FC2ブログ

Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

三脚不要論

 東京のサクラは満開となりどこもかしこも人人人であふれています。先週訪問した飛鳥山は少々早かったのですが、今週は満開で大勢の花見客が訪れていました。

 そんななかで新幹線400系が単独で走るという情報があり混雑覚悟で王子へ行ってきました。北トピア展望室に上がった瞬間驚きました。花見客で混んでいるのは覚悟してましたが、窓際にずらりと並んでいるのは明らかに鉄道撮影目的でカメラを持った人ばかり、それも多くが三脚を立てて物々しい格好をしています。

 過去に何度も三脚について触れてますが、私はこれほど無駄な物体は無いと思っています。
俯瞰撮影で何故三脚が必要なのか? それほど早くない新幹線撮影でスローシャッターでも切るの?
 
 私の隣に40前後の方が三脚にステーを付け、キャノンの最上級機種のデジ一を2台も並べ、数十万はするだろうレンズを装着し、おまけにレリーズを2本付けて・・・・・・・
あまりにも物々しい装備を見て〔凄い装備ですね~〕と話しかけても無言・・・・・この方、装備は凄いですがヘボな写真しか撮れないと断言します。現場で誰とも話さないようなヤツにいい写真なんて撮れる筈がない(かなり怒っている私・・)

 こんなヤツはこの瞬間無視、右隣にいらした同年代の方、高校生と暫し鉄談義。この高校生、小さな声で〔何でこんなところで三脚なんか使うんでしょうね?〕と苦笑い。この高校生の方が良くわかってました。

 ところで、素人の私が三脚不要論を唱えてますが、プロの方でも三脚は不要と仰る方のブログを見つけました。

http://pchansblog.exblog.jp/1523903/


 フィルム時代ならともかく、高性能となったデジカメ、今では三脚を使う機会は限られています。私が唯一三脚を使うとしたらバルブ撮影のみ。ISO6400、しかもその3倍まで増感できるので無用の長物。いくら三脚を立てても列車の振動で地面が動いたら終わりですよ。


701_6397.jpg


 画像は不意打ちを食らって慌てて撮った後追い、正体はEF510502+24系6連の訓練車。EF81にとって代わるEF510北斗星色はカッコいいですぞ~
スポンサーサイト



  1. 2010/04/03(土) 16:29:19|
  2. 撮り鉄
  3. | コメント:2
<<三脚不要論 その2 | ホーム | 新入社員>>

コメント

困ったもんですね

KOさんこんにちは。
公共の場に三脚、まして休日で混雑しているのに
いい年して何を考えているんですかね。
困ったもんですね。
高校生でもおかしいと思うのに!!
機材を自慢しているのでしょうか?
想像しただけで腹が立ちます(-_-メ)
帰りに不意打ち!!
消化不良だったのではないでしょうか(笑)
  1. 2010/04/04(日) 12:03:24 |
  2. URL |
  3. 健ちゃん #fF22fm5Q
  4. [ 編集 ]

三脚不要論大賛成

KOさん、こんにちは。

「三脚不要論」大賛成です。
私も、原則として写真撮影には三脚は使いません。
持っていくのは、「カッコウ」が重視される(笑) いわゆる「お立ち台」での記念撮影と
夜間撮影時かセルフタイマー撮影時くらいですね。

「アングルを固定できるメリット」がよく強調されますが、
昔のようにDPEは写真屋さんまかせで、自分でトリミングするのは難しかった
時代ならイザ知らず、デジタル時代になって、画像補正は、クリックひとつで素人でも
簡単にできてしまいます。

それより、シャッターを押す瞬間まで、機動的に(本音は迷いながら(^^ゞ アングルを
変えられる手持ちのほうが、より鉄道写真に向いていると思うのですが・・・・
  1. 2010/04/04(日) 12:51:54 |
  2. URL |
  3. なかっちょ #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる