Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

不協和音

 先日の土曜日は定期演奏会終了後の初めての練習でした。練習内容は次回演奏会の曲の譜読み、つまり楽譜を見ながら少しずつ演奏し曲の感じをつかむ作業です。
 次回コンサートの指揮は前回の指揮者の都合で出演かなわず代振りとしてA氏が出演します。A氏は常任指揮者の後輩とのことです。A氏は元プロオケのVn奏者、やはり引退後は好きでアマチュアを指導しているとのこと、先日の定演も聞きに来られたようです。

 さて、オケの挨拶もそこそこでいきなり定演の批判が始まりました。エキストラの金管奏者の批判です。上手い人はいくらでもいるので下手な奴は呼ぶな・・・。これでメンバー全員プッツンしました。初対面で無礼千万。こんな感じの始まりだったのでいくら譜読みとはいえ演奏内容はめちゃくちゃ。当の指揮者もズレているのが分からないほど頭に血が登っていたようです。指揮者が帰ってからは非難轟々、今後の事が思いやられます。
 とんだ不協和音となりましたが、A氏は今期限りなので何とか我慢するか、それとも別の指揮者に委ねるか。私としては交代して欲しいのが本音です。

 さて、定演の話に戻りますが、撮り鉄でお世話になっているHさんがビデオを撮影して下さいました。先日DVDを頂きましたが驚いたのはオケの演奏の前に私がヴィオラを弾いているところを撮影していただいており、そのシーンもバッチリ収まっていました。暗譜が苦手なので巧く弾けなかったのですが、自分が弾いている姿を見るのはまれなので貴重な画像となりました。心より御礼申し上げます。

 まあ、お見せするほどの顔でもないので少々画像を加工しましたが、私の顔を晒します。格好だけは様になってますが、音を聞いたら不協和音に腰を抜かしますので音声はご勘弁を。

無題
スポンサーサイト
  1. 2012/04/24(火) 15:32:42|
  2. 音楽
  3. | コメント:0

都電20系統

 週末に義父が他界し今週はその準備や何やで慌ただしく過ごし、昨日告別式も滞り無く終わり漸く本日より通常業務に就きました。そんなこともあり当然音楽はもちろん非鉄でした。
 非鉄は当たり前かもしれませんが、葬儀の最中、ちょっと鉄してました。と言うのも、私の家のお寺の坊主見習いに鉄ちゃんがいるのです。この御仁、若干25歳、京都の本山に修行に行ってましたが、最近は就職先?であるそのお寺で見習いをしています。お通夜では住職のカバン持ちとして葬儀場へやって来ました。通夜開始までまだ時間もあるので私たち夫婦が住職の接待役です。
 住職との話も間が持てなくなり、私は坊主見習いに携帯に納めてある鉄道写真を見せたりでちょっとした鉄道談義に花開きました。住職も私の鉄ぶりを知っており、にこやかに二人を見守ってました。

 さて、葬儀のお清めは上野池の端にある、うなぎで有名な伊豆栄です。伊豆栄は江戸時代からある老舗、家から歩いていける距離ですが、高級なので法事などでしか利用したことがありません。その伊豆栄、玄関にこんなものが飾られていました。

21.jpg
 
 都電20系統のジオラマです。伊豆栄は不忍池前にありますが、上野公園内にも梅川亭という別館があります。このジオラマは昭和47年に20系統が廃止される以前の状況を再現したようで、梅川亭は鳥居をくぐり階段を登った右側にあります。
 線路の規格を見ると16番ゲージ、固定されてますが今にも動きそうです。

 私は横浜生まれの横浜育ち、この時代の上野周辺は全くわかりません。ただ、一度だけこの地を訪問し20系統を撮影していました。まさかその27年後にこの地に住むとはその時は夢にも思いませんでした。 画像はその時撮影の20系統、都電の軌道は現在動物園の敷地内となってます。

ikenohata.jpg

 件のジオラマの現在地は下図の位置となります。屋台が出てますが、当時もこんな感じだったかどうかは不明ですが池の端(不忍池周辺を地元民は池の端と呼びます)の賑わいが忍ばれます。

無題

 そういうわけで、葬儀中の鉄でした。
 これが本当の葬式鉄??
  1. 2012/04/20(金) 15:21:38|
  2. 都電
  3. | コメント:0

ホームドア

 「只今人身事故で~線が運転を見合わせています」、東京ではこのアナウンス、掲示がうんざりするほど流れています。山手線ではホーム先端に自殺防止の青いライトが設置されてますが、果たしてどれだけ効果があるのか首をかしげます。

 自殺防止の物理的防止手段として首都圏ではホームドアが導入されています。時々利用する都営地下鉄12号線、通称大江戸線にも最近導入され始めました。昨日は所用で大江戸線を利用。上野御徒町では設置作業は終わっており、近日中に供用開始のようです。写真はその供用開始前の珍しい写真です。

IMG_0581.jpg

IMG_0582.jpg

 ホームドアがあるのと無いのでは安心感が全く違います。混雑時、ホームで足を滑らせ・・・・なんて恐怖感がなくなります。次の画像は都営地下鉄三田線の白山駅。

IMG_0588.jpg

 JRでも漸くホームドアの設置が始まり、山手線では恵比寿・目黒で使用されてます。ただ、山手線の利用客数は半端な数ではないので全駅に設置されるのはかなりの時間を要します。自殺防止に役立つのならすべての駅に設置されると良いと思います。 但し、このホームドア、駅での撮り鉄にとっては邪魔者ですね。

 大江戸線ということで線路を見ると何やら真ん中に箱があります。大江戸線はリニアで動いてますが、線路間の箱は電磁石が入ってるようです。これで急勾配の線路もへっちゃらで駆け上るようです。


IMG_0584.jpg

  1. 2012/04/16(月) 18:29:37|
  2. 鉄道施設
  3. | コメント:0

新世界

 ツイッターのフォロワーさんから「ヴィオラ弾きで鉄道好きはドボルザークだけと思ってました」というコメントを頂きました。ドボルザークとはチェコの作曲家で有名な「新世界」という交響曲を作った人です。ドボルザークはチェコ生まれですが、請われてアメリカへ渡りました、「新世界」はアメリカ滞在中に書かれた曲です。

 ドボルザークは作曲家として知らない方はいませんが、何と鉄道ファンだったのです。それもかなりオタクの領域のようです。詳しくはウィキペディアなどに乗ってるのであえてここでは書きません。

 新世界に話が戻りますが、この曲の4楽章、言われてみるとわかるのですが初っ端、蒸気機関車の発進するさまを表している様に聞こえてきます。ジャーラン  、  ジャーラン、  ジャラーン、ジャーラン、ジャラジャラジャラジャラ・・・・タンタンタンタン
ジャーンジャジャジャージャジャーン ジャージャージャジャジャーン(あ~ 疲れた^^)
 曲を知らない方は何がなんだかわからないと思いますが、蒸気機関車がゆっくりと出発する光景を音に置き換えてる様に聞こえてなりません。このあと曲は軽快に流れ・・・最後はゆっくりと駅に到着する。

 その鉄道好きなドボルザークはViolaを弾きました。Violaは地味な存在ですが、弦楽四重奏の「アメリカ」という曲はいきなりViolaのメロディーから始まります。同じ趣味を持つドボルザークになんとなく親近感が湧いてきます。

 ドボルザークが生きた時代は日本では江戸末期から明治末期、この時代の外国の蒸気機関車についての知識は全はなく、当然写真もありません。せっかくですので大正時代から昭和に活躍した9600の写真を張っておきます。1971年青森機関区にて撮影。

9999.jpg

この件について解説したブログがあったので紹介いたします。
ここをクリックして下さい。


  1. 2012/04/12(木) 15:04:42|
  2. 音楽
  3. | コメント:2

拝観料

 撮り鉄も私たちの年代になると体力が続かないこともあって一日中線路にへばり付いていられません。お昼になればお腹もすきます。こういう時、普通ならおにぎりでも買って列車を待つのでしょうがそれでは味気ないので一工夫。かねてから仲間内で考えていた中華レストランで昼食、あわよくば列車を撮影しながら昼食を。ということになり、駅前のとあるビルの、とあるレストランへ行きました。

 ここは高級中華料理で有名なチェーン店です。銀座に本店がありますが、よほどの用事がない限り本店では食事をしません。むしろ値段が高いから行けないと云う方が本当の理由かも。
 しかし、このお店はどういうわけかお値段が都心の70%程度、ランチも税別1500~3000の3種類があります。1500でしたら普段よりちょっと奢って、という許容範囲。

IMG_0572.jpg

エビたまごスープ・サラダ・肉の湯葉巻き・酢豚・蒸しパン・ザーサイ・杏仁豆腐 これで税込1,575円はむしろ安いくらいでした。(味に関しては本店、御茶ノ水店の方が勝ります)この他に、よせばいいのにグラスビールを呑んでしまったのでこの後の午後の撮影は駅前でちょっと撮っただけ。酔いが回り万事休すでした。

 さて、食事しながらの絶景を御覧ください。ただし、この席を確保するにはコツ、、若しくは要領が必要です。遠慮は禁物、堂々と「電車が見えるところ」をご指定ください。

IMG_0570.jpg

 いかがでしょうか、画像は京浜東北線しか写ってませんが、時間を見計らえばカシオペアの後追いや、185系の157系色などが狙えます。但し、開店は11:30なので上りのカシオペアや北斗星は時間的に無理です。

 以上、お店に迷惑にならないよう、くれぐれも節度を保って撮影をお願い致します。老婆心ながら、この御店をランチ以外で訪問する際はそれなりの服装でお願いします^^)

 表題の「拝観料」ですが、撮影するにはお金がかかりますね。本日の拝観料は1,575円(ビール別)、これだけの絶景を食事付きで体験できるのですから拝観料は高くありませんでした。



  1. 2012/04/10(火) 16:38:16|
  2. 撮鉄
  3. | コメント:4

花の色は・・・・

 「花の色は うつりにけりな いたづらに 我が身世にふる ながめせしまに」 小野小町の有名な歌。この季節になるとこの歌が頭をよぎるのは私だけではないと思います。歌の意味を今更講釈しても始まりませんが、サクラの花を人生になぞらえた素晴らしい歌と思います。

 歌の意味はともかく、とうとうサクラが満開になりました。自宅は花見で有名な上野ですが、近すぎるきらいがありサクラの木の下で花見をしたことがありません。

IMG_0561.jpg

 画像は上野恩賜公園内の不忍池のサクラです。本当はこの周辺サクラだらけなのですが、それ以上に人だらけなのでトリミングしました。花見客は花を見ずに人を見るようになる。上野で人見してきた~~~ って感じだと思います。
 この写真を撮った経緯は・・・・。先日のコンサート後の疲労困憊を反省し、一念発起し体力づくりを目的としてジョギングを始め、当日はその初日でした。3日坊主にならぬようにと祈るばかり。

 さて、昨日は本当に久しぶりの撮り鉄をしてきました。お世話になっているH氏・O氏の3人、花見を兼ねた撮り鉄です。撮影場所は今後の混雑を懸念し伏せさせていただきます。(すぐバレますが)

702_2020.jpg

 サクラを絡めた絶景、ブルトレを牽引するEF81、聞くところによると運転訓練車だそうです。珍しいものを見させていただきました。

IMG_0567.jpg


  1. 2012/04/09(月) 14:20:24|
  2. 撮り鉄
  3. | コメント:0

定期演奏会

 3月31日、半年間練習してきた曲の発表の場である定期演奏会がありました。土曜日ですが強風雨のため電車が抑止、遅延により開場時にお客様はまばらでしたが、休憩時間後には会場の半分は埋まったかな?と云う感じでご来場いただけました。

 まずは当日の感想、9:00集合で舞台設営、10:00~12:30までステージリハーサル、14:00~16:00本番、16:30~19:00打上げ、自宅を8:00に出て帰宅が20:00。正味12時間の外出でしたが帰宅後はフラフラになるほど疲れはててしまいました。

 私の信条として、演奏している間に関しては決して手を抜かない。指揮者の先生から、リハーサル中は疲れるのであまり頑張らないようにと助言をいただいたのですが、そのお言葉に反して頑張っちゃったので本番前に既にお疲れ^^

 本番は当然のことながら全力で弾きました。弾きましたとは言え、いくら練習しても弾けないところはありましたが、そこは大學で覚えた「カスミシモ」、弾けないところはあたかも弾いてるように音は最小限に弓を動かす。

 のだめカンタービレで有名になったベートーヴェンの第7交響曲の最後のジャン~~ を弾き終わった瞬間、自分の心の中でブラボーを叫びました。演奏こそ決して上手くないものの、メンバ^ー全員心を一つにして練習してきた成果がでました。本番が一番良かったと思います。

 本日、満59歳を迎えました。この歳でこのような感度を覚える趣味を持ててつくづく音楽をやっていて良かったと思います。

 画像は鉄友のHさんに撮って頂いた集合写真です。

0002459_20120404160828.jpg

忘れるところでした。本来は鉄道のブログでしたが、2足の草鞋を履いてしまい鉄道の話題だけでは続かないことに気が付きました。今後は鉄道中心は勿論ですが音楽の話題もどしどし書いていきたいと思います。
 
 私はクラシック音楽が大好きですが、クラシック以外を聞かないわけではありません。カラオケでの十八番は「津軽海峡冬景色」、演歌も大好き。クラシックは敷居の高い物と思ってらっしゃる方が多いと思いますが、敷居を高くしているのは中高の音楽教育です。音楽室で顰め面して「運命」「田園」を聴いても糞面白くありません。学校の音楽の授業で聞く時間はやめて
生徒さんにカラオケを交えて音楽の良さを教えていったほうが良いのではないかと思います。音楽は気軽に聞くのが一番、クラシックもサビの部分は聞いていて演歌同様痺れますよ。

 ということで3月まではブログの表題が「特急 つばめ の裏事情」でしたが、本日より「Railway&Music」に変えさせて頂きました。今後共宜しくお願いいたします。

 
  1. 2012/04/04(水) 16:08:29|
  2. 音楽
  3. | コメント:0

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。