FC2ブログ

Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

繋温泉~中尊寺

 今回の旅行は(今回も)往復の鉄道切符と宿泊がセットされたパック旅行。しかしパック旅行といっても鉄道の時間だけが決まっており他は全て自由行動。こういう旅行が一番気兼ねなくて私には合ってます。
 
 鉄道車両の哀れな姿を見て複雑な気持ちで小岩井農場をあとにして宿泊先の繋温泉を目指します。小岩井農場から繋温泉まではバスで30分ほど、しかし、双方ともかなり有名な観光地・温泉ですが、双方を連絡する交通機関は一日に数本しか無いバスのみです。繋温泉の眼の前に広がる御所湖は人造湖です。久しぶりに綺麗な夕日を見ました。

DSC00235.jpg

 格安の旅行にしては格式の高い旅館、美味しい料理が用意されてます。往復の新幹線料金にプラス数千円で採算は合うのか旅行会社の懐具合も気になるところです。

DSC00163.jpg
DSC00167.jpg

 翌日は中尊寺方~毛越寺見学を予定してました。さすがにこの日は非鉄と覚悟してましたがバスの車窓よりちらちら見える東北本線が気になります。嘗ては長距離列車・貨物がバンバン走ってましたが、現在では2両編成の列車ばかり。それも運行間隔がかなり長くいつ出くわすかわかりません。
 中尊寺の参道の急勾配を登ると「弁慶堂」という社があります。その社の前に素晴らしい俯瞰場所がありました。

DSC00175.jpg

 俄然撮り鉄の血が騒ぎました。しかし、携帯で時刻表を見ると暫く何も通らないようなので撮影は諦め、世界遺産の金色堂をとくと拝んで参りました。
 半分は諦めてましたが、帰路同じ場所に立つと10分後に普通列車が通過することがわかったのでカメラを用意。持ち合わせはコンデジなので思うようには撮れませんが、何とか列車をカメラに収めることが出来満足!

DSC00183.jpg
DSC00186.jpg
スポンサーサイト



  1. 2012/07/27(金) 15:35:19|
  2. 旅行
  3. | コメント:2
<<今昔 | ホーム | SLホテル>>

コメント

中尊寺の東物見ですね。
ここから見る風景が好きでした。
衣川が北上川に合流し、そこに東北本線。対岸には束稲山が見えるところ。
しかし数年前に行って風景が激変しているのには、驚きを越えて幻滅でした。何も懐古趣味だけではありませんが、なんでもかんでも近代化というのはどうなんでしょうかねえ。特にこのあたりは歴史的遺産の価値があるはず。それらを壊してなんの世界遺産なのでしょうか。
  1. 2012/08/29(水) 09:57:57 |
  2. URL |
  3. とっしー #-
  4. [ 編集 ]

とっしーさん はじめまして ようこそおいでくださいました。よろしくお願いいたします。

中尊寺訪問は2度目ですが、1度目は40年以上も前の修学旅行の時なので風景は全く覚えてません。この大カーブを見て現況でも興奮したのですから、昔の情景で、しかも蒸気機関車が走っていたら相当な激パとなるでしょう。

バスの運転手さんのお話では治水の関係で堤防などの工事をしたことでかなり風景画変わったそうです。昨今の水害を考えるとやむを得ない工事かもしれません。
平泉周辺で家を新築したり改造したりする前に、必ず発掘調査してからでないと着工許可が有りないそうです。これは今でも発掘すると遺跡が出てくるからだそうです。
中尊寺から俯瞰、1000年前は藤原氏とその家来が住む邸宅が一面に建っていたのでしょうね。
  1. 2012/09/01(土) 11:05:11 |
  2. URL |
  3. KO #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる