FC2ブログ

Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

腕か機材か??

昨年は東北の地震で鉄博の岸さん(学芸員)がお亡くなりになるという悲しい年になってしまいました。不慮の事故とはいえ惜しい人を亡くしたものです。岸さんの遺志をついで頂き、鉄博が我々にとって常に気になる存在として育って欲しいものと思っています。

さて、元日の今日、年賀状を見てからひと段落、落ち着かないので宛てもなく撮り鉄に出かけました。

昨年は新兵器のズームが2機加わり、〔やっぱり腕より機械だな^^〕なんて、出来上がった写真を見てほくそ笑んでいました。
でも、またぞろ、今度は夜間撮影に強いカメラが欲しくなってきました。
折りしも1レが3月13日でなくなってしまうということもあり、どうしても高感度撮影可能なカメラが欲しくなってきました。
そうはいってもかなり高価です。試しに手持ちの機材をフル活用してどれくらいの画像が撮れるかを試みてみました。結果はやはり限界があります。
ISO1600、F1.4でも走行写真はとても無理、〔これは腕ではなくやはり機械だ~~~〕と勝手に決め込んでいます。

何でもそうですが買うまでが楽しいですね。今回は高額となるので少しでも安い店を探し、清水の舞台から飛び降りて死んでしまうくらいの決心が必要です。
しかも、大蔵省にバレないように隠密行動です。

本題から大きくそれました。画像は撮り初めの能登編成です。何の不自由も無くよく映ってます。こういうのを見ると〔高いカネ出して新しいカメラを買うことないよ~ もっと腕を磨け~〕と言ったお叱りの言葉が聞こえてきそうです。

今年も宜しくお願いいたします。


200_3540.jpg


スポンサーサイト



  1. 2009/01/01(木) 16:35:02|
  2. 国鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<末期症状 | ホーム | 200円ラーメン>>

コメント

謹賀新年

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

能登のお写真、きれいですね~

新機材、私の場合使いこなしに時間がかかりますので、なかなか考えないですね。KOさん、頭が若いですよ^^
  1. 2009/01/01(木) 19:12:59 |
  2. URL |
  3. 老いて27000@ケータイ #YZHxoxW.
  4. [ 編集 ]

>KOさん、頭が若いですよ^^

老いて27000さん いつも駄洒落を言って頭の回転をよくしてます。でも、子供にいつも
呆れられています。
新しもの好きな性格は一生続くでしょう。
  1. 2009/01/01(木) 20:45:27 |
  2. URL |
  3. KO #-
  4. [ 編集 ]

夜間撮影

コツは光源を探すことです.どんなに高感度のカメラを使っても光源が無ければまともには写りません.
最低限、目に見えていないとフレーミングや柱を除ける等のタイミングもとれません.
場所さえ探せれば、現在の機材で充分撮影可能と思います.
  1. 2009/01/02(金) 00:31:13 |
  2. URL |
  3. 田駄雄作 #-
  4. [ 編集 ]

田駄さん 早速お叱り有難うございます。ご尤もですね。もっと腕を磨かねば。
しかし、FXフォーマットの画像に魅力があります。古いレンズも使用可能なので資産を行かせるメリットもあります。
現場でのレンズ交換も面倒なので2台体制にしたいというのも購入の理由付けとなってます。まあ、ただの新しいもの好きの私です。
  1. 2009/01/02(金) 14:34:12 |
  2. URL |
  3. KO #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsubametenbousha.blog51.fc2.com/tb.php/197-7f1db61b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる