Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

C59

 私が鉄道を撮影した昭和40年前半はぎりぎりですが色々な蒸気機関車に出会う事が出来る年代でした。主要幹線は電化されてましたが、その主要幹線電化で活躍の場を奪われた大型蒸気は各所で立派にお役に立ってました。
 
 そのなかで、かろうじて撮影出来たC59、呉線で161・162・164号機に逢う事が出来たのです。東海道本線全線電化前は特急 つばめ を牽いていた栄光ある機関車ですが、私が出会ったのはローカル線で普通列車を牽くのんびりした姿でした。

無題-スキャンされた画像-10

 画像は糸崎機関区で休憩中の162号機です。呉線はC62、D51がメインで走っており、なかなかC59には出会えずやむなく機関庫内での撮影です。
 C62やC61のような貨物機からの改造ではない新製の蒸気機関車はいいですね。かつてたーサンが撮影された特急 つばめ が偲ばれます。機関庫ではその大きさに圧倒されました。

糸崎機関区

無題-スキャンされた画像-09

無題-スキャンされた画像-14

 次の画像は161号機の横顔、煙突が曲がってるという噂が有り一枚押さえておきました。

無題-スキャンされた画像-13

 さて、機関庫ではC59に逢えたものの、呉線ではC62ばかり走っていてなかなか逢う事が出来ませんでした。
(贅沢な話ですが)ようやくC59が来たと思ったら思い切り失敗しシャッターが切れず、こんな後追いしかとれませんでした。従いましてC59の勇姿は未撮影、残念です。

無題-スキャンされた画像-11








スポンサーサイト
  1. 2013/02/24(日) 17:25:46|
  2. 蒸気機関車
  3. | コメント:0

仲道郁代のモーツアルト

 毎日寒いですね〜 というのが挨拶になってますね。今年は特に寒いです。私にとってはこの寒さは大敵。ちょっと油断すると不整脈が出てしまいます。早くさくらが咲く時期になって欲しいですね。

 今日はまた音楽ネタで恐縮です。サントリーホールで開かれたコンサートに行ってきました。本日の演奏は仲道郁代さんのピアノ、オケは神戸市室内合奏団によるモーツアルトプログラムです。
 仲道さんは華奢な体ですが力強い演奏する事で有名です。今日の曲目はモーツアルトなので骨太の演奏こそ無かったのですが、骨太の指揮を披露頂きました。
 通常のコンサートではピアノ協奏曲には必ず指揮者が付きますが、今日のコンサートはピアニストが指揮をかねた演奏でした。弾きながら指揮をする事を「弾き振り」と言います。弾き振りは通常ピアノに長けた指揮者がします。
しかも、女性のピアニストが弾き振りをすると言うのは聞いたことがありません。

 モーツアルトの20、21番の協奏曲はピアニストにとっても結構難しい曲ですが、仲道さんは指揮をしながらやってのけました。曲が終わればブラボーの嵐。素晴らしい演奏に堪能しました。

 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、仲道さんはスタイル、美貌抜群。というわけでお客の大半は中年のオジさまばかりです。仲道さんを見に来たと思いますが、見るのオマケで素晴らしい演奏が聴けた事で皆さん大満足だったと思います。

 かく言う私もそのオジさまの一人ですが、今日に限っては一人ではなく、とある女性ピアニストと同伴させて頂きました。仲道さんの演奏の素晴らしさは言うまでもないですが、同伴させて頂いた女性ピアニストとの歓談にも堪能しました。今日は音楽をやってて良かったとつくづく思いました。
  1. 2013/02/17(日) 22:01:10|
  2. 音楽
  3. | コメント:0

梅田貨物駅

 大阪駅に隣接している梅田貨物ターミナルがこの3月に廃止になるとニュースで聞きました。大阪については詳しくないのですが、東京に例えると、東京駅の目の前に巨大なヤードが広がっているという感じです。大阪駅は大変貌を遂げてますが、貨物ヤードはそのままの状態で現代まで続いてました。
 この度、その機能を吹田貨物ヤードに移し、跡地は再開発されグランフロント大阪という街になるとのことです。

無題

 いつもお世話になっておりますたーサンより、梅田貨物のお写真をお送りいただきましたのでご紹介させて頂きます。鉄道施設は何処もネットフェンスで囲まれており撮影しにくく、なおかつこの寒さのなか、わざわざ梅田貨物へ足を運び撮影して頂きました。

IMGP1175.jpg

 やはり廃止になるとファンが集まるようで、当日も5~6名のカメラマンがいらしたそうです。梅田貨物を撮影するには最寄り駅は阪急 中津駅です。たーサンも中津駅で下車し撮影。

IMGP1171.jpg
 
 お送り頂いたお写真の中に関空特急の はるか が入っているのには驚きました。大阪付近の複雑な線路は東京の山手貨物に似てますが、はるか は更にそれを上回り、器用に貨物線をとおり関空へ向かうようです。梅田貨物ターミナル廃止後のはるかの経路はどうなるのでしょうか。

IMGP1177.jpg

 最後に貴重なお写真を一枚。

C12.jpg

 昭和30年7月2日、たーサン撮影のC12です。梅田貨物の歴史の一幕。昭和30年代でしたら全国津々浦々、どこのヤードでも見られた入れ替え用タンク車。今となっては大阪梅田貨物の貴重な記録写真となりました。
 
 
 
  1. 2013/02/12(火) 10:25:15|
  2. 貨物
  3. | コメント:0

合宿

 私が所属しているオケは年2回の定期演奏会があり、今年の最初の演奏会は3月9日(土)に開催されます。演奏会本番が一ヶ月前に迫り、強化練習として合宿が有りました。
 例年ですと合宿は1泊2日で行われますが、初日の夜に飲会があり、メンバーの皆さんはお酒が好きで飲み過ぎる嫌いが有り、翌日の練習は参加者が少ないのです。合宿の目的は練習ですが、どうやらそれは二の次で飲会目的で来る不埒者が多いようです。
 今年の演目はベートーベンのエロイカ(交響曲)、モーツァルトの戴冠式(ピアノ協奏曲)と難曲です。飲会でふらふらにならないよう、今年の合宿は日帰りとなりました。

 昨日、その合宿へ行ってきました。場所は目白台にある旧細川公爵邸。3階建てのお屋敷です。昭和初期の建物で東京都の重要文化財に指定されているおもむきのある建物でした。普段は一般公開してないのですが、団長のご尽力で素晴らしいお屋敷で楽しい練習が出来ました。

IMG_0045.jpg

 13:00〜19:00までの6時間、途中小休止が入りますが6時間の猛練習でかなりの成果が有りました。
本番まで練習は残すところ3回、後一歩のところまで来ました。昨日の練習の模様を少しお聴き頂ければと思います。モーツアルト ピアノ協奏曲

この続きは3月9日のコンサートでお聴き下さい。私も頑張って弾きます。
  1. 2013/02/10(日) 22:41:03|
  2. 音楽
  3. | コメント:2

非常時のダイヤ

 2月6日(水)の首都圏の鉄道は前日よりの天気予報に振り回され大混乱となりました。私鉄はほぼダイヤどおりだったようですが、JR各線は50~70%の間引き運転。天気は予想を大きく外れ都内は雪は降ったものの積もるほどでは有りませんでした。
 ダイヤをどのように組んでいるかわかりませんが、前日にプログラムを仕込むのでしょうか。当日の朝、予報が外れて時既に遅し。利用客は通常通りの出勤、通学、しかし運行本数は少ない。これで各駅は大混乱になりました。
 JR曰く、悪天候下で通常通り運行すると遅延、もしくは抑止となれば駅間に長い間列車が停止してしまい乗客に迷惑がかかるとのことです。それはわかるとしてもなぜフレキシブルな対応ができないのか。

 この大混乱で一つの事故がありました。このニュースは「人身事故」としか伝わらず闇に消えてます。私も詳細は知りませんがこの事故は事件かもしれません。
 秋葉原駅で人身事故、ただでさえ混乱していた山手線・京浜東北線はこれで完全にストップ。聴く所によればこの事故で亡くなられた方は飛び込み自殺ではなく、溢れかえるホームから転落し列車にはねられたと聞きました。これが事実であればなんと悲惨なことでしょう。本人はもとより、ご家族はどんな思いでしょう。
 このニュースはどういうわけかこれ以上詳しいことは書かれてません。恐らく単なる事故として処理されてマスコミも聞き逃していることと思います。

 秋葉原駅は山手・京浜東北線と総武線が交差する複雑な構造の駅で乗り換え階段が広いことで山手・京浜東北線のホームが極端に狭くなっています。この狭いホームで毎朝思うことはいつ、誰がそういう目にあってもおかしくないほど乗客が危険にさらされます。
 東北縦貫線が開通すれば上野~東京間のラッシュも少しは改善されるでしょうが、JRがいつまでもこのような緊急時の運行を行なっていればいつかまたこのような悲劇は必ず起こります。

 山手線ではホームドアを順次導入してますが、私の知っている限りではこの3年間で29駅あるうちの3駅にしか設置されてません。これでは全駅にホームドアができるのはいつのことやらわかりません。しかもホーム反対側の京浜東北線には全くホームドアの計画もない。

 JRは今では民間会社となっているので公共事業ではないですが、未だに新幹線のような利益が見込める事業に資金が投資されています。これからの公共事業がメンテナンスを中心に進もうとしている現代、JRも既存路線をもっと快適に利用できるよう努力するのが公共機関としての努めではないでしょうか。
 地震に強い新幹線!と云うキャッチフレーズより、日々の乗客の安心安全につながる仕組みを整備して頂きたいと願うばかりです。御社はもう国鉄ではないのですから。
  1. 2013/02/08(金) 16:36:54|
  2. JR
  3. | コメント:0

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。