FC2ブログ

Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

マニュアル撮影

40年も前に蒸気機関車を追いかけていた頃のカメラは当然のことながらマニュアルフォーカスでした。
当時は〔自動〕などは無かったのでこれが当たり前。相手は動く機関車列車でしたが器用にピントを合わせることが出きました。時代は下り現代ではすべてが自動的に行われ極めて簡単に綺麗な写真が撮れてしまいます。
こんな自動万能の時代にあえてマニュアルで撮影しようと言うのは天邪鬼的なかんがえでしょうか。


IMG_0019.jpg

先日購入したばかりのこのカメラ、アダプターを付けるだけで今まで所持していたレンズを装着できます。露出は連動しますがピンとはマニュアル。ファインダーは無い(売ってます)のでライブビューで見ながらの撮影です。
本日早速近所で試し撮り、しかも夜間撮影と言う悪条件。F1.4 1/250 ISO1000 40年ぶりのマニュアルフォーカスにちょっと戸惑ってますがこれは嵌りそうです。


P1000173.jpg
スポンサーサイト



  1. 2009/12/09(水) 23:07:24|
  2. レンズ
  3. | コメント:2
<<武蔵野 | ホーム | 残念なニュース>>

コメント

こんばんは。オートフォーカスだと、前照灯を拾ってしまい、ピントが外れることがあるので、マニュアルにすることがありますね。
焦点のみならず、露出もオートだから、現在は正にバカチョン!(死語) TTLは、私にとって贅沢品でした。
仕事は困りますが、趣味なら、不便な方が味があります^^ LPなんか、先ずクリーニング。針を落とすのも慎重に。だからこそ、音に、有り難みがありました。正に趣味、嗜好の問題ですが…
  1. 2009/12/10(木) 21:55:05 |
  2. URL |
  3. 老いて27000 #YZHxoxW.
  4. [ 編集 ]

No title

老いてさん TTLなんて懐かしい! 私が最初に手にした一眼はペンタックスのSV、マニュアル露出、マニュアルフォーカス。SPのTTLが羨ましかったです。でも器用にピントを合わせ、感で露出を取っていたものです。
今となって、またこの操作を味わえるとは思っても見なかったです。最新のカメラにオールドレンズを付けるという奇妙な感じにちょっと嵌りかけています。
  1. 2009/12/11(金) 21:33:43 |
  2. URL |
  3. KO #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる