囲まれており、鎌倉のような雰囲気があります。
目の前を京急がカッ飛んでいきますが、雰囲気は北鎌倉の甲種回送のように見えます。


D20_9530.jpg
  1. 2008/09/28(日) 12:07:04|
  2. 私鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どっち?

人物を絡めた鉄道写真を撮るのが好きです。難しい肖像権の問題があり、中にはモザイクや暈しを入れる方もいらっしゃいますが、私は敢えてそのままで掲載させていただいてます。
あまり気にしすぎると何も撮れませんので・・・・

ここは王子駅です。田駄さんの傑作〔王子界隈 宵の口〕はこの周辺で撮影されています。
目の前を通り過ぎるお爺さん・お姉さん・おばちゃん 夫々の表情が楽しいです。



D20_9445.jpg


  1. 2008/09/26(金) 21:07:32|
  2. 都電
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

憧憬

憧れの展望車、マイテ49に乗り長年の願望が少しは満たされましたが、優等列車、中でも特別な車両への憧れは強いです。尾久へ配置され身近なこともありますがE655が走るというと追っかけたくなります。
大森から大急ぎで王子へ引き返したのは、E655を撮影したかったからです。
昨日掲載のスペーシア同様、ここからの撮影は架線が邪魔をしていただけません。
でも、この先の東十条で激パが予想されます。夢の列車は一人静かに見送りたいです。


D20_9352.jpg


  1. 2008/09/25(木) 20:16:14|
  2. JR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

涙ぐましい努力

大森で2レを撮った後は急いで王子へ引き返し、先週北王子線を撮影した踏み切りのそばの陸橋へ行きました。ここはご他聞にもれずネットフェンスが張り巡らされており撮影には不向きです。尚且つ架線柱が邪魔をしてまともな画は撮れません。
画像はそんな悪条件で撮影した1枚です。これでもしゃがんで撮ったのですが、人目をはばからず地面に寝そべって撮れば架線柱はクリヤーできたかも知れませんね。
一人では怪しいのでどなたかご一緒してもらえません^^
それにしても撮り鉄は涙ぐましい努力?が必要です。


D20_9344.jpg


  1. 2008/09/24(水) 20:50:20|
  2. 撮鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あわや~

今日も元気に撮り鉄です。 先週開拓した大森駅周辺のポイントへ行ってきました。
晴れてしまうと光線の加減は良くないのですが、出掛けには曇っていたので丁度良いと思いきや、現地に付く前に晴れてしまいました。ここは真横から光線を浴びるような形の場所です。
でも、ここの最大のネックは光線よりも京浜東北線の被りです。
双方とも定時運行の場合、大森駅ホームからの撮影は完全に被りますが、駅から200m位離れた当地は間一髪でセーフです。
前回も上りの京浜線が目の前を通り過ぎる間、2レが視界から消え、京浜線が通過したとたん2レが再び姿を現すというきわめてきわどいタイミングでした。
画像は本日のものですが、左端に京浜線が見えますね。一瞬のことですが、そのたびにどきどきします。


D20_9335.jpg
  1. 2008/09/23(火) 15:02:41|
  2. 寝台特急
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俯瞰

北トピアからの俯瞰は結構有名になってしまい、コンパス時刻表の8月号の表紙にも掲載されました。しかし、まだまだ知られてないと見え、いつ行っても鉄っちゃんはいません。
昨日も親子二組、そして老夫婦が一組。
夫婦仲良く景色を眺める後姿が印象的でした。


D20_9278.jpg
  1. 2008/09/21(日) 17:31:40|
  2. 新幹線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

琺瑯看板

また琺瑯看板です。
台風が去り急にお天気も回復したので王子の北とピアへ行ってきました。しかし、光線の加減もよくなかったので早々に下界へ降り、北王子線を撮影、王子駅のホームへ戻ったところ、意外にもこんなところに琺瑯看板が残っていました。
王子駅はよく利用するのですが、今まで気がつきませんでした。


D20_9297.jpg




  1. 2008/09/20(土) 15:44:05|
  2. 国鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つばめ はと

先週入線した青大将のはと編成、つばめ編成と並べてみました。東京駅のジオラマがあれば壮観でしょう。(実際に並ぶことは無かったですが) 
我がKO電鉄は単線なので1レ 3レは交互に運転してますが、将来は複線化して1レ・3レのすれ違いを実現したいと思ってます。

さて、話は変わりますが自分の好みを突き詰めていくとやはり客車が第一のようです。今日は少し仕事をはやあがりしたので秋葉原の書泉へ行ってきました。ここの5階の一角は鉄道関係の書籍がずらりと並んでいます。
その中で、かねてより物色していたJTBパブリッシングの〔客車好き〕を見つけ、即購入してきました。
中身は勿論展望車を中心とした客車ばかり。今日は一人ご満悦です。


DSCN0996.jpg
  1. 2008/09/18(木) 20:59:56|
  2. 鉄道模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一等車

パソコンで〔一等車〕と変換しても〔一当社〕なんて言う文字に化けて出てきます。
一等車が無くなって48年も経っているので無理はありません、完全に死語となってます。
クロ151が登場したのは2等制になってからなので、3等制であったなら、さしずめクイ151だったのでしょうね。
E655、現代のクイに相当する車両が登場しました。御料車をかねているようですが、最近頻繁に高額なツアーに利用されています。運用は比較的短区間に限っているのは車両の傷みを考慮してのことでしょうか。 車両の価値を知らないオバサマやオコサマにはご乗車を遠慮していただきたい車両です。


尾久車両センターにて
  1. 2008/09/17(水) 20:35:11|
  2. 鉄道史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夢空間

昨日の尾久です。嘗ては夢空間が入っていた専用車庫にE655がするすると入っていくそばで夢空間がその姿を見ているようでした。家まで明け渡しポツンと留置されている姿は哀れです。
東急・松屋・高島屋 有名デパートの建装部が競って作ったのはやはりバブルだったのでしょうか。
泡と消えずに博物館でレストランとして生き延びて欲しいです。


D20_9189.jpg
  1. 2008/09/16(火) 22:32:56|
  2. JR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なごみ

三連休最終日、午前中はHPの更新に備え下書きをしてましたがどうも上野周辺が気になり出かけてきました。これで3連ちゃんです。

昨日今日と上野駅13番線ホームでキハ48みのりの展示会が開かれておりスゴイ人だかりです。
それはさておき、E655が遠征から尾久へ帰ってくるので西日暮里辺りで撮影しようと出かけました。
すると、みのりを撮影する人で沿線は鈴なりです。
みのりはどうでもいいのでE655だけ撮影し、田端で機関車を見て帰ろうと思い機関区へ、するとEF651059に遭遇。気をよくして尾久へ行けば何かある? と行ったところ、警手が車両庫のそばで旗を振っています。ピンときました。E655が専用の車庫へ入るところでした。
これは完全に独占取材。一部始終をバッチリと抑えました。

ついでですが悲しいお知らせです。警手さんにお聞きした情報ですが、今日現在、夢空間3両は尾久に存在していました。しかし、いずれ廃車になる予定とのことでした。廃車といえば、尾久の留置線に209が1編成ポツンと放置されているのも見ましたが、いずれ長野へ連れて行かれるのでしょう。



D20_9148.jpg


D20_9182.jpg


D20_9194.jpg


D20_9204.jpg


D20_9206.jpg


D20_9226.jpg

  1. 2008/09/15(月) 16:58:03|
  2. 撮鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

補正

昨日今日と3連休の二日間はお気軽な近所鉄を楽しんでいます。
近所と言っても電車でせいぜい20~30分の範囲。首都圏は結構いろいろなイベントが有るので情報を収集しておかないと見逃します。
7月から9月に渡り、EL・SLみなかみ号が運転されています。上野~高崎間はEF60が担当、高崎~水上間はD51が担当、両機とも老体に鞭打って頑張っています。
これに加え、今年はEF65501が上野~高崎間をEF60と交代で担当しているようです。
12系編成を引く501はさながら特急ブルトレのように見えるでしょう。
昨日は501が牽引というはずだったので東十条へ行ってみました。

ここは曇っていればいいのですが晴れるとモロに逆光なのです。
昨日は天気予報に反して晴れてしまいに逆光、しかもお目当ての501でなく、EF60でした。
少し前に調子が悪いと聞いていたので工場入庫となってるのでしょうか。

帰宅してパソコンで見たら逆光で真っ白、RAWで撮影したので〔ニコンキャプチャーNX〕で現像してみたところ画像のように何とか見るに耐える写真に再生しました。
それにしてもなんと手軽に補正できることでしょう。
昔であれば露出失敗はどうやってもダメなのに・・・

現場で光線状態が悪くてもとりあえず撮影しておけば何とかなるといういい例でした。


D20_8888.jpg
  1. 2008/09/14(日) 15:02:24|
  2. 撮鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

危険な駅撮り

きょうは中央大学の鉄研OBがチャーターした583系が走るというので近くの鶯谷へ行ってきました。
予想通りかなりの人出で激パです。
ここは山手線・京浜東北線が頻繁に通るので撮影はかなり神経を使います。人の心理で少しでも前に出ていい写真を撮ろうと思うのは分かりますが、何人かが黄色い線をはみ出し、中にはホームよりはみ出して構える人もいました。京浜線が入ってきたら大きな事故になります。当然のことながら注意しました。この方は割りと素直にわびてましたが、中には憮然とする人もいます。でも、私は注意します。事故が起こってからでは遅いですから。


D20_8949.jpg


  1. 2008/09/13(土) 16:53:24|
  2. 撮鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家族同伴の撮り鉄

撮り鉄ばかりしていては家族の不評をかうのでたまには家族同伴の旅行をしています。
でも、いつも気になるのはやはり鉄道です。
家族の旅行でも予め撮影ポイントが分かっていれば当然のことながらそれなりの装備で行きますが、全く予備知識なしで言った場合、なかにはびっくりするほど素晴らしい撮影ポイントに出くわす場合があります。こういうときに限ってコンデジしか持ち合わせしてません。
先月、家内と2泊3日で石和温泉へ行ってきました。
ホテルの部屋へ案内されびっくり~ 甲府盆地の大俯瞰、まっすぐな線路がどこまでも見えます。
《しまった~》・・・私、 《どうしたの~》???家内 
家内も窓から眺め、《うわ~ カメラ持ってきた?》 と素人が見ても絶好の撮影場所にコンデジしか持ち合わせてなくがっかりです。
気を取り直し、ちょっとホテルの近所を散歩。 お~ 257が来る~ 家内を待たせて線路際へ・・・
普段家内には見せてませんが、子供のように線路の周りを走り回る私を見てニコニコしていました。
結局は鉄を夫に持ったと思ってあきらめるしかないでしょう~
皆さんは家族同伴の時、どうされているでしょう?



kaizi.jpg


isawa.jpg




  1. 2008/09/11(木) 16:11:04|
  2. 撮鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カシオペアスィート

先日の撮り鉄の帰り道、浦和駅での一コマ、カシオペアの後追いです。
でも、良く見るとオジサン二人が仲良く並んで過ぎ行く風景を見ています。
この光景ははじめて見ました。
大抵は若夫婦、年配の夫婦、カシオペアスイートはどちらかというと年配の夫婦が似合います。

このお二人鉄仲間でしょうか? 席を取るのも大変だったと思いますが、できれば奥様とご一緒のほうが一生の思い出となると思いますが・・・
余計なお世話でした^^


D20_8848.jpg


  1. 2008/09/10(水) 21:53:53|
  2. 撮鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とき ひばり

鉄道博物館では181系とき 485系ひばりが肩を並べて展示されており、まるで昔の上野駅のようです。少し工夫すれば誰でも鉄博が上野駅に変身するようになってます。
画像は先日の鉄博、昭和42年の上野駅。いずれも とき ひばりが 肩を並べています。


D20_8824.jpg


無題-スキャンされた画像-10


無題-スキャンされた画像-07


  1. 2008/09/09(火) 20:35:35|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特急 はと

KO電鉄に《特急 はと》が新たに入線しました。
これで、茶色つばめ~1編成・青大将つばめ~1編成・青大将はと~1編成の合計3編成の特急列車が揃いました。昨日夕方到着したばかりでまだ線路上には姿を現していません。
前回の青大将つばめではGMのキットを中心に揃えました。しかし、今回のはとについてはGMキットの在庫薄とGMにない機種もあるため完成品購入となりました。
完成品についてもメーカー在庫はあるものの定価販売、また機関車にいたってはどの模型店を探しても在庫切れのためオークションで探しました。
今回は新品をかなりの安価で購入でき密かに《ウフフ》と喜んでいます。
完成品を安易な形で揃ってしまったため拍子抜けしましたが、前回のように手作りによる製作欲がありウズウズしてますが、じっくり目標を定め次回 ○○系製作記を書いてみたいと思ってます。

さて、今度の3連休、自宅リビングは運転会場と化す予定です。客車特急つばめ 茶・青大将
はと青大将・あさかぜ・こだま  往年の千両役者が勢ぞろいします。



DSCN0981.jpg




  1. 2008/09/08(月) 13:10:00|
  2. 鉄道模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道博物館

きょうは約半年ぶりに鉄道博物館を訪問しました。
いつもと違い今日は鉄友4人でワイワイと・・・・・
マイテにご対面、新参の183系車内で駅弁、屋上で新幹線撮影・・・・・ 楽しい一日でした。

さて、鉄博、夏休みも終わったこともありますが日曜日というのにかなり空いています。
昨年オープンし、半年過ぎても平日は込んでいましたが、その混雑時の平日以下の人出です。
鉄以外は一度行けば当分は行かない? 大体が一巡したのでしょうか。
我々にとっては非常に有りがたいことです。今日も同行したSさんが仰っていましたが、鉄博内の展示に関して、アトラクションと勘違いしている親子連れが多く閉口しています。
オープン当初は中を見学できたオハ31やナハネフ22は入場禁止、これらは車内で禁止されている飲食やドタバタ暴れまわることからされた措置です。
本日はじめて鉄博を訪問されたSさん、Uさんには上記の車内に乗っていただきたかったのですがそれも適いませんでした。

大阪の交通科学館では車内見学ツアーが有り、旧客や80系に入れるそうです。結構並ぶそうですが本当に中を見たい人以外は〔並んでまで・・・・〕と敬遠するのでは?

鉄博でもこのような方法を考え、少しでも貴重な遺産を広く知ってもらいたいものです。


D20_8812.jpg
  1. 2008/09/07(日) 20:00:25|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

音楽と鉄道と

つばめの裏事情も時には音楽ネタになることをお許しください。

中学卒業と同時に傾倒したクラシック音楽、大学入学後は無謀にもオーケストラに入団し、これまた無謀にもビオラを弾くようになりました。
全くのど素人でしたが、暇な大学生、親のすねをかじり、毎日ギコギコとのこぎりの目を立てるように引いていると、自分で言うのも可笑しいですが何とか音楽が奏でることができるようになりました。

どうも、どっぷりと漬かってしまう性格なので日々の練習の成果もあり、経験者並みとはいえませんがベートーベンの第5や第9などを演奏会で弾きました。
学校がキリスト教のこともあり、バッハのマタイ受難曲、モーツアルトのレクイエムなども弾きました。

