FC2ブログ

Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

若手音楽家について

久しぶりの音楽ネタです。

あまりクラシックを聞かない方もここ数日はニュースで辻井伸行さんのお名前を聞かれたことと思います。アメリカの〔バンクライバーン国際ピアノコンクール〕第1位、しかも全盲、弱冠20歳。
ニュースだけでしか聞いてないのでこれからじっくり聞いてみたいと思います。
辻井伸行

最近は若手の音楽家の活躍が目に付きます。ちょうど私の子供と同じ年代なのでわが子のように嬉しい。バイオリンでは神尾真由子、ピアノではアリサ・沙良・オットー 、神尾さんは23歳、オットーさんは21歳、いずれも神がかり的な音楽です。
特に神尾さんの音楽は作曲家の意図する音楽を引き出すのが自分の仕事と自ら仰ってます。
聞く方によると〔荒い〕とも取れますが、エネルギッシュな奏法より奏でる音楽はまさに作曲者が乗り移ったような感がします。神尾真由子

オットーさんのピアノは井上道義さんが指揮するベートーベンの皇帝で聞きました。アンサンブル金沢というこじんまりした(技術レベルは非常に高い)オーケストラをバックに物凄いテクニックでの演奏、神尾さんのようにオットーさんもベートーベンが乗り移っているように思えてきました。
アリス・沙良・オット


有名なコンクールで1位をとられると大変だな~と思います。聴衆のレベルも高いのでちょっとのミスもゆるされません。〔・・・コンクールで1位だったのにね〕といわれてしまいます。

辻井さんも1位を取ったこれからが勝負です。神尾さん、オットーさんのように世界に羽ばたいて欲しいと心より思っています。いみじくも辻井さんのお父様がインタビューで仰っていました。〔全盲の・・・〕
と紹介されているうちはまだまだです。
素晴らしいお父様だと思います。

画像は既出ですが昨年の東京交響楽団演奏会終了のサイン会の模様です。ベートーベンのバイオリン協奏曲を先に弾き終え、コンサート終了まで井上さんを待ってのサイン会。
一人ひとり丁寧に挨拶されていました。


DSC_1765-1.jpg
スポンサーサイト



  1. 2009/06/16(火) 16:52:19|
  2. 音楽
  3. | コメント:2
<<サントリーホールの一番安い席 | ホーム | 到着8分前>>

コメント

No title

若手音楽家と言えば、ピアニストならば野田 恵、ヴァイオリンニストでは三木 清良かと思ってました(^_^;;; すみません。
  1. 2009/06/16(火) 17:56:17 |
  2. URL |
  3. 老いて27000 #YZHxoxW.
  4. [ 編集 ]

No title

パーカッションは真澄ちゃん、オーボエは黒木君、そして指揮者は我らの千秋様~~

老いて27000さん のだめカンタービレ ヨーロッパ編の続きが映画で上映されます。
来年のお正月映画でその1、春にその2・・・ 楽しみです。

ところで今週末大学オケの飲み会があり、友人の息子に貸し出し中のビオラが
5年ぶりに帰ってきます。これは復帰へのお告げかもしれません。でも30年も
牽いてないので指が動かない、譜面が読めない(老眼で!)
  1. 2009/06/16(火) 20:39:33 |
  2. URL |
  3. KO #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる