FC2ブログ

Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

ディゼルカー

 私の年代では鉄道といえば蒸気機関車が最大の撮影対象でした。とは言っても、昭和40年代前半で蒸気機関車は既に幹線からは撤退し、地方の主要路線が活躍の場でした。北は宗谷本線、西は呉線まで蒸気機関車を追いかけたものです。

 時代は下り、蒸気機関車は〔復活蒸気〕などと変な名前がついてめづらしがられていますが、私たち蒸気世代では目の敵だったディーゼルカーが脚光を浴びています。そのディーゼルカーも一時は様々な模様に塗られていたようですが、ここに来て国鉄色と呼ばれるツートンカラーに戻されて注目されているようです。


 先日は鉄友4人で千葉県の久留里線で活躍しているキハ30を撮影してきました。私は非鉄時代が30年以上もあり、完全に鉄道から離れていましたが、久留里線で活躍しているキハ30を見て30年もの時が流れているのにも関わらず、まるで昭和40年代にタイムスリップしたような錯覚にとらわれました。

701_7046.jpg

701_6937-1.jpg


701_7067.jpg

 私は元来ディーゼルカーが嫌いでした。何故? 非冷房であった40年代の夏、窓を開ければディーゼル独特の排気ガス、そして垂れ流しの糞尿の臭い。これが鼻についており、出来ることであれば客レを選んで乗っていたのです。
しかし、そんな昔のノスタルジーはすっ飛んで、今ではディーゼルカーが貴重な存在となって、嘗て目の敵にしていたのが何だか後ろめたいように撮影している次第です。
 久留里線を走るキハ30は国鉄色に塗色され、さながら昭和40年代のローカル鉄道の再現でした。友人と共にこれを一日追いかけ40年前の長閑だった時代を思い浮かべました。


kiha17.jpg


kiha172.jpg

スポンサーサイト



  1. 2010/05/11(火) 21:15:35|
  2. 鉄道史
  3. | コメント:0
<<北国のはやぶさ | ホーム | 中華料理&鉄>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる