FC2ブログ

Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

スーパーオーディオ

 オーディオに詳しい方ならご存知と思いますが、コンパクトディスクに
SACDという規格があります。これはスーパーオーディオと言い、通常
のCDでは再生限界周波数が20KHZのところSACDは100KHZ
と桁違いなダイナミックレンジとなっています。
 もっとも人間の耳で識別できる限界はは20KHZなので、とても100
KHZなんていう音は聞くことが出来ないはずです。しかし、このSACD
、はじめて聞いたのですが音の抜けが良く、今までのCDで聞く音を例える
と鼻づまりが解消した位にクリヤーに聞こえます。

 そのSACD、ついに手に入れました。プレーヤーそのものも5万円弱と
お手ごろ、しかし、CDは盤面の単価が高いことと生産量の少なさから1枚
当たり3500円程度と高価です。

手始めにショパンを得意とする仲道郁代のCDを購入してみました。

 仲道郁代

COGQ-49.jpg

 ここでの演奏はピアノを含め古楽器で演奏されているので、音の派手さは
ありませんが、19世紀のヨーロッパの香りが感じられる素晴らしい演奏で
す。
SACDによる演奏は、ダイナミックレンジの広さもあり、豊かな音空間を
提供してくれます。聞いていると日頃の煩悩など何ほどでもないと思えてく
るから不思議です。いい音楽をいい音で聞けるという至上の喜びを感じました。

 美人の仲道さん、華奢な体ですが、演奏はとても骨太です。私お勧めのCDです。




スポンサーサイト



  1. 2011/03/03(木) 21:07:50|
  2. 音楽
  3. | コメント:0
<<初物 | ホーム | ガッツおじさん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる