FC2ブログ

Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

個人輸入

 ここ数年対ドルの円高が進んでおり、最近は1ドル78円で安定してますね。輸出企業にとっては大変ですが、輸入する側は円高の恩恵を享受できるはずです。しかし身近な輸入品を購入するも、どうもその実感が湧いて来ません。恐らく年間契約とやらで為替が変動してもすぐには販売価格に影響してこないせいかと思われます。

 ご存知のように私は弦楽器をやってますが、4本ある弦は消耗品で、私のようなアマチュアでも年に2回張り替える必要があります。現在使用している弦はドイツ製の中程度のものですが、日本で購入すると安くて9800円、高いショップでは12,000円ほどします。月換算すると1ヶ月に2000円はかかるという寸法です。エヴァ・ピラッツィという弦ですが、これはかなり気に入っており、質を落として安い物に変えようとは思いません。

500x496-2010062300005.jpg


 ドル安もそうですが、欧州の通貨危機でユーロが一時期160円位していたのが、現在では96円にまで落ち込んでます。そこで考えたのが個人輸入。ネットでドイツのショップを検索した所、エヴァ・ピラッツィの4本セットが円換算で7,800円で買えることがわかりました。外国語には疎いのですが、ドイツのネットショップに発注してみました。ものの5日位で手元に商品が届いたのは驚きました。さすがはドイツです。仕事は正確、きっちりです。
 個人輸入で思ったのですが、ドイツでは消費税が19%かかっています。聴く所によると生活必需品には低率課税だそうですが、弦などの非必需品は容赦なく高額の税率がかかります。個人輸入の場合は19%の消費税はかからず、日本の税関で購入価格の60%に対して5%の消費税が課せられます。しかし、今回は国際郵便で来たため、税金はかからず。日本の消費税徴収方法は抜け穴だらけですが、こういう個人輸入にきめ細かく課税すれば税収ももっと上がるだろうに。

 昨日は輸入した弦を張り替えました。演奏会が1か月後となりそろそろと思い張り替えましたが、その音の違いにビックリ。弦を張り替えた楽器は3月に購入したものですが、引渡し時には弦を張り替えてから数ヶ月経過していたものと思います。楽器購入時より音が良くなり嬉しくなって、なんでも良いからと思い記念に下手な演奏を録音してみました。
 いつも練習する場所は寝室を兼ねており音響的にはデッドで残響が全くありません。そこで音声編集ソフトを使い0.15秒の残響を掛けてみました。
 結果をお聞かせするのは憚られますので、私の嬉しそうな顔を想像して終わりにして下さい。

IMG_0038.jpg
スポンサーサイト



  1. 2012/08/10(金) 17:56:04|
  2. 音楽
  3. | コメント:0
<<世情不安 | ホーム | E6系 こまち>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる