FC2ブログ

Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

ショパンはお好き?

 最近ショパンの曲に嵌っており今年になって既に10枚程のCDを購入しています。
弦楽器を弾いているのにピアノ曲を聞くのも変わっているかもしれませんが、弦
楽器を弾くのはあくまでも趣味。聴くことに関しては楽器は問いません。しかし
ながら、今まではピアノ曲と言えばベートベンのソナタを中心に、他の作曲家で
はピアノ協奏曲が殆ど。ピアノソロに関しては全くの素人です。

 ショパンの曲で誰もが知っているのが[別れの曲][子犬のワルツ][雨だれ]
などの練習曲・前奏曲でしょう。たとえ題名を知らなくとも聞いたことがある
ほど日本人にも馴染み深い曲を多く作曲してるのがショパンです。

 ショパンを聞いていると何故か高ぶった気持ちも落ち着いてくるから不意義
です。つい最近購入したバラード全集。奏者はルビンシュタイン。録音は1960年
頃と古いですが、現代の技術を駆使してまるで昨日収録したばかりのように聞こ
えて来るほどみずみずしい音がスピーカーから流れます。

 
 
 バラードというと切々と歌い上げるラブソングを思いうかべますが、ショパン
のバラードはさりげなく自分の気持を歌っているかに聞こえます。私の好きな
第3番は出だしは切ないメロディー、その内気分がだんだん高揚して激しく。
スミマセン、表現しようがないのですがとにかく心が洗われるような名曲なの
です。
 録音された年が1960年といえば青大将が走っていた時代です。当時のアメリカ
の技術の高さには改めて驚きました。もう一つ驚くのはこのCDが送料は別として
わずか550円で買えることです。このCD、発送はイギリスです。私が注文して
手元に届いたのがわずか6日後、送料は340円。同じものを日本のレコード店へ
赴き購入すれば交通費別で2000円程度です。いくら円高とは言えこの安さ
には驚愕です。
 
 サガンの小説に《ブラームスはお好き?》と言う小説があります。表題の
《ブラームスは・・・》の行は特に意味は持たず、主人公が意中の人をデート
でコンサートに誘う時に吐いた台詞です。私がタイムマシンに乗り30年前の
自分と出会ったら、その自分に《ショパンはお好き?》の台詞を使い彼女を
口説け・・・と教えたいです。ショパンの甘い旋律は女性の心をくすぐること
請け合いです。
スポンサーサイト



  1. 2011/04/18(月) 17:42:08|
  2. 音楽
  3. | コメント:0
<<オーディオ遍歴 | ホーム | 飛鳥山>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる