Railway & Music

     鉄道を楽しく撮影 & 音楽を楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スマホの実力

  撮り鉄の回数が少なくなっており一眼レフカメラを持ち出す回数が激減して
ますが、やはり外出すると電車を撮りたくなるのが本音です。そういう時に役立つ
のがスマホです。
  さんざん一眼レフにお金をつぎ込んでおきながら今更何を言うかで申し訳け
ありませんが、最近のスマホは著しく性能が上がっており、下手な一眼よりは
余程よく映る場合があります。
 私はスマホのカメラ機能には早くから目をつけてました。現在のスマホは最初に
購入したiphone3GSからはや5代目。現在使用してるのはサムスン製のGyaraxyS6
です。
 iphoneのカメラ性能も良かったのですが、息子が使ってる韓国製品のカメラ性能
の良さに目を見張り私も韓国製品を使ってみることにしました。


20150620_152827.jpg

 この画像だけを見ても良さはわからないと思います。まずgaraxyの良さはレリーズ
ロスが無いこと、つまり推した瞬間シャッターが落ちるという、一眼ではごく当たり前の
ことが他のスマホでは出来ません。
 iphoneからgaraxyに乗り換える前、一度ソニーのエクスペリアを使いましたが、画質も
悪いしレリーズロスがあるはで使い物にならず1ヶ月で手放しました。


 Screenshot_2015-06-23-21-15-10.jpg

 もう一枚、この画像は上の画像をトリミングしたものです。
ブログに掲載する際に圧縮してる関係で、画質の良さを理解していただくのは難しいかも
しれませんが、現代のスマホはこれだけ良く映ります。しかも韓国製です。garaxyS6が使
用してるイメージセンサーはソニー製というのも皮肉なものです。


 最近私が一眼を持ちださなくなったのを少しだけでも理解頂ければと思いました。



  1. 2015/06/25(木) 16:54:05|
  2. スマホ
  3. | コメント:0

北斗星最後の梅雨、飛鳥山にて

 車両の老朽化、新幹線の開通、その他いろいろな理由を付けられて8月に最終を迎える
ことになった北斗星。一応鉄道ファンの端くれとしてカメラに収めようと重い腰を上げました。
 恐らく有名な撮影地は黒山の人だかりでしょう。あえてそのお仲間に入りたくもないので
近場で、しかも季節感のある場所と思い、いつもの飛鳥山で撮影することにしました。
 久しぶりに持ち出したD700、28〜70の標準ズームのコンビは優に2kgはあるので肩に
ずっしりのしかかります。カメラに比べればヴィオラがなんて軽いのかと思いました。


702_3221.jpg

702_3193.jpg

702_3200.jpg

 一眼での撮影は半年ぶり、露出調整もままならず、、、、。数枚試し撮りの後に本命の
北斗星を迎えました。

 この場所はネットフェンスが立ちはだかっており、まともに写真を捉えるのでしたら脚立は
必携です。しかし、私の場合、三脚と脚立は大嫌い。余程のことがない限り手持ちが鉄則です。
プロではあるまいし、たかが自分の記録です。写っていれば良し。
 とは言うものの、少しでも良く撮れればと思いポイントを探します。残念なことにやはりここは
脚立が無いとどうにもフェンスは避けられません。少し背伸びすれば何とか列車と紫陽花が
写る場所があります。


702_3217.jpg

 ほぼ定刻にやってきた北斗星、しかし、ほぼ同時にオジサンも近づいてきました。万事休す、
公道なので仕方がないのですが、どうせならオジサンではなくお姉サマでしたら諦めもつきますが。
 というわけで、北斗星最後の梅雨、紫陽花を絡めた飛鳥山で梅雨の晴れ間を楽しんできました。 


702_3219.jpg
  1. 2015/06/20(土) 11:35:56|
  2. 寝台特急
  3. | コメント:0

飛鳥山の紫陽花

 昨日のことですが、飛鳥山の紫陽花を愛でに王子へ行ってきました。
6月に入ったばかりでしょうか、まだ時期的に少し早かったようです。
それでも十分に目を楽しませてくれます。

20150605_131307.jpg
20150605_132748.jpg
 毎年中旬ころが見頃となりますが、早朝に訪問しないと線路際の
狭い通路がごった返しますので早めの訪問をおすすめします。電車と
紫陽花を絡めて撮りたいところですが、あいにくフェンスが高く張って
あるので脚立が必要です。数年前、私はこの紫陽花と北斗星を
絡めて撮るだけのために脚立を購入しました。目的達成後は金輪際
脚立を使用してません。


20150605_131520.jpg
20150605_133448.jpg
  1. 2015/06/06(土) 20:17:44|
  2. 四季
  3. | コメント:0

渋谷駅、横浜駅

視力が弱いので楽譜をB4に拡大コピーして製本してますが、楽譜が大きくなると必然的に
携行時のバックも大型になります。当然重さも増します。
色々試行錯誤した結果、帆布製のバックに行き当たりました。
帆布は女性用の小型のトートバックに使用されてるのをよく見かけます。B4サイズが入る
ものはかなり大型。果たしてそんなものが存在するのか?
探せばあるものです。画像は本日購入した「一澤帆布」のトートバックです。

1517405_682737951831435_3702956516602128742_n.jpg

10955618_682737975164766_4829932001771435236_n.jpg


造りは至ってシンプル。外にポケットが一つ付いているだけで中はがらんどう。
これなら楽譜、譜面台、スリッパ等々オケの練習時に必要な物は全て収納できます。
今日は東急ハンズに別のバックを見に行ったのですが、ネットで見たのとはイメージが
全く違いときめかず、急遽横浜の高島屋に出店中の一澤帆布へ行って買い求めて来た次第です。
お家騒動があった同社ですが、それはそれとして、日本のモノ作りの素晴らしさを感じる逸品でした。
お目当てを探し当て嬉しくなり、トートバックとお揃いのショルダーを買ってしまいました。
おかげで湯島→渋谷→横浜→御徒町 と一筆書きの小旅行となり乗り鉄のおまけもありました。

この小旅行で驚いたことが2つあります。
ひとつは渋谷駅の変貌ぶり。東横線が地上から地下へ移ってからこの路線を利用するのは
昨日が初めてです。TYと書かれた東横線のホームに辿り着くまでどれだけ歩いたことか。
地下深く潜ってしまった東横線に昔の5000系が走っていた面影は全くなくなってました。

もう一つは横浜駅。TYで横浜で降りたのはいいのですがエスカレーターで地上へ出ても
さっぱり方向がわかりません。40年以上も住んでいた横浜、しかも横浜駅西口は昔は駅前は
舗装もされてない広場でした。
東京に越してきて20年経ちますが、この20年で横浜駅の様相が激変してました。
  1. 2015/05/28(木) 12:59:14|
  2. | コメント:0

小樽築港機関区

 2泊3日のツアー旅行で北海道へ行ってきました。往復飛行機、現地ではツアーバスということで
鉄分は全く無いものと覚悟してました。
 しかし、旅行前より密かに期待していたのが小樽総合博物館。ここには動態保存された蒸気機関車が
運行されていたり、嘗て北海道で活躍した車両が保存されていることを聞き及んでいました。

 ツアーなので自由行動は許されないのですが、小樽では2時間半の自由時間がありました。ここで同行の
家内からの提案があり、家内は買い物、私は手宮へ行くこととなりました。
 これは渡りに船。タクシーを飛ばし手宮に向かいました。これも偶然ですが乗ったタクシーが「つばめ交通」
運転手さんと話に花が咲き、降車の際思い切りチップを弾んでしまいました。

20150516_135734.jpg

 手宮は北海道鉄道発祥の地。7500型機関車しずか号、当時の1等車、大勝号、数えたらきりがないほど
貴重な鉄道遺産が保存されています。当日は時間が無いため管内を大急ぎで回り、動態保存の機関車
のビデオ撮影を終えて家内と合流しました。
 画像はその鉄道遺産のほんの一部、スエ78の3軸ボギー台車です。

 その後ホテルに到着。そのホテルというのが、なんと46年前に訪問した小樽築港機関区の上に建設
されていたのです。広大な土地にはホテルだけでなく、大型ショッピングセンターが建設されており、小樽
市民の買い物のメッカとなっていました。

20150516_152407.jpg

 画面右方向が嘗て機関庫があったところで現在は病院となってました。その昔、築港ではC62をメインとして
色々な蒸気が在籍してました。そのなかの1枚がC12 6です。

00005.jpg

 撮影した時は何とも思っておらず、ただ転車台に乗ってるので写しただけだと思います。しかし、これが
幸いしました。手宮にはこの6号機が保存されていたのです。

20150516_140505.jpg

 これは感無量でした。撮影当時は16歳、それから46年の歳月が流れ機関車は静態とはなってましたが
元気そうです。手を入れれば今にも動きそうな機関車。「よく来たな~ 元気か~」と機関車に声を掛けられた
ような気がしました。




  1. 2015/05/19(火) 15:01:22|
  2. 蒸気機関車
  3. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

KO

Author:KO
ブランクはありますが撮り鉄暦48年 
東京在住のKOです
鉄道の他にアマチュアオーケストラでViolaを弾いてます

現場での挨拶を大切にしましょう。

当たり前ですが、《こんにちは~》 

《よろしくお願いします~》を忘れずに!



挨拶して損は有りません、難しい顔をして撮るより笑顔で楽しく撮りましょう!



現場で見かけたらよろしくお願いします

三脚は出来るだけ使わないようにしましょう!!

列車に向かってストロボを炊くのは止しましょう!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。