FC2ブログ

Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

マナーについて

 撮り鉄の際にマナーの悪さを感じるのは皆さんも同じことと思います。ホームで、沿線で、目に余る光景を見るのは同じ趣味をもつ者にとっては不愉快です。その場に居合わせた自分も同じ目で見られてしまうのは御免ですね。

 マナーの悪さは撮り鉄だけでは有りません。毎日の通勤時にみられる光景。

 駆け込み乗車についてはその最たるものです。構内放送で注意を促してますが、実を言うと責任は駅側にもあります。
 例えて言いますと、秋葉原駅、総武線のホーム、この予鈴はメロディーの最後がオクターブ上がっています。これを2度繰り返した後間を置いて《ドアが締まりますご注意下さい》というアナウンスがあって初めてドアが締まります。
 
 毎日の通勤で慣れた人はこのタイミングを知っており慌てませんが、そうでない人は1回目のメロディーが鳴るやいなや列車めがけて突進します。一人や二人ではなく数十人がこの動作をするのでさながら運動会の様。
 おちおち歩いてはいられないので突進するバカを見ながら気をつけてホームを歩かねばなりません。

 駅のメロディーのせいにするのも少々無理があるかもしれませんが何か他に方法が無いのでしょうか。首都圏ではどんなに待っても数分で次の電車が来ます。事故を起こす可能性があるほど急ぐ用事があるような忙しい人とは思えません。私が駅員、車掌なら《ドア閉めます》と言った瞬間否応なしにスイッチを押しますが。

 通勤時に気がつくのは、次の駅で降りないのにドアの前に立っている人、この人達は電車が駅に到着しても降りる人ののことを考えておらず降車する人に押されて初めて気が付きます。しかも必ず嫌な顔をしているのが特徴として見受けられるのです。

  恐らく《すぐ降りるから》と本人は思っているでしょう。でも、都内でしたら《すぐ降りる》人ばかり。こういう人が本当に《空気を読めない》人というのでしょう。どうも自分勝手が多すぎます。

 マナーの悪さは駅、車内だけでは有りません。最近気がつくのは町で人とすれ違うときにぶつかりそうになっても避けない人が多いのです。これに気がつき始めるとこういうシーンの多さに驚きます。
 少し前(いつ頃からかわかりませんが)、すれ違うときはどちらともなくお互いによけて譲りあったものです。
 ところが最近はぶつかる寸前まで避けない人が多いのです。いつから日本人はそれほど偉くなってしまったのでしょう。

 ぶつかれば、下手をすると相手方が尋常な人でなかったとすると大変なことになってしまいます。

 私の不満(愚痴でしょうね)はまだ続きます。
  
 携帯電話が老人、子供まで隅々に普及したことも影響しているのでしょう、歩きながら携帯を見たり、メールを打ったりする、所謂《ながら属》が闊歩しています。
 一人に一台という時代ですから仕方のないことかもしれませんが、それ程情報が必要なのでしょうか。傍からみるととても忙しいとは思えないような人も歩きながら携帯をいじっています。

 道路交通法で、運転中の携帯電話使用は罰せられます。安全走行のためには当然の法律です。ならば、歩行中の携帯電話使用は? 自分の経験では話し中は自分だけの世界となってしまい周囲が見えません。ですから非常に危険です。法で罰するというのは行き過ぎなので、マナーとして自覚すべきことと思います。

 笑ってしまうのは、昨日山手線乗車中、京浜東北線と並走した際、窓側に立っている半数以上が携帯電話を見ているのです。それほど日本人にとって携帯って大切なんですね。


 もっと心に余裕を持ち、穏やかに、人に思いやりを持つような日本人になりたいものです。

 画像は昨年奈良を訪問した際の復元された大極殿です。国民が力を合わせ国づくりに励んだ原点に帰り、住みやすい日本を復活させたいものです。


P1010259_20110202170236.jpg


スポンサーサイト



  1. 2011/02/02(水) 16:58:58|
  2. マナー 
  3. | コメント:5
<<たーさんのお出かけ便り | ホーム | 583系>>

コメント

いつも、楽しみに拝見しています。

全く同感です。
あと、学生さんに多いのは、ipodなどの音楽携帯プレーヤを聞きながら自転車に乗っている人ですね。
これって、街の音、車の接近に注意が行かない分、交通事故の元になりますし、後ろからの犯罪にも巻き込まれやすいと聞いたことがあります。

街のいろいろな音、いろいろな景色を楽しむゆとり、余裕があってもいいと思います。

失礼しました。
  1. 2011/02/02(水) 18:35:02 |
  2. URL |
  3. でぶねこ #-
  4. [ 編集 ]

 でぶねこさん いつもご覧頂いているとのことで有難うございます。年寄りのつまらない愚痴にご賛同頂き感謝しております。
 
 私も音楽は大好きでイヤーフォンで歩きながら聞くときもありますが、周囲の音が聞けるくらいの音量にしておかないと危険です。いつも音楽に接していられる環境は良いと思いますが、ものごと程ほどが良いようです。
  1. 2011/02/02(水) 22:12:23 |
  2. URL |
  3. KO #-
  4. [ 編集 ]

北陸線の小駅にて

こんにちは。
マナーとは、直接関係ありませんが、

前に、正月寒波で、鳥取方面の国道で雪に閉じ込められたひとを地元の人たちが助けた話を取り上げられてましたが、
今日の朝日新聞の関西版に、「この前の大雪で途中駅に立ち往生した北陸線の特急の乗客に駅前の人たちが炊き出しのボランティアをした。駅には、そのお礼の手紙や電話が届いている。」
との記事が出てました。

地方の小駅と都会の巨大駅を一概に比較はできませんが、まだ人情も思いやりも底まで落ちたものではないようにも思います。
  1. 2011/02/04(金) 21:24:56 |
  2. URL |
  3. なかっちょ #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

マナーについてですが、年々便利な世の中にはなりますが、
便利すぎてわがままになってると思います。
コンピューターは自分の思った通りに動きますので、
他人に対してもそれを要求してるのではないでしょうか。

自分は接客業で20年働いていますが、一般常識が欠けている方が
非常に多いです。
自己中の人の子供は親を見ますから更に酷くなってますね。

世の中一度不便で物を大事に使っていた昭和20・30年代に戻って
みたほうがいいのかもしれませんね。

自分は昭和46年生れですが昭和30年代の鉄道や街並みのほうが好きです。
  1. 2011/02/05(土) 03:41:57 |
  2. URL |
  3. にしやん #-
  4. [ 編集 ]

なかっちょさん 
 北陸線の大雪で36時間も閉じ込められた件ですね。
こう言う話を聞くと日本もまだ捨てたものではないですね。特に地方へ行くほど人情があるように思えます。
 都会では自分勝手な人ばかり。見てみぬふりする方が大半でしょう。

にしやんさん 
 仰るとおりコンピューターは自分の言うことを聞きますね。なるほど、一利あります。人間は生身なのでそうは行きませんね。日本人はいつからこんなに寂しい人間になってしまったのでしょうか。現在の日本の凋落を象徴しているかのように思えます。
  1. 2011/02/06(日) 21:14:12 |
  2. URL |
  3. KO #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる