Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガッツおじさん

 私が通勤している下車駅で週に一度、元気なおじさんが利用客に《ヨッシ!》と
大きな声で声をかける光景が見られます。

 最初に遭遇したときは訳が分からず、祭り半纏を着た変なオジサンとしか目に
映りませんでした。それが毎週きっちり木曜日の朝に限ってここへ《出勤》し
ガッツポーズをとり威勢よく《よっしゃー》と駅の階段を下りてくる人とガッツ
を取り、《一日頑張って~~^^》と気合を入れてくれます。

 私も最初にこの奇妙な光景は見ているだけでしたが、週を重ねるごとにオジサンに
会うのが楽しみになってきました。

 このオジサン、実は浅草橋駅より徒歩7~8分の居酒屋のオーナーでした。
私の会社とは反対方向のため未だ行ったことが無いのですが、駅頭で見る限り
お店でも親父さん中心に盛り上がっていることでしょう。
たいこ茶屋

img_guts_03.jpg

img_guts_02.jpg

 今日もオジサンが駅頭に立つ木曜日です。オジサンとガッツ出来るように
階段を降りていき、コブシを合わせガッツしてきました。
すると《よっしゃー! 頑張って~》とおもいっきり背中を叩いて送って
頂きました。
 なんだか猪木みたいですが、気合が入っていい気分で仕事ができそうです。

まだガッツおじさんの写真は撮ってないので、HPより転載させていただきました。

スポンサーサイト
  1. 2011/02/24(木) 11:04:44|
  2. | コメント:0

はやぶさ

 3月5日より、いよいよ東北新幹線にE5系 はやぶさ が登場します。処女列車のチケットは40秒で売れてしまったようです。注目のグランクラスのチケットをゲットし誇らしげにインタビューに応じていた青年。無理してるな~~と人の懐具合を心配する私も馬鹿ですね。

 この はやぶさ ついこの間まで熊本まで走っていたかと思ったら、今度は毎日青森まで飛んでいくとは何と奇妙な鳥ですね。未だにこの列車愛称名がしっくりきません。
 
 しかし、なにはともあれ新しい列車の門出は祝ってあげたいものです。私も新しい物好きなので早く乗ってみたいと思ってましたが、以外にも家内から《はやぶさに乗ってみない》と提案がありました。
 
 そうは言うものの、デビュー当初はプラチナチケットなので絶対に取れないと思いつつ、PCで検索するとデビューの一週間後ですが空席がありました。流石にグランクラス・グリーンは満席ですが普通車は空いてました。

 行き先は未定ですが、まずは《はやぶさ》をゲット。これから行き先を考えて・・・・ 旅行目的は観光ではなく単なる乗り鉄のようです。これが本当の本末転倒というものでしょう。

 画像は2008年10月 川崎~鶴見 で撮影した2レ 富士・はやぶさ です。


D20_7051.jpg
  1. 2011/02/20(日) 22:21:42|
  2. 乗り鉄
  3. | コメント:3

スイカDEイコカ

 関東地方で自動改札が登場したのは私が高校を卒業した昭和47年頃だったと思います。首都圏では硬券から軟券に変わりつつ有る中、東急東横線で試験的におこなわれたラミネートされた磁気定期カードを手にしたときは、ずいぶん便利なものが出来たとものだと感心しました。

20090623201359092_20110216163204.jpg


 いくつかの変遷を経て各地でICカードが使われるようになってますが、この便利なICカードの使い方も人それぞれの性格が見受けられます。まずは人物ウォッチング。

 まず一般的なのは定期入れ若しくは財布にいれて改札を通過します。この際にマメなひとはセンサーにきっちりタッチして無事改札を通過していきます。しかし、中には財布の一片をセンサーにかざすだけで通る人もいます。
機械のご機嫌が悪いのか、こういう通り方でも通過できる時と閉まってしまう時とがあります。
 
 さらに強者がおり、ハンドバックをセンサーにタッチさせ通過するご婦人もいますが、見ているとその仕草が滑稽で思わず吹き出してしまいます。

 よく見ていると急いでいる人ほどこの《関所》にひっかかる率が高いようです。機械が閉まった時の本人の気まずさと、次に通過する予定だった人の迷惑そうな顔。朝夕のラッシュ時はこのようなことで《渋滞》が発生しますので呉れ呉れも横着はしないようにしましょうね。

 相手は機械なのでやはりぴったり接触させるほうが宜しいようです。私はICカードを複数枚持っており、通過時の誤作動で人に迷惑を掛けたくないこともあり、いちいち財布から抜き出して通過するようにしています。
 これも性格から来るものなのでしょうか。

 
  1. 2011/02/16(水) 15:38:56|
  2. マナー 
  3. | コメント:2

武蔵野線

 建国記念日に所用で越谷まで行ってきました。非鉄でしたが万が一に備えコンパクト一眼を持参。
少々自由時間が出来たのですかさず撮り鉄に変身です。南越谷駅で入場券を買いホームへ。待つこと数分で貨物列車が通過します。


P1020404.jpg


P1020405.jpg

 待つこと数分・・ これは決して大げさではなく、越谷貨物が近いこともあり、この駅は貨物通過がかなり多いようですね。今度は単機でしたがまたしても貨物通過。
 撮影対象がどんどん減ってくるなか、武蔵野線は首都圏では貴重な存在のようです。自宅からもそれ程遠い距離でもないので次回はダイヤを調べてから来てみようと思います。


P1020410.jpg


 当日の天気予報は雪でしたので、ある程度の積雪を期待してましたがそれ程気温も下がらず霙模様。帰路は東武新越谷で8500を納めて手仕舞いでした。

P1020415.jpg
  1. 2011/02/14(月) 20:33:54|
  2. 撮り鉄
  3. | コメント:3

たーさんのお出かけ便り

 お世話になっているたーサンより、最近画像付きのメールを頂戴するようになりました。
 特急 つばめ のお写真を撮影されている年代ですが、現役でお仕事をされており、お仕事の途中、携帯にて撮影された列車の画像をお送りいただいており、関西の鉄道に疎い私には大いに楽しみとなっています。
 
 先日の日曜日には模型界の大御所、坂本 衛様の運転会が有った由でたーサンも朝から夕方まで参加され、早速そのときの模様を携帯画像でお送りいただきました。


11-02-06_007.jpg

今日は、ほぼ一日模型で遊んでまいりました。久し振りでした。
会場の地元町内会センターの二階に行きましたら、既にHOゲージ
と9ミリゲージの線路で盛んに列車が走ってました。

 もう先に坂本さんもお見えで、早速久しぶりのご挨拶をいたしました。
坂本さんの近作は国鉄古典蒸機1150です。
 部品が売ってないもので、動輪は真鍮棒から切り出して、スポーク
はドリルで数か所穴をあけて作った完全ハンドメイクだそうです。
(今頃、蒸機をいちから自作する人なんかいないそうで、したがって動
輪のパーツなんか売ってないのです。)
 モーターは大阪の電器街 「日本橋」 で買った100円モーター。
牽引する客車は近若鉄道の木造客車。これも同氏作でペーパー
製です。
 快調に走ってました。


 と言うわけで完全なるハンドメイド、完成品をバンバン購入される方々、模型の原典とは何ぞや!と考えさせられませんか。
 はやり模型は0から作るのが基本でしょう。私も坂本様を見習い、出来る限りは手作りを目指して行きたいと思っています。(思ってるだけで全く進んでませんが・・・・)


 11-02-06_011.jpg

 坂本様は御歳〇〇才、当日、運転会が終わるとご自宅までの7キロほどの道程を自転車を漕がれて帰られたとの事。私も坂本様を見習い、リタイア後も鉄道に、模型に、音楽にと情熱を傾けていこうと思います。

11-02-06_009.jpg

KOさんの伝言もお伝えしましたところ、あの 「つばめ」 の処女列車の話
を書いたのをきっかけに、何か、また本を書かれるような御話でした。


 たーさんよりこの坂本様のお言葉を聴いてわくわくし、執筆が楽しみとなりました。

 今後とも、たーさんよりお許しを頂き、《たーさんのお出かけ便り》を掲載できればと思っています。
  1. 2011/02/07(月) 23:00:39|
  2. 交流運転
  3. | コメント:0

マナーについて

 撮り鉄の際にマナーの悪さを感じるのは皆さんも同じことと思います。ホームで、沿線で、目に余る光景を見るのは同じ趣味をもつ者にとっては不愉快です。その場に居合わせた自分も同じ目で見られてしまうのは御免ですね。

 マナーの悪さは撮り鉄だけでは有りません。毎日の通勤時にみられる光景。

 駆け込み乗車についてはその最たるものです。構内放送で注意を促してますが、実を言うと責任は駅側にもあります。
 例えて言いますと、秋葉原駅、総武線のホーム、この予鈴はメロディーの最後がオクターブ上がっています。これを2度繰り返した後間を置いて《ドアが締まりますご注意下さい》というアナウンスがあって初めてドアが締まります。
 
 毎日の通勤で慣れた人はこのタイミングを知っており慌てませんが、そうでない人は1回目のメロディーが鳴るやいなや列車めがけて突進します。一人や二人ではなく数十人がこの動作をするのでさながら運動会の様。
 おちおち歩いてはいられないので突進するバカを見ながら気をつけてホームを歩かねばなりません。

 駅のメロディーのせいにするのも少々無理があるかもしれませんが何か他に方法が無いのでしょうか。首都圏ではどんなに待っても数分で次の電車が来ます。事故を起こす可能性があるほど急ぐ用事があるような忙しい人とは思えません。私が駅員、車掌なら《ドア閉めます》と言った瞬間否応なしにスイッチを押しますが。

 通勤時に気がつくのは、次の駅で降りないのにドアの前に立っている人、この人達は電車が駅に到着しても降りる人ののことを考えておらず降車する人に押されて初めて気が付きます。しかも必ず嫌な顔をしているのが特徴として見受けられるのです。

  恐らく《すぐ降りるから》と本人は思っているでしょう。でも、都内でしたら《すぐ降りる》人ばかり。こういう人が本当に《空気を読めない》人というのでしょう。どうも自分勝手が多すぎます。

 マナーの悪さは駅、車内だけでは有りません。最近気がつくのは町で人とすれ違うときにぶつかりそうになっても避けない人が多いのです。これに気がつき始めるとこういうシーンの多さに驚きます。
 少し前(いつ頃からかわかりませんが)、すれ違うときはどちらともなくお互いによけて譲りあったものです。
 ところが最近はぶつかる寸前まで避けない人が多いのです。いつから日本人はそれほど偉くなってしまったのでしょう。

 ぶつかれば、下手をすると相手方が尋常な人でなかったとすると大変なことになってしまいます。

 私の不満(愚痴でしょうね)はまだ続きます。
  
 携帯電話が老人、子供まで隅々に普及したことも影響しているのでしょう、歩きながら携帯を見たり、メールを打ったりする、所謂《ながら属》が闊歩しています。
 一人に一台という時代ですから仕方のないことかもしれませんが、それ程情報が必要なのでしょうか。傍からみるととても忙しいとは思えないような人も歩きながら携帯をいじっています。

 道路交通法で、運転中の携帯電話使用は罰せられます。安全走行のためには当然の法律です。ならば、歩行中の携帯電話使用は? 自分の経験では話し中は自分だけの世界となってしまい周囲が見えません。ですから非常に危険です。法で罰するというのは行き過ぎなので、マナーとして自覚すべきことと思います。

 笑ってしまうのは、昨日山手線乗車中、京浜東北線と並走した際、窓側に立っている半数以上が携帯電話を見ているのです。それほど日本人にとって携帯って大切なんですね。


 もっと心に余裕を持ち、穏やかに、人に思いやりを持つような日本人になりたいものです。

 画像は昨年奈良を訪問した際の復元された大極殿です。国民が力を合わせ国づくりに励んだ原点に帰り、住みやすい日本を復活させたいものです。


P1010259_20110202170236.jpg


  1. 2011/02/02(水) 16:58:58|
  2. マナー 
  3. | コメント:5

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。