FC2ブログ

Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

古いカメラ

私の家に1台の古いカメラがあります。戦前より戦後まで一世を風靡したパーレットです。
これは父の形見として残された唯一のカメラです。
父は鉄道写真は撮りませんでしたが根っからの旅行好きで、北海道から九州まで行ったことの無いところは無いというほどのつわものでした。
取引先の旅行や仲間内の旅行は必ずと言ってよいほど幹事役を買って出ていたようです。
父が亡くなった後に父の友人から聞いた話では〔お宅のお父さんと旅行へ行くと何から何まで、行く先々で手配済みとなっており無駄な時間が1分も無かったよ~ 昼食も予約済みで時間通りに出されるし本当に良いおやっさんだったね~〕と評判は良かったのです。


DSCN1366.jpg

話がそれましたがこの小西六のカメラを買うときのエピソードとして父より聞いた話は・・・・
カメラが欲しくて欲しくて修学旅行へ行く代わりに親に買ってもらったとか・・

この話は良く聞かされました。それ程カメラが好きだったのです。後年、カメラではなく8mm映写機に凝り始めかなりの本数の映像が残されています。
今となっては映写機自体が無いのでいずれテレシネの業者に依頼しなければと思っています。


その父の影響かどうかわかりませんが、私もカメラは小学校低学年の頃からいじり始め、中学生になると贅沢にもペンタックスSVを買ってもらいました。
このカメラで撮影したのが私のホームページを飾っている写真の数々です。
親のすねをかじりすぎた罰が当たり、父は私が大学在学中に他界してしまい親孝行をしそびれてました。
この古いパーレットを見るたびに優しかった父親の顔が浮かんできます。

ちょっと感傷的なのは秋も深まったせいでしょうか。画像は先日御殿山で撮影した300系です。


701_2368.jpg
スポンサーサイト



  1. 2009/11/05(木) 22:13:50|
  2. | コメント:4
<<500系 | ホーム | 世田谷線3>>

コメント

こんばんは。素晴らしいカメラがお手元にあるんですね。古いカメラとしての価値に加えて、思い出が込まれていますね。
ペンタックスSV。SPと共に欲しいカメラでしたが、私はブローニーの方に行ってしまいました。おかげで、撮影枚数がそれ程多くないのが少々残念。
御殿山のお写真、良いですね。ススキがありましたか。東京でも、このような写真が撮れるんですね。勉強になりました。
  1. 2009/11/05(木) 22:38:39 |
  2. URL |
  3. 老いて27000 #-
  4. [ 編集 ]

No title

老いて27000さん このカメラはたぶん昭和11年頃のものと思いますが、既に70年も経過しているのにも関わらずちょっと修理すれば使えそうですよ。なにより皮のケースがしっかりしており当時の革製品の堅牢さが良く分かる製品です。我が家の宝物として残して以降と思っています。
ススキはSさんと一緒に居たときに発見しました^^   ”が無い(謎)
  1. 2009/11/06(金) 20:12:54 |
  2. URL |
  3. KO #-
  4. [ 編集 ]

No title

こんにちは
お父様のカメラ好き、KOさんの今の姿を見れば納得です(笑)
形見のカメラ、大切にしてください。
小学低学年からカメラに親しんでいたとの事。
懐かしいシーンも、しっかりとした画像を御撮りになっているのも納得です。
都内でも探せば季節感があるシーンが撮れるんですね。
  1. 2009/11/07(土) 13:17:47 |
  2. URL |
  3. 健ちゃん #fF22fm5Q
  4. [ 編集 ]

No title

健ちゃん

たぶんあの世に居る父はあきれていると思いますよ^^
  1. 2009/11/09(月) 22:34:10 |
  2. URL |
  3. KO #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる