Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スーパーあずさ

 Apple PCの性能は2.5GHzクアッドコアIntel Core i5、です。パソコンに詳しい方なら驚くほどの数値ではないのですが、これが恐ろしく早く感じます。まだアプリケーションをあまり入れてないからかもしれません。それにしても立ち上がりの早さはWindowsの比では有りません。
 いろいろインストールしていくうちに遅くなることを見越し、このたび標準内蔵メモリー4Gbであったところ8GB増設したので12GBとなりました。何が早くなるか、一番感じたのは動画をダウンロードする際の時間が異常に早くなります。

 もう一つ、懸念していたHP作成ですが。膨大な資料をMACに移設する意欲がないのでMACにWindows7を搭載しました。これも追々お話ししますがMAcにしかできない離れ業。これでMACが認識しないブルーレイも認識します。
 
 購入から一ヶ月経ちようやく慣れてきました。あの忌まわしいインターネットエクスプローラーから解放されてほっとしました。マックのサファリは快適に動きます。また別ファイヤーフォックスというブラウザも本当にサクサクと動いてくれるのでストレスがたまりません。

 PCのことをあまりくどくど書いても始まりませんのでたまには鉄ネタを。

 昨日は音楽仲間4人で新宿で飲み会でした。帰路、中央線のホームにたつとスーパーあずさが停車していたので愛用のカメラ、ではなくiPhone4sで一枚押さえておきました。夜間撮影でもばっちり映るところはコンデジと変わりません。便利です。久々の撮り鉄はたった一枚。

IMG_0483 のコヒ#12442;ー

 このスーパーあずさ、前面と連結面の顔が違うということを知らず驚いたことが有ります。画像のドッキングしているところは縦長のヘッドライトが付いてます。
 下記の画像は一昨年撮影した高円寺での一枚。新宿よりで撮影する場合、スーパーあずさが通過する時間は必ずと言っていいほど東西線の上りが高円寺を出発します。ここで2回かぶられましたが、このときは3度目の正直でスーパーあずさが若干遅れたおかげで東西線は彼方へ。

スクリーンショット 2012-01-23 22.37.17
スポンサーサイト
  1. 2012/01/28(土) 21:03:09|
  2. 撮鉄
  3. | コメント:0

Apple iMacに挑戦

 昨年末にApple社のiMacというパソコンを購入しました。パソコンは26年ほど前に購入したPC-6001から数えると10台目位だと思います。Wndows3.1が出てからというもの、ずーっとマイクロソフトできましたがこの度初めてMacに挑戦してみました。
 Macに興味を持ったのは息子が使っており、何やら便利さがWindowsの比較にならないほど良いということを毎日のように聞いていたことによります。

 クリスマスコンサートも終わり一段落、コンサートを成功させるためにかなり熱を入れていたので終わった後には虚無感が残りました。そこで気分転換と思い私もMacに挑戦することにしました。現在のパソコンのOSはwindows VISTAです。XPとまではいきませんがしばしばフリーズ、web上で書いたものが消える。スピードが遅いなどのストレスが溜まっていたので丁度良いタイミングでした。

 使い慣れたWindowsの最新バージョン、高スペックの器材を使用すれば上記の問題など解決すると思いましたが、新しいもの好きとしてはMacは魅力的です。

 そういうわけでついにiMacが我が家にやって来ました。

IMG_0460.jpg


  1. 2012/01/25(水) 12:57:24|
  2. パソコン
  3. | コメント:2

リニューアル

 ブログのテンプレートをリニューアルしました。年頭では今年は撮り鉄をバンバンやっていくと書きましたが、どうもそのようには行かず、今年は元旦に1時間ほど浅草へ行って撮影しただけで何も撮っていません。もう少し暖かくなったらと思いますが。

 鉄友には音楽好きの方もおられますので、この際、鉄&音ということでバックはヴィオリンとなります。ただし、過去の記事の中には大画像で掲載している関係で、写真が大幅にはみ出してお見苦しいところもあります。平にご容赦お願いいたします。

0002179.jpg


 さて、「つばめ動画」でたーサンから貴重なお写真をお預かりしましたが、昨日補足としてのお電話をいただきました。件の写真は昭和32年8月11日に大阪駅で撮影した到着間際の1レとのこと。夏休みなので鉄道少年が展望車を見に来ていると思ったところ、たーサンより外人の子供が写っているとのご指摘をいただきました。
 写真をよく見ますと、ジーパン姿に刈り上げたヘアスタイル、まさにアメリカの少年と言う格好です。昭和32年といえばまだ進駐軍が駐留していたので展望車に乗車してきた将校の子供さんが大阪駅へお出迎えということでしょうか。
 写真一枚でいろいろ想いを馳せるのも実に楽しいものです。このお写真を撮影された11日の一週間前の8月4日に家内が生まれています。
たーサン曰く、
 「奥様がお生まれになった後、55年経って、もう一人の大阪のこれまた鉄道好きの男と知り合い、写真交換やら、メールの交換までするようになったとは、、、不思議なめぐり合わせデス。」
  1. 2012/01/18(水) 14:31:20|
  2. 鉄道史
  3. | コメント:0

特急つばめの動画について

 前回、つばめ の動画をご紹介させていただきましたが、URL書いただけの手抜きとなって
ましたので、改めてリンクを張り直します。

 その一

 その二

 その三

 さて、この動画のその一は品川から東京駅への回送となってます。
この記録で気がついたのは、今までの記録ですと品川客車区より東京駅に
回送されてきた列車は15番線に一度停車し、機関車を切り離して機回しし、
スハ二35に機関車をつけていますが、この動画では、回送列車は東京駅を
通過し、神田寄りに列車を止めています。そしてここで機関車を機回しした
後に15番線に滑り込んでします。
 この動画を撮影したのは東京機関区の機関助士なので装飾はないと思います。
しかし、特急 つばめ を動かす人々 の動画では15番線に入線した列車は
機関車だけ解放し機回ししてるので辻褄が合いません。

 またしても新たな疑問が湧いてきました。当時私は横浜に住んでおり、尚且つ
まだ6歳だったので東京駅の様子など知る由もありません。どなたかここら
辺の事情をご存知の方がいらっしゃいましたらご教示いただければと思います。

 ついでにご紹介させていただきたい動画があります。「線路の友情」を取上げた
映画で、昭和47年、鉄道100年を記念して制作されたものです。
これは「大いなる旅路」とうオムニバス形式の鉄道に関する心温まる逸話を
集めたものです。
 昭和47年に制作したものなので実際の はと 編成ではありませんが、
十分楽しめる内容です。主演は大原麗子、可愛いです。実際の話とはかなり
違ってますがドラマなので目を瞑りましょう。

大いなる旅路




  1. 2012/01/15(日) 09:41:17|
  2. 鉄道史
  3. | コメント:1

お宝画像 つばめ の動画

 特急 つばめ も この寒さでは運休となっておりブログも停滞気味です。

申し訳ないのですが、お詫びとしてYouTubeに載せられているお宝

動画を紹介させて頂きます。

 昭和34年頃撮影の特急つばめ、品川から東京駅に回送されるシーンから

はじまり、京浜東北線から撮影したと思われる並走シーンなど貴重な動画です。

詳しい解説は抜きにしてとくと御覧ください。


http://www.youtube.com/watch?v=I3ZnlgGk3F8&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=QGnM8P-0Hpc&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=8TiH_zTTMk4&feature=related
  1. 2012/01/13(金) 12:45:36|
  2. 国鉄
  3. | コメント:0

寝正月でした

 昨年末より風邪が治らず、年末年始は完全に寝正月。撮り鉄復活8年になりますが年末年始に
まともに撮影しなかったのは今回が初めてです。元日に隅田川へ行くも、風邪が治っておらず
ぶり返す始末。

 そんな訳で寝正月の身としては音楽三昧の日々となってしまいました。ということで今日は
年末年始に放送された音楽番組についてですので興味のない方は恐れ入りますが途中下車と
いうことで宜しくお願いします。

 まず、最近声楽にはまっています。と言うのも10月にソプラノ・メゾソプラノのデュエット
リサイタルを聴いてから火がつきました。幸田浩子・林美智子、いずれも今一番の売れっ子
です。なかなか声楽をナマで聞く機会はなく、しかも最前列で聞いたので印象は強烈でした。
声が一つの楽器と言う感じですね。

 さて、暮れに放送された中で出色だったのはミラノ・スカラ座の「ドンジョバンニ」
「魔笛」です。スカラ座の素晴らしい舞台を居ながらにして見られるのも凄いですが、演奏
演出も素晴らしいものでした。大統領が見に来られるというのも凄いですね。日本と違い
ドレスコードがあるようで、観客は紳士淑女ばかり。日本のようにジーパンという方は
いませんね。オペラがお高く止まっていると言うのではなく、良い音楽を聞くには聞きても
それなりの雰囲気にあう衣装、気持ちで挑みたいものです。
 魔笛の夜の女王を歌われた方、名前は存じ上げませんが、お世辞にも美人とはいえません。
体格はがっちりしており、いかにもイタリア熟女と言う感じですが、コロラチューラソプラノ
は第一級のものでした。

 東急ジルベスターコンサート、これは大晦日から元旦にかけてオーチャードホールで
開かれており、12時前から演奏を開始し、日付が変わると同時に曲が終了するように
仕掛けられてます。昨年は小林研一郎がマーラーの復活を演奏しましたが、時報と同時に
タクトを下ろすというまさにジャストタイミングでした。
 今年は・・・・ 金聖響がボレロを指揮しましたが、時報の4秒前に終わってしまい
????と言う感じ。でもこれは鼻から無理な話です。無理に合わせようとすればテンポ
に影響します。敢えて時刻にこだわらず初志貫徹した金聖響に拍手です。

 ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートは毎年全世界に生中継されており多くの
方がご覧になられたと思います。毎年、シュトラウス親子の曲を中心に演奏するので
マンネリ感がありますが、そこは毎年変わる指揮者が知恵を絞り工夫した曲を披露して
いますが、私としては食傷気味ですた。
 ことしはなんとロシア人のヤンソンスが指揮というのでどんなウィンナワルツが
聞けるのか楽しみでした。ヤンソンスはウィンナアカデミーで勉強しているので
ウィーン・フィルのメンバーとは先輩後輩の仲。素晴らしい演奏を堪能しました。

 3日のニューイヤーオペラコンサートは年々舞台装置が本格的になってきています。
また振付などにも力を入れているようです。長いオペラのほんの一シーンのために舞台
装置を製作する熱意に感心しました。
 出演者の中ではやはり私のお気に入りの幸田浩子さん、林美智子さんが素晴らしかった
です。

 以上、長々と申し訳ありません、寝正月で楽しんだ一部始終でした。

  1. 2012/01/05(木) 13:49:34|
  2. 音楽
  3. | コメント:0

謹賀新年

 あけましておめでとうございます。つまらないblogですが本年も宜しくお付合いお願いいたします。

 弊ブログは鉄ネタが主でしたが、昨年はすっかり音楽ネタに傾いてしまったようで申し訳けありません
でした。今年は鉄ネタもたっぷり仕入れてご披露させていただきたいと思っております。

 元日早々、隅田川へ赴きスペーシアを撮影してきました。スペーシアはスカイツリー開業にあわせ
従来のオレンジ色からブルーへ塗色を順次変えていくそうです。まだ一編成しか無いのでくる確率は
少なく、11:00浅草発の けごん はやはり従来色。次回は下調べして撮影してきますね。

702_1916.jpg

 この記事を書き込み中、東京で震度4の地震が発生。元日早々嫌なものです。今年こそは日本中が
明るくなるよう政治家にばかり頼らず、我々国民が総力をあげ頑張ろうではありませんか。
  1. 2012/01/01(日) 14:40:37|
  2. 近所鉄
  3. | コメント:0

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。