Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北斗星最後の梅雨、飛鳥山にて

 車両の老朽化、新幹線の開通、その他いろいろな理由を付けられて8月に最終を迎える
ことになった北斗星。一応鉄道ファンの端くれとしてカメラに収めようと重い腰を上げました。
 恐らく有名な撮影地は黒山の人だかりでしょう。あえてそのお仲間に入りたくもないので
近場で、しかも季節感のある場所と思い、いつもの飛鳥山で撮影することにしました。
 久しぶりに持ち出したD700、28〜70の標準ズームのコンビは優に2kgはあるので肩に
ずっしりのしかかります。カメラに比べればヴィオラがなんて軽いのかと思いました。


702_3221.jpg

702_3193.jpg

702_3200.jpg

 一眼での撮影は半年ぶり、露出調整もままならず、、、、。数枚試し撮りの後に本命の
北斗星を迎えました。

 この場所はネットフェンスが立ちはだかっており、まともに写真を捉えるのでしたら脚立は
必携です。しかし、私の場合、三脚と脚立は大嫌い。余程のことがない限り手持ちが鉄則です。
プロではあるまいし、たかが自分の記録です。写っていれば良し。
 とは言うものの、少しでも良く撮れればと思いポイントを探します。残念なことにやはりここは
脚立が無いとどうにもフェンスは避けられません。少し背伸びすれば何とか列車と紫陽花が
写る場所があります。


702_3217.jpg

 ほぼ定刻にやってきた北斗星、しかし、ほぼ同時にオジサンも近づいてきました。万事休す、
公道なので仕方がないのですが、どうせならオジサンではなくお姉サマでしたら諦めもつきますが。
 というわけで、北斗星最後の梅雨、紫陽花を絡めた飛鳥山で梅雨の晴れ間を楽しんできました。 


702_3219.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/06/20(土) 11:35:56|
  2. 寝台特急
  3. | コメント:0
<<スマホの実力 | ホーム | 飛鳥山の紫陽花>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。