Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

車内の冷房

 秩父へは池袋から特急で1時間20分で行けます。今までは温泉と言えば
熱海、箱根、若しくは鬼怒川でしたが既に行き尽くしており新鮮みが有りません。
色々調べた所、秩父でも良い温泉が有るとか。温泉を求めて西武特急に乗って
みました。

DSC00682.jpg

 
 さて、西武鉄道と言う私鉄は全くなじみがなく、今までに数える程しか
乗車経験が有りません。したがって、見る電車、来る電車の形式等知る由も
ない。池袋から乗った有料特急は10000系とか。
 この10000系、モーター音高らかに池袋を出発します。町中をゆっくり
通り抜け、そのうちに直線コースへ出たのでモーター音も収まるだろうと
思ってましたが相変わらずブーンと甲高い音がします。この10000系は
デビューして20年経つそうですが、同年代の東武100系等に比べると
かなり草臥れた感じがします。小田急や東武の特急はロマンスカーと呼ばれ
観光が主目的の車両ですが、西武特急はどちらかというとビジネス特急の
性格が強うそうです。
 モーター音には次第に慣れましたが、もう一つ気になったのが空調です。
秩父からの帰路も同じ10000系を利用しました。乗車当日は残暑も
一段落し外気も28°程度でした。乗車した瞬間、車内はギンギンに
冷えており思わず身震い。そのうちエアコンの温度に体が慣れるだろうと
思ってましたが、1時間経っても一向に慣れず、次第に頭が痛くなって
きました。
 我慢も限界に来たので車掌を捕まえ温度調整をお願いしました。
ところが、車掌の答えは「on OFFしかできないので。。。。。」
私は車両設備に関しては全く知識がないのですが、有料特急の空調と
いうのはこんなものでしょうか。
 10000系は7両編成でトイレは1号車と7号車にしか付いて
ません。通路を頻繁に行き来するのに気がつきましたが、よく見ると
大勢の人がトイレを求めて右往左往してたようです。それもそのはず
ギンギンに冷えたエアコン、お客はクール宅急便の荷物と化してました。

 出来れば乗りたくない優等車両の一つとなってしまった10000系、
改善を希望します。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/29(木) 20:36:07|
  2. 私鉄
  3. | コメント:2

復活蒸気

 遅い夏休みを取り秩父へ行ってきました。今回は家族旅行なので基本的には
撮り鉄はなしですが、秩父と云えばC58、行き先は西武秩父でしたが、チェックイン
までかなり時間が有るので最初からパレオエクスプレス乗車を計画しました。

DSC00662.jpg

 画像は御花畑駅から撮影したものです。一駅前の秩父駅で撮影タイムの
ようで多くのカメラマンが撮影してます。

DSC00667.jpg

 今回の乗車区間は御花畑~三峰口間と云う僅か12kmほどの短い距離
です。この区間をC58は30分かけてゆっくりゆっくり走ります。
 この区間は勾配がきついせいも有りますが、やたら空転するので乗り心地は
最悪、不覚にも少々乗り物酔い気味でした。

DSC00678.jpg

 ガッタンガッタン、老体にムチ打たれC58は終点の三峰口に到着。

 
  1. 2013/08/27(火) 22:11:16|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

路面電車 ふう のバス

 今回の伊勢旅行では思わぬ獲物?にも遭遇しました。

miekotu1.jpg

 昭和36年まで走っていたという三重交通神都線の路面電車を模した路線バスです。
このバスに関しては三重交通のホームページを通して知ってましたが、当日は暑さが
堪えており、このバスについてはすっかり忘れてました。

 宇治橋近くの食堂の2階に上がり昼食を食べに一休みしていた時でした。お~と
電車が~~~~、よく見るとタイヤが付いてます。これが噂の神都線バス。詳しくは
こちらを御覧ください。

miekotu2.jpg
 
 俯瞰すると電車なのかバスなのかよくわかりません。事情を知らない人はなんで
道路を電車が走ってるのかと思われるでしょう。

miekotu3.jpg

 結構よく作りこまれてます。ガーランドベンチレーター、トロリーポールなどなど、
しばし暑さを忘れ電車に見入ってました。



  1. 2013/08/06(火) 17:23:51|
  2. 路面電車
  3. | コメント:2

ヴィオラケースの加工

 先日購入したカーボンファイバー製のヴィオラケースの加工のお話。
まあ、こういう話は鉄道に全く関係がなく殆どの人が興味が無いし、
興味が有るのはこのケースを買った方のみなので聞き流して下さい。

 BAMのケースは非常に良く出来てますが、どういう訳かケースの
底にプロテクターが付いてません。これでは外出先でちょっと縦置き
した時に傷がついてしまいます。
 バイオリンの場合、ビオラよりもっと重量が軽いので、一時的に
縦置きする事無く、ずっと持っている、若しくは背負っているという
想定で底にプロテクターは不要と考えてるのでしょうか。
 ビオラはバイオリンより重いので、やはりずっと持っていると
疲れます。必然的にちょっと置いたりします。特に電車内で腰掛けて
いるときは持ってられないので床に置きます。こうなるとやはり
プロテクターが必要です。

IMG_1476.jpg

これがこうなります ↓

IMG_1491.jpg

 たったこれだけの事ですが、この材料を揃えるにも結構苦労しました。
昔やってた建設業時代でしたら金物屋へ行けばこんな材料はすぐ揃う
のですが、現在、身近でなかなか売ってません。東急ハンズへ行けば
あるのですが、渋谷までの往復運賃、労力を考えるとネットに頼る
しかないと踏みました。

 材料費としては、ゴムが1個23円ですが、この直径僅か20mmの
面積に貼る両面テープ、最低でも10m単位の販売で値段も623円。
更に送料が525円かかるので、このケースの底にかけたお金が
1300円余り。

IMG_1493.jpg

IMG_1494.jpg

 本当でしたらケースに穴をあけビスドメすればテープ代は不要で
済みました。しかし、やはり高額なケース故、失敗を考えると
ドリルで穴を開ける勇気が失せるのが本音。模型のように簡単に
きったはったが出来ない世界です。

 この記事を読まれる方はごく少数のため全く参考にも何もならない
でしょうが、万が一、BAMのケースを購入された方がこの記事を
読んで頂けるようでしたら参考にして見て下さい。
 
 やはりプロテクターが有るのと無いのでは安心感が全然違います。
僅かな部材で1300円は痛いですが、大切な楽器、ケースを守る
1300円は結果的に割安感がありました。






  1. 2013/08/04(日) 11:24:31|
  2. 音楽
  3. | コメント:0

終端ホーム

 ビュッフェで旅の醍醐味を味わってましたがアナウンスが有り早くも
終点の賢島到着を告げます。新幹線に2時間乗ると大抵は飽きますが、
このような珍しい列車に乗ると飽きるどころかもっと乗っていたい
感じです。

 IMG_1448.jpg

 賢島の駅は私の好きな終端ホームとなってます。東京なら上野駅、
小田急新宿駅、大阪なら阪急梅田駅。ホームが行き止まりとなって
この先が無いという、旅をしていて随分遠くへ来たという気分になります。

 賢島は観光の町、さすがです、特急がずらり4本も並んで豪華版です。
IMG_1447.jpg

 感心したのはアテンダントさんのサービスです。しまかぜから降りてきた
乗客に『写真をお撮りしましょうか』と声を掛けます。画像の中にもその
模様が写ってますが、私たち夫婦もその恩恵にあずかりました。とても
気持ちのよいものです。

 この後は、ちょっと撮り鉄・・・・・
marinrand.jpg

 水族館に現れた100系新幹線、ついカメラを向けてしまいました。
水族館では本当はこういうものを撮らないといけないですね。

IMG_1449.jpg

  1. 2013/08/02(金) 14:18:26|
  2. 私鉄
  3. | コメント:0

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。