4年間は音楽漬け、鉄道は遥か彼方に飛んでいました。

大学では1年おきに演奏旅行というものがあり、地方の都市の学校で音楽教室をボランティアで開いたりしてました。私が3年の時は長野演奏旅行。
中野市・上田市・松本市ではコンサートも開催。懐かしい思い出です。
演奏旅行中、気になったの横軽、長野電鉄でした。横川ではEF63より釜飯購入に躍起、機関車どころではないでした。長野電鉄 湯田中駅では特大の入場券を買いましたが30年経った今、どこを探しても見当たりません。
以後音楽に夢中で鉄道に舞い戻ることはありませんでした。


画像は長野演奏旅行以来32年ぶりに訪問した長電の長野駅。駅は地下に潜るは~ 電車は小田急だ~ で浦島太郎となりました。


DSC_0529.jpg




  1. 2008/09/05(金) 17:53:34|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

列車の愛称

列車の愛称の元祖は特急 富士。 そして、さくら、つばめと続きました。
戦後は平和・つばめ・はと・・・・  はやぶさ・とき・はくつる・ゆうづる・・・・・・・
やはり愛称で多いのは鳥ですか?

町中を飛んでる鳥として〔つばめ〕は有りですが〔はと〕はなんとなくドロ臭いので特急の愛称としてはちょっと首を傾げます。〔はと〕は戦後の平和の象徴でしょうか?
街中を飛ぶ鳥・・・ すずめ・からす・ これははなから有り得ませんね^^

鳥を愛称とした特急、私としてはやはり〔つばめ〕が最右翼。 その次に〔はやぶさ〕でしょうか。
山を愛称とすればやはり〔富士〕ですね。

富士は昭和4年に誕生して今年で79年、もし予定通り来春に消えるとしたらちょうど80年を向かえその長い歴史を閉じることになります。

画像は小倉駅の特急富士、やはり富士ぶさより単独ヘッドマークがいいです。


D20_8474.jpg


  1. 2008/09/03(水) 20:55:48|
  2. 愛称名
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

狂想曲

今回やまぐち号に乗ったのは大井川鉄道を除いて復活蒸気3回目となります。
SL奥利根号、ばんえつ物語号、そして今回のやまぐち号、どれも大型蒸気で走る姿は多くの人を魅了します。
その走る素晴らしい姿に魅せられ、有名撮影地にはものすごい数のファンが集まっています。
今回もやはり沿線には多くのカメラマンが待ち構えていました。
画像は恐らく有名な撮影地なのでしょう、30人ほどはいますね。そしてその後ろには17台ほどの車が止まっています。恐らくこの中のほとんどの方はここでの撮影を終えて、次の撮影場所へ向かうことでしょう。でも、知らない場所で、知らないうちに事故や、揉め事が起きていると思います。
これだけの数が一斉に動き出す。ちょっと怖いです。
あわてるとろくなことは無いので楽しい撮影はゆっくりと、落ち着いてしましょう。
できれば車なんていう飛び道具は使わないで、時刻表を見ながら、接続時間を調べ・・・・・
これが鉄道を楽しむ醍醐味ではないでしょうか? おっと~ 人それぞれですよね^^
くれぐれもお気をつけて~


D20_8284.jpg
  1. 2008/09/02(火) 20:59:48|
  2. 撮鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

色々な色 イロイロ

国鉄からJRになって、多くの車両が更新色として新しい塗装に塗り替えられ装いを変えましたが、多くの鉄道ファンはがっかりしたことと思います。
首都圏では国鉄時代の車両がどんどん廃車され、更新色の車両さえ少なくなってきました。
しかし首都圏を一歩出るとまだまだ国鉄時代の車両が活躍しています。なかには国鉄時代の色にもどしてイベントに使われて脚光を浴びている車両もあります。
画像はJRのキャンペーンの一環で〔おいでませやまぐち号〕のキハ28+キハ58です。

この気動車も少し前までは別の色に塗られていたと思いますが、国鉄色を纏えば大人気です。
これならいっそのこと、更新色の車両が全検を受けるときは元の国鉄色にもどし、どこかでイベントを企画すれば成功すること請け合いだと思いますが・・・・



DSC_1539.jpg

  1. 2008/09/01(月) 21:20:38|
  2. 鉄道史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。