Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

583系

 この冬の寒さは格別ですが雪国の方にとってはさぞお辛い毎日が続いていると思います。そんな雪国の方の苦労も知らず都会人は雪国ではスキーが出来るのでと羨ましがっています。
 
 毎年この時期になると大船からスキー場へ向かう変な列車があります。《ゲレンデ蔵王号》昔懐かしい583系がスキーヤーを乗せ蔵王に向かっているようです。内情はどうでしょう。583系なのでひょっとしたら鉄っちゃんばかりだったりして・・・・。

 今では貴重な列車ですが、デビュー当時、私は嫌いな列車の一つでした。寝台には乗ったことが無いですが、昼間は特急のくせに向かい合わせです。A寝台の昼間使用時のように2人がけならともかく4人掛けなので結構窮屈でした。
 高校生の時に583系に乗りスキーへ行ったことを思い出します。上野から郡山まで、高校生のクセに贅沢にも特急利用です。急ぐ旅ではなかったので急行でも良かったのですが、友人4人のうちただ一人の鉄ちゃんである私の希望で特急はつかり を利用したようです。今となっては乗っておいて良かった。
 

hatukari kippu

 583系の良い点としては天井が高いということでしょう。特に食堂車などは20系のように天井が高く広々としていたのを覚えています。
 そんな懐かしい583系ですが、デビューして今年で44年経ち今ではイベント列車として老体に鞭打つような運用をされており見ていて痛々しいです。大船発という現役当時ではありえないところを走ってますがオールドファンとしては走行シーンをカメラに収めておきたいところですね。
 画像は一昨年、東京~熱海間を走った時の新橋駅通過シーンです。それこそ絶対にありえないシーンでした。


700_8815.jpg

 この583系は秋田に1編成、仙台に1編成が残されているようですが、年間数回程度上野駅に顔を見せています。583系にとっては上野駅が一番似合っています。当の本人も(車両)ここが一番落ち着くでしょう。

DSCN1283_20110131211242.jpg
スポンサーサイト
  1. 2011/01/31(月) 21:21:05|
  2. 鉄道史
  3. | コメント:5

ウラニア盤

 ウラニア版と言っても殆どの方は??? ごく一部の?フルベンファンなら《あの名盤》とすぐ頭に浮かぶと思います。本日は申し訳ないのですが音楽ネタなので興味がない方は流してください。

 私が住んでいる地域でクラシックレコードのメッカだった石丸電気はどこぞのチェーンに吸収されてしまい、今やレコードの石丸はどこかへ消えてしまいました。つい最近、ヨドバシの上にあるタワーレコードの存在に気がつきました。クラシックコーナーは他に比べると小さいのですが、それでも嘗ての石丸を髣髴とさせる品揃えです。

 11月からかなりの数のCDを購入してしまってますが、購入する殆どが輸入版なので円高のお陰で出費はそれ程驚く金額では有りません。

 今日は所用があり出社し、用事を済ませた帰りにタワーレコードへ寄ってみました。ここでは小一時間は暇をつぶせます。本日購入の一枚はフルトベングラー指揮のエロイカ、彼有名な《ウラニア盤》です。知らない人が聞くとオニワバンと間違えそうですが忍者では有りません。

 1944年12月録音、第二次大戦末期のベルリン・ウィーン、混沌としていたと思いますが、演奏会を行ったことにも驚きますが録音していたというのにも驚きです。さらにそれを聴いた聴衆にも頭が下がります。
  
 フルトベングラーの指揮は良くわからないので、楽団員が面食らう。 振ると面食らう、と言ったのは勿論日本人でしょう。遥か昔、高校生の頃、友人が購入したフルトベングラー指揮のエロイカを聴いた時は腰を抜かすほどの名演でした。それを40年近く経った本日、懐かしく、また嘗ての驚きと共に聞きました。
 音質は悪いですが、昔聞いたLPレコードよりは遥かに聞きやすくなってます。

 今日は時空を超えフルトベングラーが我家にやってきたような錯覚に陥った日でした。


フルベン
  1. 2011/01/30(日) 17:56:34|
  2. 音楽
  3. | コメント:2

ついに復活 C6120

 本日の夕刊にC6120の火入れ式が行われたことが報じられていました。20号機にとって実に37年ぶりのことです。復元に携わった方のお話ではかなり苦労されたそうです。暫くは工場内でテストを行い、いずれは博物館脇の試験線で走行テストが行われることと思います。まずはおめでとう。

C6120

 C61を実際に見た方は私と同年代か上の方でしょう。D51が元になっているので大型機ですが、大型を感じさせないほどスリム、正に精悍な面持ちです。女優さんに例えるなら大柄ですがスリムな松島菜々子さんでしょうか。走る姿も豪快そのもの、奥羽本線での活躍ぶりは今でも瞼にに残っています。画像は津軽湯の沢で撮影した普通客レを牽くC61、昭和43年の撮影です。


c6118_20110127221350.jpg

 同じく陣場付近のトンネルを飛び出すシーン。今でもドラフト音が心に刻まれています。

1002.jpg
  1. 2011/01/27(木) 22:25:54|
  2. 蒸気機関車
  3. | コメント:2

大寒

 大寒に入り一年で一番寒い時期となりました。撮り鉄にとっては辛い時期です。まあ、好きなことをやっているので辛いもへったくりも無いのですが、定時にに来るべき列車が来ないとなると寒さも身に堪えます。

 日曜日はさいたま新都心で寝台特急に振られてしまったので大宮駅の新幹線ホームで撮り鉄と目的を変更しました。新幹線ホームはビルでいうと7~8階の高さに相当するので風通しがものすごく良いのです。ですから寒いこと寒いこと・・・・。

無題

 画像は逆光にもめげず下り列車を撮影。長い望遠を持ち合わせてなかったので135mmをトリミング。元画像はこれです。

702_032.jpg


 寒さに弱い私は早々に退散。同行のHさんには申し訳なかったです。と言うわけで、先日のブログにあるスペーシアに乗るべく春日部へ。そして温かい車内で温かいコーヒー。本当にささやかな贅沢です。

 その後は曳舟駅周辺で撮り鉄、そして・・・・・ 当日はHさんとお昼までのお約束でしたが、寒さ&空腹で近くの和食屋へGo! 速攻 熱燗を注文。刺身定食&熱燗で十分に体も温まりました。
 お酒を召し上がらないHさんには申し訳なかったですが、美味しいお酒にひとりでご満悦です。


熱燗_1~1

sashimi_tei_taku.jpg
  1. 2011/01/26(水) 17:50:39|
  2. 呑み鉄
  3. | コメント:0

つかの間の贅沢

 今日はお世話になっていますHさんと半日ですが久しぶりの撮り鉄に出かけました。撮影目的はさいたま新都心駅付近での寝台特急でしたが運悪く大幅な遅延で撮影叶わず予定を変更しました。せっかくここまで来たのだからと後日のためにロケハンだけはしてきました。
 画像はさいたまスーパーアリーナ付近の歩行者専用陸橋から撮影したものです。画面左奥の方は嘗て大宮機関区が有ったところです。


701_9991_20110123163318.jpg


 大宮機関区と言う懐かしさに浸るより寒さに負けて早々に退散。この後は某所で新幹線撮影、その後は遠回りをして東武鉄道に乗り浅草方面へ戻るという寸法。春日部に到着すると間もなくスペーシアが来るとのことでしたので二人で迷わず特急乗車に意気投合。たった21分の乗車で特急料金は500円ですが、我ら鉄ちゃんはこの500円は決して高いと思いません。車内で飲んだ暖かいコーヒーが冷えた体を温めてくれました。ささやかな、つかの間の贅沢です。この気持ち、お分かりになられる方も多いと思います。

702_047.jpg


IMG_5650.jpg
  1. 2011/01/23(日) 16:26:23|
  2. 乗り鉄
  3. | コメント:4

これ何?

P1020393.jpg

 いきなりですが、これは何でしょう? まあどう見ても石板にしか見えませんよね、それも御影石。そうです、紛れも無く御影石です。それでは何に使う? まさかカロート(納骨室)の蓋では??
 いえ、これ実はオーディオボードと呼ばれる立派な音響製品なのです。用途はスピーカー台、スピーカーから出る振動を抑えるインシュレーターなのです。

 昨年末に購入したBOSEのスピーカーは良くなるのですが、オーケストラ曲の低音がこもり、コントラバスの音がもやもやして低弦の切れ味が悪かったのです。色々調べたところ何と御影石等の石板が効果あるとのこと。早速注文しました。

 わずか一日で宇都宮の石屋さんから配達されてきました。1枚 1800円 安いです。でも1枚7Kgもあり重い。実はこの重さがミソのようです。早速設置してみました。


P1020395.jpg

 視聴に選んだ曲はショパンのピアノ協奏曲 ブーニンの演奏です。
P1020398.jpg


 ん~~ これは凄い、違いがわかる! こもっていた低音域がすっきりし、コントラバスの音もはっきりして聞こえます。わずかの投資でこれだけ音が違うと喜びもひとしおですね~~。



P1020396.jpg


P1020397.jpg

 製品は中国製ですが、発売しているのは宇都宮の石材店。宇都宮といえば大谷石の産地で石屋さんも多いのですが、この時代大谷石だけでは商売が成り立たないのでしょうか。
  1. 2011/01/15(土) 22:18:29|
  2. 音楽
  3. | コメント:0

駅名

 東京スカイツリーの最寄り駅である業平橋駅がツリー完成と共に《とうきょうスカイツリー駅》に変更されるそうです。確かにそのものずばりの駅名とは思いますが、由緒有る駅名の変更には少々抵抗がありますね。
 
 業平橋はご存知、在原業平が《名にしおはばいざ言問はむ都鳥我がおもふ人 はありやなしやと》と読めれた歌より由来するものです。都鳥とはユリカモメのこと、今でも隅田川に限らず東京の水辺では多く見られる鳥です。その由緒有る駅名ですが、確かに現在地に降り立つと巨大なスカイツリーに圧倒され《業平橋》どころでは有りません。これも時代の流れでしょう、せめて記念にと思い入場券を購入しておきました。


IMG_0112.jpg

 その業平橋駅、少し前までは乗降客は地元住民しかいませんでしたが、土日となると凄い人出、浅草寄りのホーム先端はツリーを撮影する人があつまります。

無題

 ちょうどスペーシアが来たので一枚撮ったのですが、運悪く?撮影画像を確認するオジサンが入ってしまったので画像を一分カット&トリミング!

narihirabashi.jpg
  1. 2011/01/11(火) 21:05:58|
  2. 鉄道史
  3. | コメント:2

抑止

 今朝の朝日新聞の一面に、元日に起きた鳥取県の豪雪による災害の顛末が掲載されていました。
国道が雪に埋まり車両が何百台も動かぬまま一夜を明かしたことは記憶に新しいことと思います。遠くの出来事でしたが、閉じ込められた方々の不安・寒さ・空腹などを心配していました。
 とある家の方は《トイレを貸してください》と見知らぬ方が訪ねてきて初めて大事に気がついたとのこと。それ以降、沿道の住民の方々が総出でボランティア活動をされたそうです。 

 1000台もの車両が動かなくなってどうなったか?の疑問がこれで解消しました。JRの車両も同じく抑止にあったようですが車内の方はどうされたのでしょう。私の情報不足かも知れませんが国道のような心温まる話は聞いていません。


20080825003704_20110109164206.jpg

 画像は一昨年の夏、九州の帰りに新幹線が大雨でストップし浜松駅で抑止されたときのものです。車内販売はとっくに売り切れ、浜松駅も夜中の2時では売店も閉まっており乗客は食料を求めて右往左往していました。大人の食事は少々のことは我慢できますが、幼児、赤ちゃんをお連れの方はさぞ難渋さてたことでしょう。
 新幹線のような大量輸送の緊急事態に対応するのは難しいですが、このような事態に備える対策はないものでしょか。

 
  1. 2011/01/09(日) 16:48:58|
  2. 時事
  3. | コメント:3

ニューイヤーコンサート

 大晦日に小林研一郎指揮のジルベスターコンサートが生中継されていました。紅白終了後の除夜の鐘中継は毎年工夫を凝らしているように思えますが飽きが来ます。そこでチャンネルを回す(実際にはリモコンを押す)とカウントダウンなるものをやっており、曲が終わった瞬間が新年という寸法です。
 この趣向は毎年行われていたようですが私は今回が初めてです。曲はマーラーの復活の終楽章。物の見事に曲の終わりと新年が合致しました。108つの煩悩を晴らすのもいいですが、復活で新年を迎えるのも良いものです。
なにか清々しいものを感じました。(林美智子によるハバネラの妖艶さに参りました^^)

 さて、スカイツリー撮影も撮り尽くした感が自分の中にありましたが、足で稼げば結構有るものです。ストリートビューという飛び道具のおかげでどこからツリーが見えるかの大凡の見当は事前に分かるから便利です。


701_9954.jpg

 画像は曳舟駅前より撮影しました。駅前で撮影しているとスーパーの交通整理のおじさんが親切にも撮影地を教えてくれました。既に知っている場所でしたが有難いものです。 

 前回掲載した高層マンションに隣接された公園は曳舟駅に近いところです。あまり有名になってしまうと住民に迷惑がかかりそうです。ここよりさらに南に歩いたのがこれ↓

701_9930.jpg



 そして踏切の音がする方向へ向かうとこんな感じでツリーが撮れました。


701_9937.jpg
  1. 2011/01/05(水) 15:12:41|
  2. 音楽
  3. | コメント:0

撮り初め&弾き初め&聞き初め

 新年明けましておめでとうございます。本年もつまらないブログにお付き合いをいただけるようで感謝しております。昨年より撮り鉄の回数が激減しており看板に偽りがあるので、今年は少々リニューアルと思い、鉄道の他に音楽の話題も取り上げようと思います。

 鉄道好きの方の中に結構クラシック音楽好きな方がいらっしゃいます。何か共通点でもあるのでしょうか。いつぞや、3軸ボギーの音が運命のダダダダーンに似てると書きましたが、リズムから来るものもあるかもしれませんね。

 本日の鉄道ネタ・
スカイツリーが500mを超えいよいよ佳境に入ってきました。まだ撮ったことの無い撮影場所を探しに東武曳船駅周辺を徘徊してきました。
 駅より少し歩いたところに高層マンションが出来てました。こういう大規模なマンションには必ずオープンスペースの公園が作られており、当該マンションにも有りました。しかし、このマンションの公園はそんじょぞこらの公園とわけが違いました。階段を上ってみてびっくり。


701_9923.jpg

 今日は一人での撮り鉄でしたが、この光景を見て思わず《うぉー》と声が出ました。スカイツリーが一望できる素晴らしい場所です。しかも、目の前には東武曳舟線・伊勢崎線・京成押上線が走っています。

701_9907.jpg

 絶景を独り占め・・・ 振り返ると高層マンションが建ってます。ここの住人には叶わない。高層階に住んでいる方はさながら天守閣にいるようだと思います。

 
・音楽ネタ その1

 お正月のテレビ番組と言うのは俗悪なバラエティーばかりなのでここ数年全く見る気もおきません。と言うわけで暇な時間は楽器で名曲に挑戦。今嵌っているのはラフマニノフのピアノ協奏曲第2番ハ短調。私の好きな運命と同じ調性です。楽譜はネットでロハでダウンロードできます。

 この曲はテレビの《のだめカンタービレ》で有名になりましたが、数多くあるクラシック音楽の中で私が一番好きな曲です。暮のBS放送ではベルリンフィル&ランランのピアノでこの曲を演奏された模様が放映されていました。ラン・ランと言うのは中国人のピアニストですが技術、音楽性が尋常でないほど素晴らしいものでした。いつかはこの曲を弾いてみたい。


 ・音楽ネタ その2

 そんなわけで暇を持て余していたのでCDを買いに近くのタワーレコードへ行きました。元日と本日で実に25枚も購入してしまいました。
 25枚というとかなりの金額になると思われますが、近年CDは値下がりしており、特に輸入版については円高の影響もあるのでしょう、かなり割安です。今日はマーラーとベートーベンの交響曲全集を買ってきました。
 指揮は両方とも私の大好きなバーンスタインです。特にマーラーはバーンスタイン以外は聞きたくないというほど傾倒しています。昭和45年に来日した時の握手とウィンクが今でも瞼に残っています。
 このCD11枚組みでたったの4590円、一昔前まででしたら3~4万はしたのが1/10で手に入ります。円高に喜ぶ一方円高に国が蝕まれており複雑な気分です。


701_9968.jpg
  1. 2011/01/03(月) 16:02:22|
  2. 撮鉄
  3. | コメント:0

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。