Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

世情不安

 どうも8月に入ってからというもの、暑いのに増して国際情勢に暗雲が立ち込めてきており更に暑苦しいものとなってます。太古より覇権争いは枚挙に暇が無いが、どう考えても、どう調べても他所のものを自分のものと主張する元首。それに先導されて大騒ぎする国民に腹立たしく思っているのは私だけではないでしょう。
 
 昨日まで仲良かった仲間が突然牙をむき出しにするさまは今後信用に値する国ではなくなってきます。謝れ、謝らない、返せ、返さない。まるで子供の喧嘩。仲裁を申し出ても土俵に登らないというのも自分に非があるのを隠しているとしか思えません。
 国民はそれほど思ってないことについて、元首一人が自分のために国民を扇動していたのでは国民はたまりません。こういう国同士の居座古座で真っ先に迷惑を被るのは国民です。いくらなんでも武力行使はしないにしても、経済制裁という国民生活に直結した行動に出てくるはずです。問題となっておる両国の一番の得意先は我が国です。一元首の意地で我々の生活を乱されては両国民にとって大変不幸なことと思います。

 弱り目に祟り目、痛いところを突いてくる。民主党政権に対しては国民の期待があまりにも大きすぎました。期待の大きさ=長い自民党政権への反発。この段階で解散総選挙を行えば国民は何処へ投票して良いか定まらず、細切れ小政党が乱立し増々混沌としたものになると思います。
 相手国はその弱り目を鋭い武器で突いて来ています。もうどの政党も俺が俺がと言っている時ではないでしょう。いっそのこと、各大臣は党派を超え、その道のエキスパートより選出、なおかつ各大臣から辣腕な人物を首班指名する。現在の国務大臣は素人が多すぎます。これでは官僚からバカにされても仕方ないですね。

 ここは一番、国民全員が政治に目を向け「全日本」として強い政府を作り日本の力を世界に見せつけてはどうでしょう。いつまでも一億総懺悔とは言ってられません。

 
スポンサーサイト
  1. 2012/08/24(金) 15:28:15|
  2. 歴史
  3. | コメント:0

個人輸入

 ここ数年対ドルの円高が進んでおり、最近は1ドル78円で安定してますね。輸出企業にとっては大変ですが、輸入する側は円高の恩恵を享受できるはずです。しかし身近な輸入品を購入するも、どうもその実感が湧いて来ません。恐らく年間契約とやらで為替が変動してもすぐには販売価格に影響してこないせいかと思われます。

 ご存知のように私は弦楽器をやってますが、4本ある弦は消耗品で、私のようなアマチュアでも年に2回張り替える必要があります。現在使用している弦はドイツ製の中程度のものですが、日本で購入すると安くて9800円、高いショップでは12,000円ほどします。月換算すると1ヶ月に2000円はかかるという寸法です。エヴァ・ピラッツィという弦ですが、これはかなり気に入っており、質を落として安い物に変えようとは思いません。

500x496-2010062300005.jpg


 ドル安もそうですが、欧州の通貨危機でユーロが一時期160円位していたのが、現在では96円にまで落ち込んでます。そこで考えたのが個人輸入。ネットでドイツのショップを検索した所、エヴァ・ピラッツィの4本セットが円換算で7,800円で買えることがわかりました。外国語には疎いのですが、ドイツのネットショップに発注してみました。ものの5日位で手元に商品が届いたのは驚きました。さすがはドイツです。仕事は正確、きっちりです。
 個人輸入で思ったのですが、ドイツでは消費税が19%かかっています。聴く所によると生活必需品には低率課税だそうですが、弦などの非必需品は容赦なく高額の税率がかかります。個人輸入の場合は19%の消費税はかからず、日本の税関で購入価格の60%に対して5%の消費税が課せられます。しかし、今回は国際郵便で来たため、税金はかからず。日本の消費税徴収方法は抜け穴だらけですが、こういう個人輸入にきめ細かく課税すれば税収ももっと上がるだろうに。

 昨日は輸入した弦を張り替えました。演奏会が1か月後となりそろそろと思い張り替えましたが、その音の違いにビックリ。弦を張り替えた楽器は3月に購入したものですが、引渡し時には弦を張り替えてから数ヶ月経過していたものと思います。楽器購入時より音が良くなり嬉しくなって、なんでも良いからと思い記念に下手な演奏を録音してみました。
 いつも練習する場所は寝室を兼ねており音響的にはデッドで残響が全くありません。そこで音声編集ソフトを使い0.15秒の残響を掛けてみました。
 結果をお聞かせするのは憚られますので、私の嬉しそうな顔を想像して終わりにして下さい。

IMG_0038.jpg
  1. 2012/08/10(金) 17:56:04|
  2. 音楽
  3. | コメント:0

E6系 こまち

 在来線の盛岡駅は昔日の面影は全くなくがっかり、でもその「がっかり」を生み出した張本人は東北新幹線。東京人にとっては便利ですが、地元民にとっては日常の足としていた在来線よりかなり不便かと思います。
 撮影するものがないので仕方なく新幹線ホームへ上がります。入場券は在来・新幹線共通なので別途料金は発生しません。新幹線ホームへ上がるなり目に飛び込んだのは赤いストライプのE6です。しかもE5と連結していました。E6は来春デビューでいまは試運転の真っ最中。運良く試運転列車に遭遇したようです。

DSC00244.jpg

DSC00239.jpg

 これには珍しく興奮しました。先ほどの「がっかり」も吹き飛び長いホームを小走り。同業者もゼロで撮り放題でした。ちょうどE3こまちが秋田へ向けて出発したのでツーショットをゲット。

20120721110000(1).jpg

 このシーンは動画でも抑えておきました。そしてE5+E6は折り返して東京方面へ静かにスタート。この後は先行して待ち構えるE5とE3小町の合体シーンを動画で撮影で大満足。

20120721103721(1).jpg

20120721103721(2).jpg

20120721103721(3).jpg

 買い物を終えた家内と合流し1時間ほどの撮り鉄タイムも終了。予め購入しておいた駅弁を肴に、地酒で一杯やりながら車窓より流れ行く景色を楽しみました。

DSC00262.jpg



  1. 2012/08/02(木) 18:10:59|
  2. 新幹線
  3. | コメント:0

今昔

 東北旅行も3日めではや帰京です。ホテルの送迎バスで盛岡駅へ到着。帰りの新幹線の時間には間があるため家内は買い物。私は買い物の邪魔になるのでこれ幸いとばかり入場券を購入しホームへ行きました。
 盛岡駅に降り立ったのは昭和43年以来ですから実に44年ぶりです。やたらとホームがある割には人はいないし列車も止まってない。嘗ての東北本線の喧騒は今や昔という感じです。添付画像は昭和43年3月26日の夕方に撮影したもの。ホームは多くの乗降客で賑わってました。

moriokas4303262.jpg

 東北本線の盛岡以北は第3セクターの経営となり、いわて銀河鉄道 という名称に変わっていました。従いまして盛岡駅の改札もJRとは別になっており、ホームも1面のみ、なんとも寂しいものです。

DSC00237_20120801131827.jpg

DSC00254_20120801131826.jpg

 画像の沼宮内行きはこのホームから発着してますが、好摩から別れる花輪線はJRのホームから発着、しかし好摩までは銀河鉄道の線路を走るという摩訶不思議な現象が起きてます。
 
 沼宮内といえばこの先にはかの有名な奥中山があります。その昔は複線を長距離列車・貨物がバンバン走っていたのに比べ、いまでは2両編成の電車が数時間おきにしか走ってません。保線に莫大な費用がかかるのにいつまでもこの状態が続くのでしょうか。

DSC00261.jpg

DSC00258_20120801131824.jpg

 ほんの30分程度でしたが、目の前にハチロクが走っていた遠い昔を思い出しました。その光景がつい最近の出来事のように。

 盛岡駅の今昔でした。
  1. 2012/08/01(水) 13:31:40|
  2. 音楽
  3. | コメント:0

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。