FC2ブログ

Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

見学ツアー

御料車を直に見られるというのはめったに無いので時間を作って博物館へ行ってきました。

予想通り大勢の見学希望がありましたが、いざ見学が始まるとそれほどこの筋に詳しいと思われる方は少なく、携帯のカメラで撮影される方が半数ほどいました。

30分は少し短いです。そしてやはり中へ入れないというのは感動も半減します。工芸品のような車内に大勢入るのは無理としても何らかの方法で厳選した人に限り見学可能にしていただきたいです。

私も御料車に関しては疎いので大きなことはいえませんが、外から眺めるだけというのも宝の持ち腐れとなってしまいます。

それでも博物館が見学ツアーを開催したのは一歩前進です。



D20_9838.jpg
スポンサーサイト



  1. 2008/10/09(木) 20:28:58|
  2. 鉄道史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<遠足の場としての博物館 | ホーム | 走るサンマ?>>

コメント

オイテ27000

掲示板に「オイテ27000とほぼ同じデッキ」とのご指摘で、これは!と思い、顔を出しました(^_^;
渋い色ですね~ 扇風機も芸術品のような…
昭和40年代、大船工場に供奉車がありましたが、シートが被せられており、残念ながら拝見すること能わず…
間近で拝見できるだけでも、良いのかもしれませんね。
  1. 2008/10/10(金) 19:44:36 |
  2. URL |
  3. 老いて27000 #YZHxoxW.
  4. [ 編集 ]

老いて27000さん この10号御料車は進駐軍に接収されてましたが奇跡的に無傷のようです。列車が国宝に指定された例はないですが、展示されている4両の御料車は国宝級、出なければ重要文化財です。
オイテ27000=老いて27000さんのHN 神々しいです。
  1. 2008/10/11(土) 21:30:33 |
  2. URL |
  3. KO #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsubametenbousha.blog51.fc2.com/tb.php/127-57d15d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる