FC2ブログ

Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

上野の山

上野駅は東京駅に並ぶ鉄道の聖地・・・ 20~30年前まではね^^ 今ではすっかり両駅とも新幹線にその座を奪われあまり面白みの無い駅になっています。

その上野駅ですが、公園口を出ると音楽、美術、歴史の聖地です。
上野の山は江戸時代は山全体が寛永寺の境内、その広大な跡地に博物館、文化会館、美術館、動物園があります。

私が高校生1年の時、大げさに言えば人生を左右するコンサートを上野の山で聞きました。
レナード・バーンスタイン指揮 ニューヨークフィルの生演奏を東京文化会館で聞きました。
曲目は・ハイドン:交響曲第101番ニ長調「時計」・・コープランド:クラリネット協奏曲(クラリネット:ドラッカー)・・ベルリオーズ:幻想交響曲
バーンスタインのエネルギッシュな指揮に圧倒されこの日以来人生観が変わりました。コンサート終了後は並んだファン全員に握手とサインのサービス。水割りを片手にサイン、そして笑顔でウィンク、もうメロメロでした。 コンサート終了が9時、サインを貰い帰宅の途についたのが10時過ぎ、横浜の自宅に着いたのは夜中でした。
今では東京文化会館は自宅から10分ほどのところにあります。この前を通るたびにあの瞬間を思い出し、鉄道とともに音楽を聴く趣味を持ってよかったとつくづく感じています。

画像は上野公園から少し奥まったところにある寛永寺の枝垂れ桜、灯篭のスキマから覗きました。


D20_5058.jpg
スポンサーサイト



  1. 2008/08/15(金) 21:38:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<鉄道とクラシック音楽 | ホーム | 高みの見物>>

コメント

コンサートか旅行かの選択

昔は、コンサートと言えば、文化会館でしたね。バーンスタイン/ニューヨークフィルとは演奏も素晴らしかったでしょうね。そして、握手、サインとは…
私も文化会館と言えば、ムラヴィンスキー/レニングラードのシベリウス交響曲第7番やカラヤン/ベルリン・フィルのブラームス交響曲第2番が印象に残っています。
当時お金が乏しく、コンサートか旅行かの選択でした。
  1. 2008/08/16(土) 11:12:12 |
  2. URL |
  3. 老いて27000@ケータイ #YZHxoxW.
  4. [ 編集 ]

老いて27000さん ムラビンスキーとカラヤンの演奏をお聞きになったとはすごいです。
ムラビンスキーは飛行機が嫌いでシベリア鉄道と船で来日したという逸話がありますね。
カラヤンはチケットが高くて買えませんでした。
何れもCDでは良く聞いてますが、特にムラビンスキーのチャイコの4,5,6はお気に入りです。
今度お会いしたときは鉄談義よりも音楽談義に花が咲きそうですね。
  1. 2008/08/16(土) 12:46:28 |
  2. URL |
  3. KO #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsubametenbousha.blog51.fc2.com/tb.php/79-67e7f11e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる