FC2ブログ

Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

星 晃 氏の証言

 先日、お世話になっている秋田のHOさんよりお電話を頂き、鉄道界の大御所、星晃氏が93歳でご逝去されたことをお聞きしました。星氏の経歴はここで改めてご紹介するまでもありませんが、10系客車や151系電車など数多くの車両を設計された技術者です。
 
 秋田のHOさんは鉄道友の会を通じて星氏にお会いになる機会を持てそうとお聞きしていただけに、突然お亡くなりになられたことで永遠にその機会を逸してしまい非常に残念がっておりました。

 マイテ病患者(アッキーさん、秋田のHOさん、私)の3人はマイテ3911に関しての謎解きを常日頃念頭に置いておりまして、出来ることなら有識者にお会いして謎を解明し白日のもとに晒したいと願っていました。星氏は戦後のマイテ39の改造にも携わられていたらしいので残念です。

 何か資料はないものかと思い、先日古本サイトを探していたところ、「星さんの鉄道むかしばなし」と云う本があったので早速手に入れました。 その文中でマイテ39改造の件を発見しました。

IMG_1093_20121227160214.jpg

 質問者に答える形で星氏がマイテ改造の事を述べてますが、質問の仕方が今一突っ込みが足らず、我々が知りたいことが記されてないのが残念です。但し、次の2点がこの質疑応答ではっきりしました。

① マイテ391、マイテ392 共に機銃掃射を受けたこと。これにより、戦後の改造でマイテ391は桃山式  の部材をマイテ392に譲り洋風展望室にしたこと。(マイテ392は改造後マイテ3911に番号変更)

② 機銃掃射を受けた=この2両は上野の山には収納されなかったこと

①、②の2点が解明されただけでもこの本を購入した甲斐がありました。

 マイテ3911の露台(展望デッキ)が他の展望車の露台と形が違うのは、空襲で破損したので大井工場に有った部材を使って修理したためと云うのが定説になってます。まあ、こんな細かいことはどうでも良いことですが、
マイテ病患者にとってはどうでもよいことではなく、事細かに明らかにしたいことです。

 この他にも私が博物館オープンの際に岸学芸員よりお聞きしたマイテ3911の空襲の傷跡は現存しているはずなので是非一度見てみたいものと思ってます。

 星氏ご逝去を切っ掛けに、また鉄道史探求の血が騒いできました。当面は寒いので撮り鉄に出かけられません。
楽器演奏の傍ら、書籍購入で真実を一つ一つ解明したくなって来ました。
スポンサーサイト



  1. 2012/12/27(木) 16:00:06|
  2. 鉄道史
  3. | コメント:0
<<渋谷駅 | ホーム | ステーションギャラリー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる