Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

趣向の違い

先日の土曜日はドクターイエローが走るという情報が入ったのでどこで撮影するかと悩んだ挙句、東京駅近くのとあるビルの上層階が思い浮かび俯瞰が出来ないかと行って見ました。

予想は的中しました。こんなところで撮影できるとは思っても見ませんでした。
といっても個人のビルでも何でもありません。れっきとした公共の施設なので大手を振って撮影できる場所です。

画像はドクターイエローが東京駅を出発する風景です。本当は広角で撮りましたが撮影場所が特定できてしまいそうなのでトリミングしてます。



marionDY.jpg

撮影場所を公開しないのには理由があります。いくら公共の場所とは言えカメラマンが殺到しては施設に迷惑がかかります。私のHPで公開したくらいで大勢の方が集まるとは思いませんが、ネット検索は結構ヒットするものでいつ現地がパニックになるか分かりません。
500系も2月28日で最後なのだそうで、1レ、2レのような大フィーバーが予想されますね。撮影場所は足で稼ぎましょう。


marion500rizo-to.jpg


ドクターイエローをゲットして気をよくしていると意外なことに同業者が1名現われました。
私が〔ドクターイエローは撮影されましたか?〕とお聞きすると〔撮ったよ~〕と明らかに私より年下とわかるこの方はタメ口で返事をしてきました。
このお方、やれC1編成だ、W!編成が・・・、Z1編成が・・・ と知識をひけらかすようなお言葉を発します。私はその筋には全く興味は無く、いつものように〔その時代に、この場所に、こういう列車が走っていた〕という記録を残したい理由で撮影しているのに、何か異次元の、趣向違いの話を盛んにされて辟易しました。

自分も自分のことをオタクと思ってますが、このような方を本当のオタクというのでは(失礼)

ともかく趣向の違いは如何ともしがたい。一生懸命に話しかけていただいたのは嬉しいのですが、この場はそっとしてほしかったのが本音です。


12:30東京駅を同時に発車する500系とαリゾート。一緒に仲良く東海道を目指す姿をようやく抑えることが出来ました。

スポンサーサイト
  1. 2009/11/30(月) 20:59:22|
  2. 撮影ポイント
  3. | コメント:0

丸の内線

自宅から歩いていけるところに意外な撮影場所がありました。
歩いていけるといっても20分ほどなのでちょっとした散歩コースとなります。

東京メトロ丸の内線 後楽園駅から御茶ノ水へ向かうトンネルの入口付近です。


701_3591.jpg

丸の内線は第3軌条よりの集電なので架線柱がなくすっきりさっぱり。綺麗に撮れました。

ここまで来たら高いところへ登り俯瞰撮影と思い文京シビックセンターの25F展望室へ行って見ました。ここからの眺めは素晴らしいのですが、見える鉄道は丸の内線だけ。
画面左上には遠く建設中のスカイツリーが見えます。


701_3593.jpg

今度は展望室の北側へ移動、街はすっかり色づき寒い寒い冬が近づいているのを感じさせます。

701_3604.jpg
  1. 2009/11/29(日) 17:00:10|
  2. 撮り鉄
  3. | コメント:0

東京散策

11月も終わりに近づいたというのにこの2~3日の東京地方は18度もあり上着を着ていると汗ばむほどの陽気です。
異常気象と言われてから久しくなりましたが、この温暖化は空恐ろしい~
世界経済も異常を来たし、いよいよ末法となってきたのでしょうか。

不景気カゼもちょっとやそっとでは直りません。みんなで頑張り元気な日本にしたいものですね。
お金が回らないと経済は停滞するのは明白ですが、わかってはいても財布の紐は閉まってしまいます。不景気と言う病魔に特効薬は無いものでしょうか。

街を歩いて気が付くことは何か活気が無い~~~
歩いている人の姿勢が悪い。皆背中を丸め、下を見ながら歩く。

もっと姿勢を正し、胸を張って歩いてはどうでしょう。病は気からと昔から言われてますが、明るく前向きに物事を考えればもっと良い方向に行くと思うのですが・・・


今日はつまらない前置きが長くなりました。
気分を変えていつもの撮り鉄の話題にしましょう。


701_3421_20091128164001.jpg

真っ青な空の下、500系がゆっくりと過ぎ去っていきます。ここは浜松町駅から新橋駅方向へ歩いて5~6分のイタリア公園です。その昔は汐留のヤードがあったところで、現在は再開発されて高層住宅が立ち並んでいます。
ここは穴場でした。編成などは入りません、またユリカモメの高架橋が邪魔しています。
しかし整備された公園でのんびりと過ぎ行く列車を見ているだけで癒されます。

500系も終焉に近づいており、撮影地は大騒ぎのようですがさすがにこんなところへ来る物好きは居ないようですね。


701_3447_20091128164001.jpg




  1. 2009/11/28(土) 16:54:04|
  2. 撮鉄
  3. | コメント:0

飛び道具入手

新しいもの好きな私としてはかなり出遅れましたが昨日iphoneを入手しました。
所持している携帯端末のローンが終わりに近づいたのが今回のきっかけですが、一番の理由はwebからの情報をより多く、早く入手したいのが最大の理由です。
携帯電話からのweb操作は面倒、かつスピードも遅くて使い物になりません。

iphoneの値段も手ごろになったので一昨日の夕方に近くのヨドバシカメラへ行き購入してきました。
今までの携帯で使い方が不明だったことはまれですが、ことiphoneに限っては難易度がかなり高く、この方面にはあまり不自由しなかった私も悪戦苦闘しました。

一夜明けて昨日はかなり手になじんできており、大よその操作を掴みました。しかしまだこれはほんの序の口でしょう。

これからは出先の撮り鉄でiphoneが活躍することでしょう。


701_3468.jpg
  1. 2009/11/24(火) 21:16:18|
  2. 撮鉄
  3. | コメント:0

高いところへ

2011年の地上デジタル放送開始に向けて急ピッチに工事が進む東京スカイツリー、はや200mを越しているというので慌てて駆けつけました。
私が住んでいる隣の区なので家から20分もかからないところです。7月の末に見に行ったときはまだ70m程度の高さでしたがたった4ヶ月で130mも伸びました。1ヶ月換算32m、1年後には600m近く、或いは既に完成間近となっていることと思います。


701_3294のコピー

第二東京タワーと呼ばれてますが、第一と言うべき芝の東京タワーが完成したのが昭和33年、私はまだ5歳でしたが、祖父に連れられ毎月のように東京へ行くたびに建設中のタワーを見ていました。
映画の3丁目の夕日で建設中のタワーの模様が描かれていましたがまさにあの光景でした。
その光景がいま目の前で再現されているのです。


701_3292.jpg

その建設中の下を走っているのが東武浅草線、業平橋駅前を通過し終点の浅草へ向かうスペーシア号です。あと10~20年経つと建設中のタワーの下を走るスペーシアが懐かしく感じられるかも知れませんね。


701_3298.jpg

撮影場所はアサヒビール本社の展望喫茶、22Fからの眺めです。鉄道を撮影するには20F前後が一番適当な高さのようです。これ以上高い建物ですと列車が米粒のようになり識別できなくなります。
スカイツリーの展望台から見る東武鉄道はどんな眺めとなるのでしょう。


701_3308.jpg
  1. 2009/11/23(月) 21:24:22|
  2. 撮り鉄
  3. | コメント:0

ビバルディの四季

今日は久しぶりの音楽ネタです。先ほど家内と帰宅し今日のコンサートの余韻に浸っているところです。
本日の出し物はビバルディの四季、日本人にはなじみの曲ですね。
ソリストは私のお気に入りの神尾真由子さん、2007年のチャイコフスキーコンクールで優勝した方です。(若干22歳)
以前にも話題に上げましたが神尾さんのバイオリンの右に出る人は現在居ないと思うほどの達人です。

ビバルディの四季は過去にパイアール室内管弦楽団、イムジチ合奏団という名だたるオケで聞いた事があります。
本日はルチェルンフェスティバルオケのメンバーでした。このメンバーの奏でる音楽は別として神尾さんの奏でるビバルディは至上のものでした。いつものことですが神尾さんは弾いている曲の作曲家が乗り移っているとしか思えないほどの鬼気迫る演奏です。

四季といえば軽い感じで聞く曲ですが神尾さんの情感がこもった演奏は今までに聞いたことのないビバルディ、恐らく作者はこのように弾いてほしかったと思う解釈の演奏でした。

今夜はいい夢が見れそうです。

画像は会場のサントリーホールです。


701_3234.jpg


701_3236.jpg


ついでに撮り鉄 溜池山王駅 東京メトロ銀座線

701_3247.jpg
  1. 2009/11/20(金) 23:14:32|
  2. 音楽
  3. | コメント:2

富士とロマンスカー

国府津で富士山を堪能したのですが、ここで帰るのはもったいないので他に富士山が見える撮影場所はないかと考えた末、小田急線の新松田付近の酒匂川が頭に浮かびました。
そこは有名撮影地で色々な写真を見たとこがあります。また小田急に乗っているときに車窓からもカメラマンの姿を目にしたこともあります。
時間もまだ12時前なのと、国府津からも僅かな時間で行けるので、地図も何も持っていないのですがとりあえず行ってみることにしました。


701_3101.jpg

画像をご覧になると分かると思いますが、橋梁方面左手から日が差しており光線の加減がよくありません。ここでの撮影は午前中のほうが良いようです。土日はロマンスカーも午前に集中して走るので撮影効率も高いはずです。

701_3134.jpg

国府津より松田のほうが富士山に近いはずなのにどういうわけか小さく見えるので不思議です。

701_3080.jpg

今度ここを訪問するときは午前の早い時間にロマンスカーを撮影し、時間を見計らって国府津へ移動。こんどこそ富士と500系を捕獲したいと思います。

追記:前回の国府津での新幹線撮影ですが、防音壁が出来ており列車の半分が隠れてしまいます。
せっかく訪問されてがっかりと言うことがないように予め付け加えておきます。


  1. 2009/11/17(火) 22:03:56|
  2. ロマンスカー
  3. | コメント:0

富士の見える

暖かくお天気も良いので思い立って富士山を見に行きました。
東京からでも見えますが米粒程度の大きさです。

国府津まで足を伸ばし撮影場所を探したところ、ミカン畑のなかから富士山と新幹線が一望できる場所を発見しました。



701_3027-2.jpg

しかし、あまりにも景色が雄大すぎて富士山と新幹線をフレームに収めようとしたところ、列車が米粒のようになってしましました。こういう場合は編成に拘らず列車が識別できる程度にしておき、富士山をメインに撮るべきだったようです。自分の技術の未熟さを痛感した一日でした。(〇印が新幹線です)

まあそれはさておき、こういう雄大な風景を見ると日頃のストレスも吹っ飛びます。
思い返せば42年前、今日の撮影場所から近いところから新幹線と富士山を撮影していました。
このときの写真を貼りますが昔は田んぼばかりだったところが現在では建物がぎっしり建っており隔世の感です。
今昔を比べる目印は高圧線の鉄塔でした。


無題-スキャンされた画像-02
  1. 2009/11/15(日) 18:01:33|
  2. 撮影ポイント
  3. | コメント:0

呑み鉄&撮り鉄

現在使用しているカメラは夜間走行する1レを撮影するために購入しました。3月で1レがなくなってしまったため、あれ以来は少々宝の持ち腐れ的な感じでした。しかし、またしても好機到来です。殆ど暗闇でも明るいレンズをつければこんな感じで撮れてしまいます。

701_2173.jpg

F2.5 50mm 1/160 ISO5000

夜間撮影の火付け役は某有名サイトのT氏。私もその焚き付けに嵌りました。
フィルム時代では勿論のこと、ちょっと前のデジ一でも考えられない写真が撮れるカメラの技術の進歩に今更ながら驚きです。


500yurakutyo.jpg

撮影場所は東京駅付近の飲み屋から撮影。ビールで乾杯し、つまみを突っつき、時刻が迫るとやおらカメラを構え、通過した瞬間は歓喜の嵐。
呑み鉄&撮り鉄、こんな幸せは他では味わえません。
  1. 2009/11/12(木) 22:40:05|
  2. 新幹線
  3. | コメント:4

500系

今度は昼間に戻って御殿山で撮影した500系をご覧頂きます。

ここでの撮影もご他聞に漏れず目の細かいネットフェンス越しの撮影。
当然オートフォーカスは効かずマニュアルでの撮影となり、遠い昔のペンタックスで撮った情景を思い出します。


701_2352.jpg

撮影直後は大失敗と思ったのが、完全逆光をレタッチにて何とか見られる絵にしました。
ここはサクラの名所、来春の開花に間に合うかな?


701_2407.jpg

701_2414.jpg
  1. 2009/11/10(火) 20:38:29|
  2. 新幹線
  3. | コメント:0

500系

東京発17:30の500系のぞみ号が明日で最終日を迎えます。明日は仕事があり最終便を見送ることが出来ないので昨日はいつもの交通会館へ行ってきました。
ほんの半年前は殆ど見かけなかったギャラリーですが、ここ1~2ヶ月はかなりの人出があり、昨日は20人ほどが集まっており撮影場所を探すのに苦労されていました。


701_2837.jpg
撮影データ F3.2 1/160 28mm ISO6400

この場所はもう何十回も来ておりツボは心得ています。大勢のギャラリーが場所探しでうろうろする中、私はいつものベンチを確保。俄かお立ち台に立った私は大勢の視線を浴びてしまいました。
そんなことはどうでも良く、上りをきっちり撮影後、今度は少々場所を移動し本番の下りに挑戦です。


701_2924.jpg
撮影データ F2.8 1/160 50mm ISO6400

下りのぞみの撮影目的は真横と後追い、自分でも満足のいく写真が撮れました。

701_2934.jpg


701_2940.jpg

これで東京での500系夜間撮影は終了です。
次回以降はこの他に夜間、昼間に撮影したものを披露させていただきます。


  1. 2009/11/08(日) 22:32:16|
  2. 新幹線
  3. | コメント:0

古いカメラ

私の家に1台の古いカメラがあります。戦前より戦後まで一世を風靡したパーレットです。
これは父の形見として残された唯一のカメラです。
父は鉄道写真は撮りませんでしたが根っからの旅行好きで、北海道から九州まで行ったことの無いところは無いというほどのつわものでした。
取引先の旅行や仲間内の旅行は必ずと言ってよいほど幹事役を買って出ていたようです。
父が亡くなった後に父の友人から聞いた話では〔お宅のお父さんと旅行へ行くと何から何まで、行く先々で手配済みとなっており無駄な時間が1分も無かったよ~ 昼食も予約済みで時間通りに出されるし本当に良いおやっさんだったね~〕と評判は良かったのです。


DSCN1366.jpg

話がそれましたがこの小西六のカメラを買うときのエピソードとして父より聞いた話は・・・・
カメラが欲しくて欲しくて修学旅行へ行く代わりに親に買ってもらったとか・・

この話は良く聞かされました。それ程カメラが好きだったのです。後年、カメラではなく8mm映写機に凝り始めかなりの本数の映像が残されています。
今となっては映写機自体が無いのでいずれテレシネの業者に依頼しなければと思っています。


その父の影響かどうかわかりませんが、私もカメラは小学校低学年の頃からいじり始め、中学生になると贅沢にもペンタックスSVを買ってもらいました。
このカメラで撮影したのが私のホームページを飾っている写真の数々です。
親のすねをかじりすぎた罰が当たり、父は私が大学在学中に他界してしまい親孝行をしそびれてました。
この古いパーレットを見るたびに優しかった父親の顔が浮かんできます。

ちょっと感傷的なのは秋も深まったせいでしょうか。画像は先日御殿山で撮影した300系です。


701_2368.jpg
  1. 2009/11/05(木) 22:13:50|
  2. | コメント:4

世田谷線3

世田谷線 その3

先日に引き続き三軒茶屋のキャロットタワーへ行ってきました。
先日は午後の訪問だったため世田谷線方面は逆光で撮影は不向きの展望室。きょうは雲ひとつ無い快晴で富士山まで一望できる絶景の眺めでした。
701_2251.jpg

今日はいつものHさんとご一緒させていただき一日楽しく撮り鉄をしてきました。
目的は500系ですが、手始めに世田谷線の俯瞰、そして一つ先の駅でのチョイ撮です。


701_2302.jpg

今回気が付いたのは昔懐かしい玉電の色分けをした車両が走っていました。イモムシ?と呼ばれていた200型を思い出しました。

701_2277.jpg

この後は500系を追いかけ御殿山へ・・・・
先日から懸案であったクレーマーの処理も終わり気分爽快、今日のお天気のように心は快晴。
一日楽しく遊ぶことが出来感謝です。


701_2291_20091103201355.jpg






  1. 2009/11/03(火) 20:25:15|
  2. 撮鉄
  3. | コメント:0

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。