FC2ブログ

Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

再 出発 

 昨年11月に発症した病気、発作性心房細動といいますが、投薬では完治出来ないため此の度手術を
受ける事になり、4月15日に入院、翌日16日に手術、18日退院と慌ただしい一週間を過ごしました。

 以前に何度もこの病気に付いては書いてますが、不整脈が乱れ打のようになり脈拍が150回/分に
なる時があります。放っておくと脳梗塞になることも有るそうです。

 私は中途半端が嫌いな正確。病気も完全に治さないと気が済みません。手術は通っていた病院では
出来ないので、近所の東大病院を選びました。この病気に関してはその道の権威の有名な病院があり
ますが、有名なところは得てして名前だけが先行する嫌いが有ります。

 東大病院を選んだ理由。近い・東大より上の病院が無いので東大が駄目なら諦める。この二つです。
至極単純でしょ。物事深く考えても駄目。あとは運を天に任せる。そんな感じです。

 3月のこと、勇んで東大病院へ行ったところ一発で良い先生に当たりました。私の特技は初対面で
相手を見抜く事です。殆ど当たります。
 朝田先生という30代後半のバリバリの方です。初診の時に手術の仕方や危険性など分かりやすく
説明頂いたところすっかり安心しました。

 手術は4時間にも及ぶ大掛かりな物ですが、現在の医学の発達でメスは使わず足の付け根と首筋
からカテーテルという管を静脈を通して心臓に持って行きます。そしてカテーテルを通じて細い
器具で患部を焼いて行くのです。
麻酔が効いていたので何が行われていたかさっぱり分からず。
 術後は結構辛かったですが、術後僅か2日で退院出来ました。朝田先生は全て順調に行ったと
仰ってました。結果は1ヶ月後の検査で分かると思いますが、自分でも良くなったと自覚出来る程
不整脈が止まってます。

 まあ、油断は禁物なので暫くは自重しようと思ってますが、まずは東大病院を選んで正解でした。
これが巧く行けばこれまで以上に活動が出来ると思います。

 この手術が人生の再出発となるでしょうか。ホームページのトップペーシにたーサンが撮影された
大阪駅を出発する2レを掲示しました。特急 つばめ のように、以後、軽快に楽しく人生を送って
行こうと決意しました。人生の再出発です。
スポンサーサイト



  1. 2013/04/21(日) 21:21:53|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<オフ会 | ホーム | ロリン・マゼール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる